my car (Touran)

2012年10月25日 (木)

トゥーラン品質

最後の洗車かもしれません。水洗いだけで新車のようです。

2012102415290000

トゥーランはお世話になったのが結局3年3カ月、4.2万キロ
という、想定外の短命に終わった。
大のお気に入りだったDSGは最後の最後まで気にいったままでした、
実際次の車もSトロニックを選んだわけですから。

何か気に入らないとこはあったのか、と聞かれると、
イチバンは乗り味のしょっぱさ、かな、でも、優れた面々は見事欠点を
カバーできていたと思います。

今回、
車好きの50目前オヤジとして、はやくクワトロに乗っておきたい
って願望を抑えることができなかった。無論3台持てるのなら
手放しはしませんでした。

振り返ってみて、トゥーランで検索でお越しの方も多いので、
目立ったとこだけ記しておきます。

長所
1.パッケージング
ウチは何よりこれでした。広い。
大の大人5人+子供2人がちゃんと乗れる。ファミリーで移動するの
には、ヘッドクリアランスも広く圧迫感無いですし、子供らには
大好評でした。
エマージェンシーは普段畳んでますから、荷室も広い。これで
積みきれないって、引越しくらいでしょう。
また後部席のレッグスペースも広い。私の180の身長でもゆったり。
それと、後部席の背もたれも角度を変えれますからね、長時間でも
楽ですね。

2.電光石火のDSG
何度もしつこく書いてますからここでは割愛しましょう。
とにかく、好きです。全てのシーケンシャルはこれにごぼう抜きに
されましたね。ATでもこれと勝負できるのはBMの新8速
くらいのもんじゃあないでしょうか。

3.トルクフルなエンジン
1.4とはとうてい思えません。低速でスーパーCH、中高域でターボ
ですから。しかも普段街中での回転域にトルクがビンゴでついてきて、
全開の必要性はありません。レッド手前って過去10回も回してない
と思います。(ベン子はしょっちゅう)

4.スタビリティー
高速でかなりの速度域まで、かなり安定してます。オンザレールですよ。
疲れません。風切り音もこの車格にしては静かな方でしょう。ベン子と
大差ありません。

5.燃費
納車以来のトータルは結局9.8でした。エアコン使用・不使用で
ちょうど1割違います。ちょい乗りも多かったので、これは十分
満足しております。

欠点(詳しくは避けます)
1.低速でバタつくしょっぱい乗り味

2.エアコンで削がれるパワー

3.応急タイヤねえし

4.そう伸びない高速での燃費

5.DSG低速時のギクシャク感

6.CDでもAMラジオ並みのカーステのひでー音

内装系は10年前のカローラ並みってくらいチープだし、今どき
ナビやETCまでオプションって、マジ削りに削った、正に質実剛健武骨な車、
と言えます。

重複しますが、3年で買い替えというのは、私の車歴の中で過去一
です。マークⅡは6年、ゴルフ(92年)も6年ですし。

トーちゃん、
お世話になりました。ありがとうね、本当に、本当に楽しかったですよ^^


2012年10月17日 (水)

ココロにA4

あんた買う気あんの?っておでこに書いてあった
A4の営業からメールがあった。
12月は決算なんで是非ってこと。
背中には売ってやってもいいぜって貼り紙あったし、
どうやら数字たんねえな。

しかしメールにおっと思った。12月納車だと、通常4.49%の金利が
0.89%で絶対お得です、と。
ちょっと計算してみる。

借入れ2百万で考えると、3年ローンで4.49%は月
59,485円
となる。それが0.89%だと
56,321円
月3千円しか違わないが、完済すると計2,027,560円でしかなく、
金利分はわずか2.7万。無いに等しい。

