health care

2022年1月24日 (月)

田舎のジョギングはお許しを

自主隔離期間中、陰性確認後はほとんど毎日走っていたかもしれない。
Dsc_4910
誰とも会いませんしすれ違うとしても10m以上離れて
ます。そう、ウチ、田舎なんです。
Dsc_4917
左に見える犬小屋、とても大きいシェパードが一頭入ってます。山の頂上
だし人通りの全くない道で、半年くらい前、初めて通ったとき、
もの凄く吠えられました。番犬なんでしょう。憎たらしかったですが
ところがここ連日通るようになって、あまり吠えなくなったんです。
こんど一緒に遊びましょう^^

Dsc_4902
このお宅、窓があまり無いですが、
Dsc_4901
実は素晴らしい眺望なんです。どうして窓を作らなかったんでしょう。
Dsc_4880
たぶん休校になってる。せめて校庭だけでも開放してあげれば
いいのに。
Dsc_4904
右の車庫、やっぱアルファがあるんでしょうねえ。
Dsc_4891
これ、スゲー美味いんです。
十国峠でしか買えないんだけど、で、先日もありったけを
買いました。2本しかなかった(笑)
http://kameya-foods.shop-pro.jp/?pid=126153433
次はネットだな。

2022年1月23日 (日)

熱川ゴルフのこと

先週末、また親友別荘におじゃましてきた。15土、16日だ。
うちにはケンが来てくれ、二人で8時半の稲取着を
目指す。車はベン子に乗り換え6時に出発した。
我々は順調に進んだ。
同時刻にタカネはよし子ちゃんを迎えに行き、用賀から東名に乗っている
はずだった。
こっち東名は厚木のあたりで、タカネから着電、
よし子ちゃんを迎えに行けないか?
という驚くべき相談だった。
実は今起きたんだ
と言っている。時刻は6時半。
我々がUターンして上野毛のよし子家に向かったとしよう、すると
稲取に着くのは10時を過ぎてしまい、遅刻だ。代わりに
寝坊のタカネが間に合うことになる。ふざけるなだ。
「ことわる」とケン。我々は見捨てる選択を採った。
二秒の沈黙後、
「・・だよね」との返事を得た。
しかし彼を見捨てるイコールよし子ちゃんも見捨てること
になるがその責任はタカネが被るしかない。一応電話を入れる。
「どーなってんだタカネは!」
彼女は怒りを顕にしていた。
私から言わせればそもそもタカネが迎えに来るという設定
の時点で何かあると想定しておかねばならない。
彼が着くのはおそらく8時だろう、彼女はその電話から
まだ1hテレビを見て過ごさねばならない。
私だったら気が変になる。

 

我々は稲取に普通に間に合った。ウエハラ君が駆け寄ってきた
「うちの(社員)がすいません!」と。
ゴルフは4+2でスタートした。
前たつや、すーちゃん、なおみちゃん、ケンとし、
後ろをウエハラ、私の二名にして、遅れてくるタカネ、よしこちゃん
を加えれるようにした。合流は午後からかと思っていたが
彼らは予想より早い、5番ホールで颯爽と現れた。
マーシャルカーに乗って
「いやあどうもすまんすまん」
と全くもってすまんとは思っていない涼しい面構え。

 

実は道中彼らは常人では考えられないわけのわからない事件を
ひき起こしていた。それをプレー中に大声で説明するもんだから
もうゴルフどころではない。悲しいかなこの私であっても
タカネよし子ちゃんの説明を傾聴してしまった。
彼らまず東名に乗った。で最初の東京インターで通過せねばならない
ETCゲート。まだよし子ちゃんを載せて間もなかった為、タカネは
寝坊した説明責任に忙しかった。マシンガントークの彼はなんと
一般ゲート(券とるほう)へ行ってしまったのだ。しかも彼、
券など気づくはずもなく時速50キロで券ヒラヒラ横を素通り、バーの
無いことをいいことに、要はゲートをブッチしてしまったのである。
驚いたよしこちゃん、そこにきて始めてタカネのトークを遮った
「今、券取らないといけなかったんじゃね?」
「なに!?」
しまった!
二人の混乱は頂点に達した。
これから我々はどうすればいいのだ。
冷静になろう、おきたことはしょうがない、出口でしっかり説明し、
お金さえ払えばいいだろう、二人でそう腹をくくった。
ところがしかし、そこでまだ終わらないのがこの二人だ。
厚木で出て小田厚へ進まねばならないとこをまたブッチ、直進して
しまう。しかも第2東名へ向かってしまうのだ。
「やややばい!」
いくらなんでも、、、私はその時点で人生のやり直しを宣言する。
そう、何もかもリセットしたい。
もう寝坊の言い訳の場合ではない。Uターンせねば、
高速を降りねばならないがいくら走っても出口が無い。んで、
名も知らない初めてのインターで降りることに。
その料金所で時間をかけて券を取り忘れたことを説明する。が、
そんな天然記念物級の人はそうそういないので、
向こう(インターホン越しの係員)も
「ナニ言ってるんスかあ~」と状況を理解してくれない。
私が係員だったらインターホン越しにブン殴っていると思う。
結局彼ら、修善寺~ループ橋経由で稲取に来たという偉業を成し遂げた。
これはもうそれだけで旅である。

