my fun

2022年1月24日 (月)

田舎のジョギングはお許しを

自主隔離期間中、陰性確認後はほとんど毎日走っていたかもしれない。
Dsc_4910
誰とも会いませんしすれ違うとしても10m以上離れて
ます。そう、ウチ、田舎なんです。
Dsc_4917
左に見える犬小屋、とても大きいシェパードが一頭入ってます。山の頂上
だし人通りの全くない道で、半年くらい前、初めて通ったとき、
もの凄く吠えられました。番犬なんでしょう。憎たらしかったですが
ところがここ連日通るようになって、あまり吠えなくなったんです。
こんど一緒に遊びましょう^^

Dsc_4902
このお宅、窓があまり無いですが、
Dsc_4901
実は素晴らしい眺望なんです。どうして窓を作らなかったんでしょう。
Dsc_4880
たぶん休校になってる。せめて校庭だけでも開放してあげれば
いいのに。
Dsc_4904
右の車庫、やっぱアルファがあるんでしょうねえ。
Dsc_4891
これ、スゲー美味いんです。
十国峠でしか買えないんだけど、で、先日もありったけを
買いました。2本しかなかった(笑)
http://kameya-foods.shop-pro.jp/?pid=126153433
次はネットだな。

2022年1月23日 (日)

熱川ゴルフのこと

先週末、また親友別荘におじゃましてきた。15土、16日だ。
うちにはケンが来てくれ、二人で8時半の稲取着を
目指す。車はベン子に乗り換え6時に出発した。
我々は順調に進んだ。
同時刻にタカネはよし子ちゃんを迎えに行き、用賀から東名に乗っている
はずだった。
こっち東名は厚木のあたりで、タカネから着電、
よし子ちゃんを迎えに行けないか?
という驚くべき相談だった。
実は今起きたんだ
と言っている。時刻は6時半。
我々がUターンして上野毛のよし子家に向かったとしよう、すると
稲取に着くのは10時を過ぎてしまい、遅刻だ。代わりに
寝坊のタカネが間に合うことになる。ふざけるなだ。
「ことわる」とケン。我々は見捨てる選択を採った。
二秒の沈黙後、
「・・だよね」との返事を得た。
しかし彼を見捨てるイコールよし子ちゃんも見捨てること
になるがその責任はタカネが被るしかない。一応電話を入れる。
「どーなってんだタカネは!」
彼女は怒りを顕にしていた。
私から言わせればそもそもタカネが迎えに来るという設定
の時点で何かあると想定しておかねばならない。
彼が着くのはおそらく8時だろう、彼女はその電話から
まだ1hテレビを見て過ごさねばならない。
私だったら気が変になる。

 

我々は稲取に普通に間に合った。ウエハラ君が駆け寄ってきた
「うちの(社員)がすいません!」と。
ゴルフは4+2でスタートした。
前たつや、すーちゃん、なおみちゃん、ケンとし、
後ろをウエハラ、私の二名にして、遅れてくるタカネ、よしこちゃん
を加えれるようにした。合流は午後からかと思っていたが
彼らは予想より早い、5番ホールで颯爽と現れた。
マーシャルカーに乗って
「いやあどうもすまんすまん」
と全くもってすまんとは思っていない涼しい面構え。

 