また、5年ローンだと同2百万で月々わずか
34,093円
だ。会社の経費で考えればタダみたいなもんじゃねーか。

ふうむ。。。

やっぱココロに刺さってとれないな、クワトロは。
四駆で車買い替えを考えてるのに、BMは無いでしょう、にたよな
VWパサートでもつまんないしね。
夢のクワトロ、行ってみますか?
その前に実家車庫に入るか試さんとアカンですね。

ベン子満タンにして燃費5.96だった。また6切れだ。
省エネだけ考えればこいつを買い替えってのが先決だろうけど、
乗り味は捨てがたいもの。やっぱツーランとサヨナラかな。


2012年10月 2日 (火)

VWオールトラック

トゥーラン燃費9.7だった。良好なのはエアコン我慢してたから。
窓全開も気持ちいいもんです。ってかパワー削がれるのが
嫌なんですよね。走行470キロのうち、半分以上オフでした。

興味あるパサートのオールトラック

Zoom734e6c14531e92d9c9a140c7470ce28

ですが、乗り味が悪いとのこと。MJの岡崎五朗氏のご指摘、
「こりゃだめだ」
と思ったそうです。同様のこと、ネットで寸評してる

http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/i0000026690.html?pg=3

のもあって、けっこうしょっぱそうです。
ただ岡崎さんは、おろしたての新車だったからで、こなれたのにその後
乗った時はそうでもなかった、とは言ってますが。

悪いのはリヤだそうで、硬さ、憶測ですがバンのように
ドタバタはねるんだと思います。2~3万走ればバネや
アブソーバーも馴染むのでそうは気にならなくなると思いますが、
それにしてもオールトラックとはいえ、モノはパサートですからね、
しっとり作って欲しいもんです。

今のトゥーラン、やはり私が一番の欠点と思えるのがリヤの
硬さなんです。バタバタはねる。
うちのはリヤだけコニーのFSDにしてるのでそうとも思えますが、
ノーマルのアブソーバーでも同じでした。ハーシュネス、マンホールは
不快そのもの。また一人乗車の時は、高速走行でも同じです。

とはいえ先般大人5名乗車の機会がありましたが、そうなると
別なんですね。めっぽうしっとりする。市街地であっても高速でも。
やっぱそういう車なんですね、VWってのは。

トゥーランで次に不快なのが、低速時のギクシャク感。DSGですね。
やっぱ武骨なVWということ、顕著に出ます。

それと排気量が少ないですから、筆頭にあったようにエアコン入れた
時のパワーが削がれる感じ。これは運転手にとってやはり不快なものです。

岡崎さん、パサートオールトラックは試乗で3百数十キロ走って、
燃費は8.6だったそうです。荒く回したりしたでしょうが、
高速も走ったようですから、イマドキからすればそう良いとは
言えませんね。
ま、エンジンがゴルフGTIと同じ(2千)、また四駆であるということ
を鑑みればうなずけるのかな。あとアイドリングストップが無い。
これもイマドキねえ。つけて欲しいですよね。

Zoomdd2bbfc636572b4020915f6523ab959

このホイールはかっこいいですね。


2012年9月 5日 (水)

DCTにいて

BMW新4発(2リッター)+8速ATが素晴らしいと
MJの福野礼一郎さんが言っていたと以前書いた。
あるオーナーの方が、その方はたまたま2.5の直6から
この新4発に買い替えた方なのだが、

エンブレが効かなくなった

と言っていた。

もともとハイギヤードだし、パドルで落としていっても段数多いから
回転は上がらない、エンブレ弱いってのはそれが原因ではと思いましたが
そうじゃなく、明らかに弱いんだ、とのこと。
(ちなみにDCTではない)

この件で2つ。

BMも燃費向上にかなりチカラを注いでるんだな、と。
エンブレ効いちゃうとアクセリングで微調整が必要になってくる、
これは運転上手な人はいいけど、多くは
ママさんや、週一運転の人なわけで、ギクシャク感は相当なものに
なって、また何より燃費悪化へつながってしまうのは明らかです、
大きくうなずけました。実際この方は直6で燃費6.5だったのが、
新4発で8以上!になった、とのこと。燃費、乗り心地での向上面は
大きいですね。