 

そんなこんなをゼロから説明する彼らを5番から迎え入れた私のゴルフは
ナイスショットが出るわけがない。前で回るなおみちゃんにも数度
「うるさい!」と睨まれ、私は107でラウンドを終えた。球も何個も
無くした。

 

後、別荘に無事修まった。肴も揃えさあ飲もうという16時、
私の携帯が不意に鳴った。妻からだ。
次男の具合が悪い、喉が痛く、咳が出ているという。しかも
「今日の学校(土曜もある)、クラスで14人も休んだって!」
コロナだろうか、であれば私は濃厚接触者になるのか。
前日の金曜は私は十二指腸の検診日で、朝早くから家を出て、
次男と会ったのは直近で木曜。が、一つ屋根の下にいたことは
そのとおりだ。
「帰ろうか・・・」
私が青ざめてそう言った時、
大丈夫だ大丈夫だワクチン打ってんでしょう、こっちだって
みんな打ってんだからと皆がフォローをくれた。まだ
コロナと決まった訳でもない。
しかもいっしょの車のケンが、私が帰るなら一緒に帰ってやる
と言うんでそれはもう帰るわけにいかなくなった。
缶ビールをプシュッと開けるとだがそっからまたタカネの遅刻ネタ
オンパレードとなった。もうどうでもよくなった。
ぐでんぐでんになって気づくと翌日の日曜もプレーすることが決議されて
いた。私は女性3人と回ることになった。

 

少し暖かくなった翌日曜、気分良くプレーできた。私は94で回れたのだ。
女性らは打つたびに私をどっこいしょしてくれる、それが奏功したのだ。
風呂にも入って皆と別れ私はケンと家路へ急ぐ。
16時、十国峠で家に電話すると驚いた。次男、その朝のPCR検査で
陽性判定が出てしまったのだ。
ちなみにその1hほど前、ウエハラ号のCLSはタイヤをパンクさせて
しまいレッカー。よってウエハラ、なおみちゃんの2名は
タカネ号に搭乗している。
次男陽性をライングループで通知、
→タカネ、よし子ちゃんはウエハラ家へ自主隔離
という図式になってしまった。
私も無論10日間の隔離が必要となって、実は今に至っている。
次男は今日19時現在快方。熱、咳ともに無し。うちの家族は熱川後の
PCR検査で全員陰性。今回の熱川の面々も皆陰性のよう。
この紙面上、一番つらい思いをしたのは次男かな。次はタカネか、
いやよし子ちゃんだろう。物理的には何の苦労もしてないのだが。

2022年1月11日 (火)

9(日)、10(月)と連休で

また20キロ連チャンで走ってやろうと思いました。
9(日)は朝野暮用あっておそめ10時スタート。
Dsc_4820 快晴、雲ひとつありません。気温もあがってこのくらいの
時間の方がいい。指も冷たくならないし。

Dsc_4819 物件こうしちゃダメですよね~。誰か住んでるようですが
かわいそう。大家の資格なし。

Dsc_4822
OZF公園。子供らを連れてよく来た頃がとても懐かしい。
Dsc_4823

その先のHS公園。家から近道なら8キロですが10キロかけて
来ました。
Dsc_4826
なんだかとても疲れました。ベンチにゴロンと横になります。
Dsc_4827
帰路また10キロかけて帰りました。ヘトヘトに疲れたのはなんだろう、
ガス欠って感じ。
計3h、ジャスト20キロでした。日によってはもっと走れる日もある
んですが、もう走れない日でした。

翌10(月)も朝10時頃出発ですが、この日はお昼すぎに
これまた野暮用アリ。ので早めに帰らなくてはならなかった。ってかその前に
走りがふにゃふにゃでペースも上がらず1h、7キロ弱でした。

今週末はゴルフ、稲取ccだ。
前回、10月の2日連続の稲取cc以来。
違うのはアイアンを新調してること。練習しっかりやって、
80台前半を目指そう。って気負うとだめなんですよね。