実は道中彼らは常人では考えられないわけのわからない事件を
ひき起こしていた。それをプレー中に大声で説明するもんだから
もうゴルフどころではない。悲しいかなこの私であっても
タカネよし子ちゃんの説明を傾聴してしまった。
彼らまず東名に乗った。で最初の東京インターで通過せねばならない
ETCゲート。まだよし子ちゃんを載せて間もなかった為、タカネは
寝坊した説明責任に忙しかった。マシンガントークの彼はなんと
一般ゲート(券とるほう)へ行ってしまったのだ。しかも彼、
券など気づくはずもなく時速50キロで券ヒラヒラ横を素通り、バーの
無いことをいいことに、要はゲートをブッチしてしまったのである。
驚いたよしこちゃん、そこにきて始めてタカネのトークを遮った
「今、券取らないといけなかったんじゃね?」
「なに!?」
しまった!
二人の混乱は頂点に達した。
これから我々はどうすればいいのだ。
冷静になろう、おきたことはしょうがない、出口でしっかり説明し、
お金さえ払えばいいだろう、二人でそう腹をくくった。
ところがしかし、そこでまだ終わらないのがこの二人だ。
厚木で出て小田厚へ進まねばならないとこをまたブッチ、直進して
しまう。しかも第2東名へ向かってしまうのだ。
「やややばい!」
いくらなんでも、、、私はその時点で人生のやり直しを宣言する。
そう、何もかもリセットしたい。
もう寝坊の言い訳の場合ではない。Uターンせねば、
高速を降りねばならないがいくら走っても出口が無い。んで、
名も知らない初めてのインターで降りることに。
その料金所で時間をかけて券を取り忘れたことを説明する。が、
そんな天然記念物級の人はそうそういないので、
向こう(インターホン越しの係員)も
「ナニ言ってるんスかあ~」と状況を理解してくれない。
私が係員だったらインターホン越しにブン殴っていると思う。
結局彼ら、修善寺~ループ橋経由で稲取に来たという偉業を成し遂げた。
これはもうそれだけで旅である。

 

そんなこんなをゼロから説明する彼らを5番から迎え入れた私のゴルフは
ナイスショットが出るわけがない。前で回るなおみちゃんにも数度
「うるさい!」と睨まれ、私は107でラウンドを終えた。球も何個も
無くした。

 

後、別荘に無事修まった。肴も揃えさあ飲もうという16時、
私の携帯が不意に鳴った。妻からだ。
次男の具合が悪い、喉が痛く、咳が出ているという。しかも
「今日の学校(土曜もある)、クラスで14人も休んだって!」
コロナだろうか、であれば私は濃厚接触者になるのか。
前日の金曜は私は十二指腸の検診日で、朝早くから家を出て、
次男と会ったのは直近で木曜。が、一つ屋根の下にいたことは
そのとおりだ。
「帰ろうか・・・」
私が青ざめてそう言った時、
大丈夫だ大丈夫だワクチン打ってんでしょう、こっちだって
みんな打ってんだからと皆がフォローをくれた。まだ
コロナと決まった訳でもない。
しかもいっしょの車のケンが、私が帰るなら一緒に帰ってやる
と言うんでそれはもう帰るわけにいかなくなった。
缶ビールをプシュッと開けるとだがそっからまたタカネの遅刻ネタ
オンパレードとなった。もうどうでもよくなった。
ぐでんぐでんになって気づくと翌日の日曜もプレーすることが決議されて
いた。私は女性3人と回ることになった。

 

少し暖かくなった翌日曜、気分良くプレーできた。私は94で回れたのだ。
女性らは打つたびに私をどっこいしょしてくれる、それが奏功したのだ。
風呂にも入って皆と別れ私はケンと家路へ急ぐ。
16時、十国峠で家に電話すると驚いた。次男、その朝のPCR検査で
陽性判定が出てしまったのだ。
ちなみにその1hほど前、ウエハラ号のCLSはタイヤをパンクさせて
しまいレッカー。よってウエハラ、なおみちゃんの2名は
タカネ号に搭乗している。
次男陽性をライングループで通知、
→タカネ、よし子ちゃんはウエハラ家へ自主隔離
という図式になってしまった。
私も無論10日間の隔離が必要となって、実は今に至っている。
次男は今日19時現在快方。熱、咳ともに無し。うちの家族は熱川後の
PCR検査で全員陰性。今回の熱川の面々も皆陰性のよう。
この紙面上、一番つらい思いをしたのは次男かな。次はタカネか、
いやよし子ちゃんだろう。物理的には何の苦労もしてないのだが。

2021年10月21日 (木)