もう一点は、これは別な視点だけど、エンブレ弱くなったこと、
MJで記してくれてる方いないんですね。どうしてでしょうか。
気付いてないわけはないと思うんですが。専門家ですから伝えること、
義務でしょう。

先の福野礼一郎さん、自動車評論家って

「ジャーナリストのごみためみたいなもん」

とまで言っています。ちなみにBMの新4発は、国内デビューだった
ルボラン誌のインプレで、エンブレの記載は渡辺敏史さん、
河口まなぶさん共に記しておりません。スンゲー書く欄多かったんです
けどね、つまんないことばかり書きやがって、どこにも無い。ブリッピング
するか否かも、もちろんない。

どうでもいいようなことですが、車好きにはキモです。車が車、
BMだからってのもある。ギクシャク感イコール、メリットとして
ダイレクト感でもあるわけです。

ポルシェなどPDKはダイレクト感がかなり強く、
ミッションとそう変わらないくらいのものだそうです。これは
石井昌道さんが記してますが、ざんねんながらアウディTTとの
比較で、Sトロニックに軍配を上げてしまってます。どうして
PDKが負けたのかの記述が少ない。スムーズさ?ギクシャク感?
ギクシャクであればよりダイレクトに設定したポルシェにあえて
負けを通告するなら、それは謝った評価ですよね。

で、肝心のトゥーランですが、
やはりギクシャク感はとても強い。良く言えばダイレクト感に富んで
いる。
何度も書いていますが、15~30キロで顕著で、私はこのテの車
(明らかにファミリーカーです)では失敗と思っています。
実際営業さんと話したところ新型のギクシャク感はだいぶ

「うすれていますよ^^」

とのことでした。

ベン子ですか?この5ATはハナシになってません。面白みもクソも
ない、どころかかったるくてしょうがありません。ごめんなさいね、
でも比較するとどうしてもそうなっちゃいます。新型Bクラス、
もうすぐ出るAももちろんDCTとなります。Cへも搭載してくること
を期待してます。


2012年9月 3日 (月)

PIAAと球切れと

トゥーランワイパービビリについて以前記した。
ノーマルだとひっどかったんですよ。
で、PIAAのに替えた。
Img_silencio_main
これがすんばらしく良く、ビビリ一切なくなりました。
6千円くらいで高価でしたけど。

ところが。

先般車検で、これに替えてると、もし万が一とっ替えられちゃったら
まずいと、ノーマルのに戻して受けたんですね。で、昨日、久々の
雨で走りましたけど、やっぱビビリまくりでした。ですのでまた
PIAAに戻しました。

PIAAは優秀だと思います。少なくともボッシュの
よりは。
ベン子もPIAAですけど、昨年5月から使ってます、1年ちょっと
ですね、スジ、ビビリ無く、きれいに拭いてくれます。しかし
その前はなんと3年も!使ってました。当時イエローハットで
ボッシュを手にしてたら年配の店員さんに

  私の経験的には、PIAAが一番ですよ

と言われたんですね。大正解。ボッシュのは丸二年もたせるのは
酷です。人によっては半年で替える方もいらっしゃるようですが、
PIAAのではもったいないばあさん出ます。


と、トゥーラン球切れ。
警告灯で気付いた。右ストップランプ。

2012090214290000

上部。写真では右はじです。

2012090214290001
スーパー駐車場での作業(笑)

買った球は二個パックで320円くらいでした。交換は
マイナスドライバーだけでできます。五里霧中だったので5分かかりましたが
次回は1分でしょう。


しかしスーパー駐車場っての、どうして隣に止めてくるんでしょうかね。
私は他の車郡と離れてポツネンと止めました。隣に止められてエクボとか
つけられるの、すんごい嫌ですし。でも案の定、この作業中も隣に止められました。
思わず

 あっちとめてくださいよ!