 

2022年1月 7日 (金)

昨夜の大雪は

大変でしたね。まさかこんなに積もるとは。
たまたま半休だったので帰ってから打ちっぱなしへ。
Dsc_4791
ハイ、球が見えません。
見れて50ヤードですかね、なので、ほとんどウエッジでの練習
で終えました。
10席くらい後ろのクソオヤジ、携帯ででかい声でしゃべり
続けてる。切ってもまたかけ、切ってはかけしてるから
もっと打ちたかったんだけど帰りました。
駐車場にあった車、黒ベンツE、ブラバスのホイールが
そいつのでしょう。タイヤはもちろん夏ですから、
滑って帰れないんで、誰かに迎えに来てもらう連絡を
とり続けていたのかもしれません。うるせえんで
注意しようと思いましたが殴られそうだったのでやめとき
ました。
Dsc_4801
お家についたらすぐ雪かきです。
Dsc_4798
物件CA某室から、今朝。
Dsc_4811
今日は疲れた!

2022年1月 4日 (火)

新年あけましておめでとうございます

正月三が日はお休みを頂けたので、毎日20キロ、計60キロ
走ってみようと思った。

 

まず元旦
朝7時半発。Dsc_4734

凍ってます。寒い。去年は初日の出を見に景観の良い山の上に走って
行ったが人がすごかったので今年はやめ。
Dsc_4736
森の中を北西へ。で、先日の眺望の良い「お墓のお墓」へ。
Dsc_4740
日向は暖かいんですが、手が冷たい。グローブしてますけど、
指は感覚が無くなりまともに働いてくれません。スマホの写真もやっとです。
Dsc_4742
初日は無理せず、また、手も冷たいので帰途へつく。16キロでした。
ちょっとガッツが足りなかったかな。。

 

 

2日
Dsc_4743
やはり朝8時前に出発。出発時はどんよりでしたが、
Dsc_4744
すぐに晴れてくれました。
Dsc_4746
前日同様、手指が冷たくなり、次第に痛みを伴うように。
Dsc_4747
やっぱ凍ってます。
こんどは東へ。きれいな森林公園から次の森林公園へ向かう。
Dsc_4749
この2番めの公園には広く整備された霊園が隣接してるはずなんだが、
何回行ってもその霊園に行けないんです。不思議でした。
Dsc_4748
おや、、この先の階段だけ、登ったことが無かった。
Dsc_4757
登ってみたら、ありました。ここだったのか。
景観が良いんですが、、
Dsc_4752
このお墓群 ↓ は景観になぜか背を向けてます。墓中の方に見せるように設計すれば良いのに。
Dsc_4754

車で行くにはもちろんきちんとしたルートあるようですけど、
次調べたいと思います。
Dsc_4760
3h弱。20キロでした。ぜんぜん疲れません。もっと走れました。

 

3日
また朝8時に出発。
急用ができたため、アウディ村の向こうをぐるっと回って
1hでいったん帰宅。7キロでした。
昨日はQシリーズオンパレードでした。
Dsc_4768
鍵の管理だけでも大変だと思います。ぜ~んぶで100台位はありますから。
Q8初めてみました。でかいですね~ 燃費悪そうですね~
Dsc_4769
いったん帰って、13時また出発。

山の頂上に登って
Dsc_4773
昨年初日の出を見たとこです。今回は4~5人しかいませんでした。
Dsc_4774
河です。これまた絶景です。思わず深呼吸しちゃいますよ。
Dsc_4779
気持ちいいんです。が、、
Dsc_4781
川沿いのこのマンションはどうして川側をバルコニーにしなかったんで
しょう。せっかくの眺望、スンゲーもったいない。向こうのバルコニー側
の景観はつまんないの一言です。
Dsc_4783
計13キロでした。

ざっくりですが
元旦16キロ
2日20キロ
3日20キロ
ですね。お出かけの徒歩も合わせたらもっとでしょうけど、ま、無理せずだと
こんなとこです。膝痛も出ませんでした。

2021年12月27日 (月)

昨日のジョギング - お墓のお墓

先週行った先の新しい道路が気持ちよさげに
見えたので行ってみることに。出発は朝7時半くらい。

Dsc_4696

まず物件CAで軽くお仕事。ここの眺望はこの界隈イチです。
左端に見える山の更に向こうへ。
Dsc_4697
いつもの緑道。立ち止まると身体が凍りつく。
Dsc_4698
この左の緑のラインです。
Dsc_4701
着いた。きれいな道。とてもすがすがしい。車の量もまだ少ない。
Dsc_4700
旧道の方はもう立ち入り禁止に。
Dsc_4705
ほとんどピラミッドのよう。山をかなり切り崩したんですね。
Dsc_4709
ループしてて、ここを下ると180度回って旧道と合流します。右は
Dsc_4708
調整池だろうか、だとするとなんでこんな高いところに造る?
Dsc_4710