アイアン買い替えました

これまでのがあまりにしょぼかったので。

Dsc_4256

bsにしました。いちおう鍛造。
ピンの710と迷ってたんだが、打ち比べて決めた。
私の7番のスリークオーターの振りだとヘッドスピードは33、
キャリーで140ってとこだった。
上から打ち込むんで、弾道はそう高くはない。
サンドは56にしました。ピッチングは44度だった。
これらウエッジは今までのと同じロフトにしたかったので、古いのを持ってって
測ってもらったら、よくまあこんなのを使ってましたねみたいなことを
言われた(汗。
シャフトはこれまで通りレギュラーに。ただ、今までのRとは大違い
だそうだ。ヘッド寄りで妙なブレ方をしない。また、腰砕け感も無くなった。
と、いいながら、、
7末に回ったゴールデンレイクスの時は古いアイアンでキレキレで、
170内はほとんど乗ったのだ。
道具のせいにしちゃ、いかんですね。

 

2021年10月14日 (木)

熱川往復とゴルフの件

出発朝、土曜はケンが迎えに来てくれた。
ベン造に乗り換え、うちを5時発、飛ばさずゆっくり行った。
有料道路も、毎度ケチって、真鶴、熱海は使わない。
伊東のあたりでコンビニで軽食をとって、それでも
7時半過ぎに熱川に着いた。私はせっかく義母におにぎりを
握ってもらってたのに、忘れてきてしまった。土下座して詫び
なければならない。
ゴールデンレイクスの時はボール、ティー類の小物一式を
忘れたし、ここのところ何かおかしい。

Dsc_4203

日曜もプレーし、
帰りは、タカネも乗って計3人。彼のクラブだけは上原号に載せた。
15時前ゴルフ場出発、いつも通り海沿いは渋滞してると読んで
Dsc_4204熱川先から早々と伊豆スカイラインを目指す。
十国峠で土産を買って
Dsc_4205
リスタートが16時、そこまでは順調だった。そのあと
ターンパイクを使わず箱根新道に行ったが、酷い大渋滞に遭った。
小田厚入り口までのラスト5~6キロが私のジョギング並の
遅さ。いやもっと遅かったかもしれない。
後で知ったが、千葉がゴールの(うちよりずっと遠い)
ウエハラ号のCLSもうちと同じ19時に着いてるので、
彼はどうやって帰ったのか、もしかしてターンパイクを使ったのか
教えてもらいたい。

タカネは、今週末もまたゴルフだ、つらい、とつぶやいていた。
私も106を叩いた初日は、つらさが勝ってしまった。楽しくない
んであります。特に11叩いたホールがあって、そこなど
横でタカネが「俺の気持ちが分かったか」と言っているようで
屈辱を味わった。彼の横を私は何度も往復した。
「さっきより遠くなったね」と言われ、睨み返したかったが
自分のプレーを続けるだけで私はせいいっぱいだった。
彼はいつもそのせいいっぱいだったのだ。

2021年10月11日 (月)

土日でゴルフに行ってきた

人生初の連チャンでした。
毎度の友人別荘、熱川です。
スコアは全くもって不本意
土曜(海山:ケン、タカネ)106
日曜(森島:ヤスオ、スー、タカネ)100

Dsc_4194

アイアンがダメ。6、7はおろか、8、9でも乗せることが
できなかった。つまり、パーオンしたホールが皆無に近かった。
こないだのゴールデンレイクスの真逆です。
また、ドライバーもフラフラのへなちょこ球ばかりで、
真芯に当たったのはそれぞれ2~3度しか無かった。

ところが経験上あるある、が、そうではあっても、1番手だけは
突出して良いクラブがある、というもの。それが今回は
サンドウエッジ。バンカーからは特に、必ずベタピンで寄った。
上述の通り、アイアンが悪いので、初日だけでもなんと
6~7回もバンカーに入れちゃったんです。特に芸術的だったのは
初日午前、グリーンから2mも下からのバンカーからの寄せ、
プロでもああは出せないという奇跡のショットを披露した。
ケンは、バンカーにわざと入れちゃえよ、と言ったが、
バンカーを狙うとこれがまた入らないのだ。ええ、そういう
もんです。

Dsc_4198
しかし、疲れた!
サラリーマン時代も含め、連チャンは初めて。私など
日頃ジョギングしてるからいいが、そうでない人もいっぱいいる。
みんな疲れないの?と、連日120超えのタカネとで首をかしげる。
どこ行ったかわからん球をタカネと黙々と探し続ける二日間、
例えようのない、比類なきつらさ。終盤二人で、
二度と2日連続は回らないようにしよう
と肩を組み、誓いあった。