って言いそうになりました。だってガラガラなんですよ。どうしてでしょうね。


2012年8月30日 (木)

トゥーラン燃費

久々満タン。8.2だった。エアコンがっつり使ってるし
ちょい乗りばっかだからいたしかたないだろう。ちなみにDISでは9.6。

もうすぐ4万だけど、エンジン、ミッションともに絶好調で、
低速からトルクフルなエンジンは走り易いことこの上ない。また、
スパスパ早いDSGは3年乗ってても全く飽きがきません。
好きなMJに福野礼一郎さんがいますが、彼も言ってました。
VWのこのエンジンプラスミッションは世界でいちばんだろう、
タメはれるとしたらBMの新4発くらいなもんだ、と。

多くのMJは私、ほとんどバカにしてますけど(書き方つまんないし
上っ面ばかり)、この福野さん(あと熊倉さん、下野さん)は例外。
つっこみ鋭いし、私もしMJになったとしても絶対追いつかない。


 
 
自宅近くの更地。工事が始まって無事家が建った。その向かいが妻の
友人宅で、教えてくれました。

「家の中にね、車が入るのよ!」。

車庫のシャッター開けると居間が右手に現れ、横がガラス張りなんだ
そうだ。つまりリビングに横付け。
でそのお車、ですが、ポルシェでした。
いいですねえ。それやりてーなー。
多くのポルシェユーザーは初夜を車内で過ごすって言いますよね。
正に夢だ。
だいたいにして素のカレラだって1千2百万でしょう。ここ
世田谷あたりじゃオバハンがフツーにうようよ走ってるけど、
んなクルマに一年間働きづめの給料を全て持ってかれるって、
一般論では成り立たない。
というか、10倍以上はもらってるってことでしょうね。

私が年収1億あって今の環境下でったら、まず思い浮かべるのが
アルピナでしょうか。5ではない、3のですね。5はでかいでしょう。
上質な乗り味、シルキーなエンジン。流麗なエクステリア。
で、めっぽう速い。

もしくは地味に。おフランスも乗りたい。シトロエンなんて。
C6は夢でしたが、今はなくなったんですね、しょうがないC5でしょうか。

Img_01

いとこが買いましたね。あんまりいいんで、家族車にピカソを追加。

Zoom0000017275__dsc8998
(写真はネットから)

彼はルノーサンク、アルシオーネ、ジャガー、アルファ、NSX等々
乗り継いできたやはり車好き。
でも不思議とドイツ車に乗ってないのかな。そうか。今知った。
どうしてだろう。こんどきいてみよ。


2012年8月14日 (火)

タイヤ毎の燃費

トゥーランの燃費ログを見ててちょいと計算をしてみた。
タイヤ毎での燃費差、ですね。3種履いてます。サイズは全て同じ。

デフォルト、M社エナジーセーバー
走行14,074キロで、燃費9.41

現在のY社デシベル
走行12,879キロ、燃費9.93

スタッドレスG社アイスナビゼア
走行11,045キロ、燃費10.43

エナジーセーバーがそう健闘してないことが分かる。
もちろん上記は環境の差もある。夏タイヤはエアコン使用が
多いから、使わない冬季と比べ1割は違う。
また、冬季はスキーの遠出がシーズン中2~3回はあるから、
あまりない夏季と比べ、燃費は伸びて当然でもある。
更に、スタッドレスに替えてすぐはいつもパンク警告灯が点くんですね、
ということは、外径が小さくなってると思うんです。
それらを鑑みると、スタッドレスでの燃費は11超えて欲しいところ。
つまりスタッドレスはやはり燃費に良くない、
ということが明らかになったわけであります。

また冒頭に触れた、M社のが伸びていないこと。エナジーセーバー
とは正に名ばかりで寂しいところですね。しかもうるさく、ゴツゴツ感
もあって、また、グリップもそう良くない。個人的には捨てて大正解でした。
しかし燃費で言えば正確には外径が分からないですし、また、エンジンも
新車だった、また、アクセリングもビミョーに慣れが無かった
わけですから、デジタルには分からないですね。