更に下ってくと左手にお寺さんが見えたのでお参りに。
石畳の長い階段を登り、突き当りが境内だった。
無一文なので賽銭箱から10mほどひいたところで手を合わせる。
ドライバーは真っ直ぐ飛んでゴルフは80前後で回れるように、
髪はできることなら増えてほしい等と願い事をしたところ、
境内真ん中の扉が開き、年配の女性が顔を出した。80くらいか、
ご住職の奥さんだろう。
「お参りする気は、あるようじゃの」
突然なので驚いた。
「あ、はい、あります、ありますよ、、」
私は帽子を脱いで挨拶した。
「どっからきたんじゃ」
地名を応えた。
「じゃ、くるまじゃの?」
「いえ、走って、来ました。自分の足で。ジョギングです。腰骨の
 具合が悪いので無理せず、、」
「ほお、そらまあ、えらいこった」
「ここは1時間くらいです。いつもはこの手前で東へ、、」
と後ろの方を振り返って、来た方向を指差し、目を戻すと女性がいない。
少しすると写真をいっぱい持って出てきた。
「もしお参りする気があるなら、の、、」
「何ですか?」
「この山の頂上に、お墓がたくさんある。こういった、な」
と言って、アルバムや写真を広げて見せてくれた。
古いお墓が無数に、数え切れないほどある。
聞くと、関東大震災の時焼け野原になって、檀家の分からない
多くのお墓をここに集めたんだそうだ。
その数、1万ではきかないとおっしゃる。本当か?
私は道を教わった。しっかり挨拶をし、教わった道で山へ向かう。
Dsc_4711
普通のお墓を抜け、どんどん上へ上へ。
Dsc_4712
途中「関係者以外立入禁止」の看板に何枚も出会う。

眺望が素晴らしい。墓中の方々へ良い景色をという図らいだ。

着きました。すごい数。
Dsc_4714
急な斜面にびっしりです。一本一本、重さ何キロあるんだろう。40?50?
1万あるとして当たり前だが1万往復。ここまで、手ぶらの私でも疲れる
のに、いったい誰が、どれくらいの時間をかけて。
Dsc_4715
標高は100mはあろうか、前後左右眺望を遮る人造物は無い。樹木だけ。
Dsc_4719
さっき走ってきた新しい道路が眼下に。ここを滑り降りると帰路が
2キロは短縮できる。が転ぶと転がって死ぬ。
Dsc_4716
無数のお墓は、お墓のお墓、なのだ。写真はたくさん撮ったが失礼に
あたってはと多くは遠慮します。
Dsc_4718
全3h、20キロでした。膝痛出ず^^

2021年12月20日 (月)

昨日のジョギング

は、朝8時出発。計2h、14キロだった。
寒かったが心配の膝痛は出なかった。スタート後20分ほど
歩いたのが良かったようだ。
Dsc_4660
上はグラウンド。子どもたちが練習はじめた時間でした。寒かったね~
Dsc_4661
そこは暖かそうですね、猫ちゃん。
Dsc_4662
何度か来た林道、朝だけど怖い。少しそれて迷い込んだところに、
Dsc_4664
お墓がぽつんと。写真中央 ↑ にあります。私有地だったんですか。
Dsc_4665
林道出口近くにぽつんと豪邸。別荘?この山の所有者さん?
Dsc_4667
入院前にもお参りに来たお寺さん。昨日は剪定中でした。
500mほど下ったところで、
Dsc_4668
はい、少し休ませてもらいました。日向は暖かい。コーヒーがあるともっと
うれしい。お金は無い。
Dsc_4671
山を切り開いてます。緑のところが新しい道路です。近々走ってみます。

先週日曜のジョギングでクソを踏んでしまい、取るようにこすったり
妙な走り方をしたせいで、左足のアキレス腱を傷めてしまった。
ので、月~金はずっとぴっこで歩いていた。土曜治ったので
気を良くした昨日のジョギング、10キロくらいのとこで
また傷めてしまった。
はい、今日またびっこです。

2021年12月13日 (月)