2021年9月21日 (火)

日月と連休頂き、

日曜は朝ジョギングのあと少々お仕事。
月曜朝もジョギング。晴天で雲ひとつ無く、気分爽快。10キロ先の
公園まで行きました。
Dsc_4083
朝7時着です。
Dsc_4085
下の東屋で誰か寝てます。身なりはしっかりしてたのでキャンパーでしょう。
Dsc_4086

Dsc_4087

Dsc_4092

Dsc_4090

帰りは疲れちゃってフラフラです。緑道を選ぶのでアップダウンが多いし、階段は
特に疲れます。

Dsc_4068
帰宅後、風呂庭の塀を修理。
Dsc_4066
杭の下部が朽ちてた。のを補修。犯人はシロアリ。だいぶ前に撲滅したんで
Dsc_4067
杭自体を新しいものに替えてもいいんですが、
Dsc_4071
食われてるとこ以外は
健全なので、切って使いまわします。
Dsc_4097
この左2本を吹きまくりました。中央のシロアリジェットプロ
ってのは、数秒で無くなり、詐欺のような代物です。
左のサンデーペイントは値段も同じくらい(千円弱)なのに
たっぷり使えて、これはグッドでした。効き目は分からないのが玉に瑕。
ちなみにどれも2hの作業で完パケです。
Dsc_4080
ラフに終え、明るいうちに早々と湯に浸かりました。
ビールが美味かった~

2021年7月26日 (月)

24(土)は久々のゴルフ

土曜プレーというのもこれまた久しぶり。
Dsc_3846-1

栃木だが、しかし暑かった!
Dsc_3849-1
人は簡単に死ぬと思った。
Dsc_3852
スコアは51の45で96。
アイアンがキレキレで、170ヤード内はほとんど
乗った気がする。
ダメダメがパター。前半は全てが3パットとも思える。実際4パットも
あった。
後半は昼食後にパターをまた練習。少しまとまってきて、45はそこそこ納得。
うれしいのは70ヤード内。のサンドウエッジでの高く上げて乗せる
のが、ほとんど成功したこと。これは打ちっぱなしで結構練習してきたので
成果が出せて良かった。

Dsc_3854
日曜はまた暑かったが少し走った。7時発、9時まで
2h、12キロ。ストレッチは欠かせないから遅い。
腰椎狭窄はほとんど快方した。

2021年6月 8日 (火)

感動したお寺(2)

昨日投稿のお寺、検索すると、やはり訪れて植栽の素晴らしさに感動、
と散見できます。私だけじゃなかったんですね。
Dsc_3497-1

問題は道。難しいんですよ。私も3度訪れて(入ったのは一度)、
いつも誰もいない。ウチからだと緑道を使えば簡単なんですが、
車だととても面倒。私ですらナビ無しだと難しい。

Dsc_3477
お寺近くで見つけました。ナンバー「ミニクパ」にしたんですね。333
ですから指定したんでしょう。
ではこれは??
Dsc_3485
500ですから、6666を指定なしでゲット、です。GTIですから
それなりに車好きなんでしょうが、全く洗車してませんね。。

 

2021年5月24日 (月)

エアコン洗浄

昨日朝のジョギングは5時半発。
まずは3~4キロ先の緑道へ。
Dsc_3352 誰もいません。
Dsc_3356
木の上は走ってはいけません。王将の床より滑ります。

Dsc_3359
7時前には川へ。
いじめっ子の方へ行くか癒やし系に行くか。
Dsc_3364癒やし系方面が無難と判断。
Dsc_3362
いやはや、とにかく気持ちの良い朝です。
2.5hで帰宅。16キロくらいかな。

午後からは仕事。
今の状況だとどうしても日曜作業が避けれない。業務を一部
委託するか辞めるかなど考えないと、身体が(精神的にも)もちません。

仕事から帰宅後は、エアコンの内部洗浄を。
Dsc_3367
皆さんも絶対やったほうがいい。
うちは一昨年(と思う)業者さんにやってもらったんだが、最近また
黒いカビが落ちてくるようになったので。