トータルで言えることは、デシベルは静かでコンフォータブルで
あってグリップも良い。そして何より上記から、燃費も良いということが
分かったわけであります。
やっぱ良いタイヤです。

ベン子のほうもこうしてデータ計算したいのですが、故障とか
いろいろあって、数値出しても意味のないものになりますから、
やりません。ってかめんどくせー。
でもこないだ替えたG社のLS-EXEもとても良い(転がり抵抗
低そうな)タイヤですから、データは取ってみたいんですけどね。


2012年8月13日 (月)

リモコンキー

昨日の日曜は次男(小1)と二人でプールへ。長男(小5)も
連れてくはずだったが「気分が乗らない」と。

ところがプール、トゥーランの鍵をポケットに入れたまま、
泳いでしまった!
流れるプール、20~30分後に気付いた。
まずい!
エンジンはかかるだろうが、リモコン操作は壊れたと思った。
電池も入ってるしプリント基板ももちろんある、半ば諦めた。

2012081218190001
私の心配をよそにチキンほおばる次男。しかしこのあとの帰路は
無事機能した。
一夜明けた今日も無事使えてる。が、心配なので
分解してみた。(昨日しろ!)

2012081309310000
スゲーです。水一滴も入ってません。
パッキンがいいんでしょう。
と、ケース間の密着度も高いものでした。水深1mって楽勝で
耐えれそう。
でも内部には「遊び」も多いですから、もっと小さく作ろうと思えば
きっとできますね。

i-podの開発時のこと思い出しました。テレビで見たんですけどね。
製作者らがスティーブジョブス氏の元に

「できました!」

と喜び勇んで完成品を持って行った。が、見て手に取ったとたん

「こんなでかくちゃ、だめだ!」

けんもほろろのジョブス氏。

「これ以上小さくは無理です!」製作者ら。

するとジョブス氏、そのi-podをなんと水槽へ投げ入れて
しまうんですね。ブクブクと沈んでいくのを見ながら

「空気が出る、ということは隙間があるということだ。
 まだまだ小さくできる!」

で、後、大ヒットしたi-podが生まれるわけです。本当にあった
話ですよ。
VWのこの大きめなリモコンキーもジョブス氏の手にかかれば
半分くらいになりますね。ま、半分とは言いませんが、1~2割は小さく
して欲しいですね。


2012年8月 7日 (火)

ベン子、トゥーラン燃費

ベン子、トゥーランたて続けに満タン。
燃費は
ベン子5.6
トゥーラン10.6
だった。

ベン子はO2センサー、クラ角センサー交換の作業も入ってるから
整備もあって悪い数値になってると思う。以降に期待。

トゥーランは那須往復400キロが含まれる。
普段の足回りを8.5で想定、那須往復及び向こうでの走行だけを
鑑みてみると、14.1という数値になる。いつもだけど
遠出旅行の燃費は推定値でしかないので、いずれ遠出限定で
満タン値を出してみたい。

トゥーランはエアコンを使うとパワーががくんと落ちるので、
運転もつまんなくなる。10%は削がれてる。
以前乗ってた1.3のコルトもやっぱそうだった。オフだとキビキビ
なんですけどね、低排気量車の宿命ですよね。

車の雑誌、例えばルボランやモーターマガジンなんかよく読みますけど
試乗記でエアコンオフオンでの差の寸評なんて、皆無ですよ。流れは
ダウンサイジングですからVWだとでかいシャランでさえ、
トゥーランと同排気量1.4。これはなんとパサートもそうなんです。
小さいのだとアウディのA1、これも1.4ですが、やはり
どこにも書いてません。教えて欲しいですよねえ。
書け!

