« 新ルーテシアのインプレを | トップページ | 昨夜は久々の夜ラン »

2020年12月14日 (月)

緑道と買い替え検討

先日みっけた緑道が素晴らしかったのでまた行った。

Dsc_2126 朝7時発。
Dsc_2142
Dsc_2138
Dsc_2144_20201214162101
Dsc_2152_20201214162201
結構寒いっす。ここまで4キロ走ってきてるんでWブレーカーの
中の長袖シャツが既にビショビショになってるんですね。走り続け
ないと凍えてしまう。リュック背負って来て着替えてる人も
いて、やはり遠くから走ってきてるんでしょうね。
Dsc_2148_20201214162201
Dsc_2159
2hでした。距離は10.2キロとなっているが(スマホアプリ)
表示の地図の軌跡がでたらめなので、本当かどうかわからない。
歩数で勘案してるのだろうか。帰って長男に究明を求めたが
「しらねえ」と言われた。
Dsc_2162_20201214162301
ベン子をスタッドレスへ。
Dsc_2164
相変わらずタイヤはクソ重い。腰椎が最悪だった時は、もう自分で交換
することは永遠にできないんだろうと号泣したが、気をつけていれば
問題なくできるようになった。

アウディの営業さんからA1の買い替えを強力にすすめられている。
今月決算だ。
新A1はとても良いが、2.5mもの追金が必要になる(m:
ミリオン:百万です)。し、同じ色、同じエンジン車を
選ぼうものならチョイ変しか無いわけで、現金ドブに捨てたに近く、
後悔で頭髪が全て抜け落ちそうである。
強い差を望むのであれば1.5Lの4発エンジンの選択になるが、
それはもっと高い。
そこへいくとルノーの新ルーテシアは、なんと1mの追金で済む。
これは良いが、いろいろ腑に落ちない点が多々ある。最大は
今のA1のように楽しくぶん回すことが躊躇われる、つまり、
エンジンの回りががさつなんであります。ぶっ壊れそう、とも言う。
ゴーンに数円でも渡っていたと思うと更に買い替えられない。

となると、選ぶはアウディの中古である。
営業さんも私が踏み切らないことにしびれを切らし、
多くの中古車情報をラインしてくるようになった。
A3の一年落ちくらいがなんか良さそうな気がしてきた。
Sラインを選ばなければ乗り心地もソフトで良い、仕事で使う分には
大きさもばっちりで、燃費もまた良い。

ということで昨日早速見に行った。1年落ち、4千キロしか走ってない
込み込み3mほどのA3スポーツバックである。
見てらんないほどまずいことが起きた。
隣に素晴らしく美しいTTがあったのだ。
惚れ惚れしてしまい営業さんからA3についていろいろ説明されても
上の空だった。「さ、ご試乗を」となったが
目はTTにいくばかり。
困ったもんです。

« 新ルーテシアのインプレを | トップページ | 昨夜は久々の夜ラン »