Dsc_3369

奥のシロッコファンを掃除しないとダメなんです。これがメイン。
恥ずかしいので見せたくないんですが、ウチだけ特別ってことは無いはず。
ファンの羽の一枚一枚を掃除していきます。
まずフラップを外します。これ壊す人、けっこういると思います。

大尊先端に小ブラシを付け、まずは吸いまくります。
Dsc_3368吸いこぼれて落ちたカビの数々。。
落着いたら、フィンに、洗浄スプレーや水を吹きまくる。垂れる水滴は墨汁の
ように真っ黒。
次に先がスポンジの柄の付いたのでフィンを地道に掃除していく。
かなりイラつきますので、精神状態が安定しているときにやってください。
ゆっくりやって2hでした。

Dsc_3371
刺し身を買ってきてイッパイ。美味かった!

2021年5月 6日 (木)

5月2日(日)はゴルフへ

行ってきた。稲取です。すんごい風でした。あんな強風は初めてかも
しれない。午後から弱まれと祈ったがむしろ強くなった。
アドレスに入っても身体が揺れてしまうし、ドライバー持って
構えると、ヘッドがビュービュー音を発する。
スコアは全く参考にも何もならないが102。でも友人は90前半で
回ってるのもいた。
私はドライバーが不調。まともに当たったのがなんと1発だけ。トップの位置で
ヘッドがビューと鳴るのが気になって気が狂いそうになった。また、
パットも全く入らず、寄らず、が悪因だったかな。
アイアンは1番手大きめにし、スリークオーターで低めに出していた。
にも関わらず、右へ左へ奥へ手前へとあらゆる方向に
持っていかれた。巻いてる風なので、どっちに行くかわからんのであります。

Dsc_3226

回ったのはケンとタカネで3人。スタートで準備していると、
タカネがパンツを買ったんだと自慢してきた。
「ゴルフ用なんだよね。1万1千円。ふふ」
そんな高いの買うならまず腕を磨けと思った。
「そうかい、いいやつだね。
 でもオレはユニクロだよ。感動パンツ」
「ユニクロ!?」
ユニクロでコースに出ていいの?という表情になってる。知らなかったらしい。
「はい。1,900円だね。ストレッチだし、良いよ^^」
「そうか、、
 でもお、おれはね、ポーチも買ったんだ、これ、
 見てくれ。2千円だっ」
球やティーなど小物を入れとくのに便利と言う。
「こういうのね、やっぱ、買わないとだめですよ。2千円」
やはりゴルフショップで買ったらしい。私もそういうのは欲しいと
思ったが、でも2千円は高いと思ってると横からケンが
「そーかい、僕のは100円ショップだ」
とダイソーのポーチを高々と掲げた。
「100円か!」
驚くタカネ。
スコアはいつも百十の王であって、クラブすらまだ自前のを買っていない
彼はなんだか拍子抜けしてしまったようだった。数ホール後、
その一端が顕になる。
池のあるホールだった。タカネの打ったセカンドはどトップで、
50ヤード先の池めがけて地を這って行った。誰もが池入りと
思ったが、フチのコブで運良く右に跳ね、セーフ。奇跡のバウンドだった。
「おお!ラッキー!」
「良かったじゃないか!」
そう称えてあげた瞬間、こんどは非情にも彼の帽子が強風で脱げ、
池めがけてまっしぐらに飛んでいってしまったのだ。フェアウエイにポトンと
落ちたがでもコロコロコロコロととても速い速度で転がる帽子。
おむすびころりんのおじいさんよろしく
「待て、待て、コラ!おい!」
腰を曲げ叫びながら全力で帽子を追うタカネ。50ヤード。
私とケンが見守る中、でも帽子は無残に池ポチャしたのでした。
その場所は先ほど球が落ちる予定だった、正にそこ。
棒で取って泥だらを泣きながら池でジャバジャバ洗ってまた被って
らっしゃいました。
一連をユーチューブにアップしたら1億超えと思います。書くのは難しい
ですね。
球はセーフだが帽子を落とす、という彼らしい天然劇でした。

Dsc_3230

より以前の記事一覧