萩原秀輝さんのなんか(この人の記事はとにかくつまんない)
「高回転域6千まで胸のすくような加速をする」
とか
「6,500回転でシフトアップする」
とかどーでもいいことばかりしか書かない。
んなこと知ってどーすんだ!
なるほど~と膝打つようなくだりは、砂漠で真珠見つけるくらい至難だ。
いいことばかり書いてるのみると、
だったらメーカー広報に書かせればいいじゃん
と思ってしまう。

ハイ、そうなんです。MJ、そうはいかない裏事情というのもあるんです。
接待をうけてしまうからなんですね。
例えばホンダであれば、北海道のテストコースに招待して、往復の
旅費代はおろか宿泊代はたまたディナーでは結構なメシまでたらふく
ふるまわれる。しかも帰りはお土産付きだ。悪口書けるわけがない。
小沢コージさんも認めてます。


ま、悪口は置いといて、
ここのとこ注目すべきは、ダウンサイジングに次いで、アイドリング
ストップ、それと回生ブレーキでしょう。
そう意識しない方も多いようですが、そうじゃない、意識しないと
いけない潮流になってきてます。BMのM、AMGはおろかポルシェ、
フェラーリでさえスタートストップ付けてます。

ところが、これらもそう多く記載してくれないんですよ。
私の調べた限り、SSはまず、
「ハンドルを切っている」
状態では機能しないようです。つまり右折待ちでエンジン止まられ
ちゃったりすると不安じゃないですか。しかし止めるったって、
すぐRに入れるパーキングの時どうか、と。前に後ろにと
ちょこまかやる度にエンジンとまんの??って誰でも疑問じゃない??

それと弱目に踏むとどうか、とか、つまり渋滞の時ですよね。
そういうカユイとこに手が届く書き方、なかなかしてくれません。
アウディのA1については佐藤久美さんがやっと
「躾が素晴らしい」
と書いてくれてる。SSに慣れると、どうすれば止まるか止まらないか
分かって、自分で調節できるようになる、ってことでしょうか。

食指が動いたパサートのオールトラックですが、これもルボランに
試乗記ありましたが、どこにもSSのくだりが無い。
どうやら付いてないようです。
重複しますが、今や必需とも思える機能、無いなら無いと一行
記さないと。しかし回生ブレーキは付いてるんですね。そこらへんのとこ
しっかり伝えてほしいもんです。


2012年8月 3日 (金)

トゥーランオイル交換

モービル1、5W-40。100%化学合成。
メジャーモノだけど意外にもたぶん初めて。

本来車検の時に一緒にと思ったのですが、高かったので近所の
イエローハットでやってもらいました。
工賃込みで5,980円(4L)。ってか会員なんで工賃ゼロ。
エレメントは、イエローに無く、ボッシュ指定品番も無い(!)
んで取り寄せもできないとのことだったので、車検の時ディーラーで
買って持って行きました。
持込みの場合は工賃かかるそうなのですが、ゼロでやってくれました。
オイルは買った4L中、使ったのは3.6くらい。余ったのはもって
帰りました。

で、オイル、モービル1ですが、いいです。
私、あまりエンジンオイルの性能差って分かんないんですが、これは、
なんか、良い。
その前のは前回ディーラーで二年目の点検の時無料で交換してもらった
もので、100%化学合成の、サービスパックで無料ですが、
それなりのモノだったとは思います。
でもそれ以上にいい、と、断言できます。
どういいかってのが上手く表現できないんですけど、トゥーランは
低排気量ですし過給機もある、しかも車重もありますから、
それなりにエンジンに負荷かけてるんですね。ガスペダルから
常に伝わってくるエンジンの調子、ベン子以上にデリケートに感じ取れる。
いいぞ、いいぞ!って言ってくれてます。

ベン子には先だってモチュールのすんごい高いオイル入れましたけど、
その差以上に、良い、と気付きました。
ベン子も次回はモービルにするかもしれません。

2012061712500000


より以前の記事一覧