« 日曜のジョギングは | トップページ | A1満タン »

2020年6月16日 (火)

肝機能

昨日、腰椎狭窄の症状がほとんど治まったように書いたが、
投稿後、症状が再発してきた。
原因は日曜に床掃除の手拭きを行ったせいだ。月曜午後から
左股関節痛と痺れが出てきてしまったのだ。
なんとも情けない。なかなか、完治は難しい。完全に肉体労働を
ストップさせればいいのだろうがすると体力が落ちてしまう。
コロナで経済とのバランスが微妙なように、なかなかうまく
いきませんね。

ここのとこハイチオールCという薬を飲んでる。第三類医薬品で
身体のだるさを解消してくれる。文句通り、身体が軽くなった。
家にあった、期限を一年も過ぎたもの、もったいないので
飲み始めたが普通に有効に作用してくれる。二日酔いにも効果があり、
おそらく肝機能を上げてくれるのではと。
私は酒に弱く、二日酔いだと頭はもとより全身使い物にならなくなる。
どころか、飲んでなくても、上手く働かない時が多い。
肝機能が弱いのだ。
普段から肝臓が強い人はこんな薬を飲まずとも、どんどん活発に働き、
生産性向上、社会諸活動の貢献に一役も二役もかってるのだろうと
羨ましく思う。後輩の三姉妹など顕著たるところだろう、ヨシコ、
テンコ、ナオミの面々。プラス、マリコの4名だな。
本当に酒が強い。最近はいけてないが別荘に集合の折など、
ワインは樽で買ってこいとすら言う。リビングの2階まで持ち上げ
られないと思うが、「大丈夫よ!」と返されたので驚いた。
この4名、酒のためなら楽勝だろう。いやテンコなら一人でも
可能だ。
ヨシコは通例の飲み会、午前2時の三次会に至ってもガブガブと、
今飲み始めたかのように勢いが衰えない。翌日は朝からゴルフスクールだ。
マリコは何時になっても、全く飲んでいないようにシラフのまま。
「先輩も飲んで^^」と笑顔で勧められ同量を飲んだポニータカネは
ボロ雑巾のようになって東海道本線を往復してしまう。
ナオミは酒の強さ以上の逸話がある。根っからのサッポロ黒ラベ党
で、ビールはサッポロ、と梃でも動かないのだが、数年前のこと、
新発売になった発泡酒が出た折、「不味いわ、これは何かがおかしい」
不純物が入っているのだろうサッポロに限って不良品作るわけがないと、
コールセンターに電話した。
「なんだか味がヘンなんですケド・・」
それは大変失礼しましたと、サッポロ社員数名が自宅にわざわざ
来てくれた。手にしたコンビニの袋に先の発泡酒が入っている。
「これ、今、近所で買ってきたんですが、飲んで頂けますか?」
言われるままゴクゴク飲むナオミ。
「・・・まずい、です」
「大変申し訳ないのですが、この製品はこういう味なんです」
ノンフィクション。

« 日曜のジョギングは | トップページ | A1満タン »