昨日のジョギングは膝痛出ず

朝7時発。
膝痛が出たら嫌なので、はじめ30分くらいは歩き、後、ゆっくり
走り出した。
Dsc_4613
大丈夫だ。でも火種はある感じ。
Dsc_4619
OF公園へ。ここまで5~6キロ。
Dsc_4617
ペースを少し上げる。
Dsc_4623
初めての緑道。
Dsc_4624
この公園は二度目かな。
Dsc_4628
この公園も何度か来たことある。いずれも落ち葉がすんごい。

次に寄った公園でクソを踏んでしまった。初めてのことだ。
落ち葉に隠れて分からなかった。頭にくる。左足の踵。でかいやつ
だった。
よく落とし、更に公園の水道で流し、また走り始める。が、
アタマにはクソのことばかりよぎってしまう。悔しくてしょうがない。
水で洗う時、その水がソールから上部に少し染みた。その染みに
クソの菌は含まれていないだろうか、だとしたら即刻除菌せねば
ならない。除菌剤などもってない。コンビニに寄るか?
入り口にスプレーなど置いてあるだろう。で、かかとに吹き付ける?
怪しまれないか。カメラも働いてるはずだ。
「どうして踵にですか」
聞かれたらどうしよう。
「クソを踏みまして」と事前に正直に言おうか。でも
そもそもお金も持ってない。ビタ一文だ。コンビニに入る資格など
無いではないか。普段買い物をしてればまだいいが、私はコンビニで
買い物をしない主義だ。
走りながら考える。家まで残りまだ7キロ以上ある。道中にクソは
全て擦って失せてくれるだろうか。でないとこの靴で
玄関になど入りたくない。し、下駄箱に入れられたらどうしよう。
義母は几帳面だ、今日中にはしまうはずだ。言っとこうか
しまわないでください、と。でもきっと妻にチクるだろう
「下駄箱にしまわないで、って言われたのよ」
二人できっと推察し、当てるだろう「何か踏んだのよ、きっと」。
正直に言おう。すると「きれいに洗ってください」と
強制されるだろう。その際のブラシは何を使えばいいのだ。
家まで残り1キロを切った最後の公園でまた洗った。5度目だ。
きれいさっぱり、何も無くなっていた。
菌まで無くなっているだろうか。まだ油断はできない。庭に裏返して
天日干しした。
クソほったらかしの飼い主は一年間落ち葉掃除の刑だ。
計2.5h、15キロ。

2021年12月11日 (土)

腰椎狭窄の痛み

と痺れに悩まされていた。今週月曜から昨日までです。
すっごい嫌でしたよ。今日は大丈夫。
ブログを読み返してみた。昨年の夏はかなり苦しんでたよう。
最悪は一昨年でしたが。

で、ストレッチを全然してないこと、反省。し、昨日はたっぷり、
1分コースを10回くらい、
3分コースも数度やりました。で直っている。

考えたら日曜のジョギングも、2~3hのうち、ここのとこほっとんど
ストレッチしてなかった。医者からは走るの自体止められてるが。
私のストレッチはすごい。自分で考案したものだけど、これが
なかったら今の俺は無い。
走れるどころか、ゴルフもできるようになったし、
もうタイヤ交換など永遠にできないだろうと思っていた。

先週末のベンゾウの交換で。
Dsc_4592
Dsc_4591 fです。左右ともアウトだけ激減。で、ご覧の通り、残念なことに
タイヤは内外の指定があるものでした^^;
リヤのサイズも違いますから、もったいないですがもう買い替えしか
ありません。
タイヤメーカーさん、内外やローテ方向指定などないタイヤを開発
してくださいな。
そして車メーカーは前後違うサイズにはしないこと。
グレタさんに言いつけますよ!

2021年12月 7日 (火)

夏タイヤ→スタッドレスへ

日曜、交換しました。ベンゾウの方です。
疲れた~

Dsc_4588

まず10m以上離れた納戸から運び出して来る、それだけでヘトヘトですわ。
転がせないんですよ。
Dsc_4596
よって、クルマのすぐ横にタイヤ置き場を作った。遅ればせながら、です。
素地を作って、レンガを上手く敷き、その上に板を敷いた。
Dsc_4600
これで次からは楽になる。と思う。
Dsc_4601

しかし日曜は身体が重かった。まず朝のジョギングからしておかしかった。
1.5h、わずか7キロしか走れなかったのだ。もう出発して
2キロでフラフラになってしまって。
ここで書いたけど以前もそういうことがあって、その日は前夜がソーメン
しか食べてなかった。実はこの前夜も鮭と飯しか食べてなかったのだ。
んで走って帰ってきたあとのタイヤ交換も、ほとんど惰性でしか
なかった。つらかったんです。
というか、7キロも走って帰ってきたんだから、
疲れて当たり前かもですね。
Dsc_4594

より以前の記事一覧