« 代車A250・4マチの件 | トップページ | 不平不満の連発 »

2020年10月29日 (木)

A250・4マチは走る分には優秀な車でした

トルクのつきも良いし、回しても危なくない。乗り心地も、
鋼板の厚さからシャーシの堅牢さが伝わってきて、安心感が
得られました。
Dsc_2187 台無しにしたのはインフォ系です。
前回も書いたが、地図の移動が面倒。MMIからはコツを得ないと
できないというアホさ。じゃ、画面を指で直接ってことになるんですが、
運転中にあの高さに指を持ってくのって、危ないんですよ。
肘、固定させてないから、車は揺れてますから、肩を支点にして、
指先はグラグラです。

ハンドル内右にあるスイッチ系も、リミッターや前車追従が所狭しと
並んでいて、怖い。ブラインドでいじれますよって主張なんだろうが、
週イチ運転の人がブラインドになるまで何年かかるんだろうか。
設計者のように、毎日車のことばかり考えてるんじゃないんです。
書きたいことはいっぱいありますが、悪口の方が多くなりそうなんで
ここらへんで。

A1に乗り換えると「あ、やっぱ俺はこっちなんだなあ」と思って
しまう。
Dsc_1237_20201029122401
静粛性は低いが、透明感がある。アウディって統一して
透き通った感じがあるでしょう。
乗り味もコツコツガンガン来るが、ハンドリングが明快。
クオ~ッと快活なエンジン音。と早いDCT。
となると代車の大賞は、思い出すに、TT。これは私のココロに
グサリ刺さったままです。
街中はもとより、高速は官能でしたよ~
速いのに、燃費はA250よりTTの方が良かった(1.8のFF
でしたけど)。
2千のクワトロだったらどんなに良いか。MJの石井昌道さんは
ケイマンと同等以上ってインプレしてました。

« 代車A250・4マチの件 | トップページ | 不平不満の連発 »