« 台所工事中~ | トップページ | キッチン無事終わりました~ »

2019年2月12日 (火)

A1早いもので8千キロ

になりました。丸10か月です。遠出が無いのでこんなものでしょうか。
先日首都高、仕事で約20キロ、空いてましたので、なんと
表示燃費は22!ハイブリッド並みとも思えます。が、プリウスだと30以上に
なるんでしょうね。プリウスもマイチェンでややかっこよくなりましたね。
前のデザインはマジ、ダメダメでした。どうしてあんなかっこ悪いのにと。
エクステリアにポリシーが無かったでしょう??実際売れ行き
がた落ちになりましたよね。
ルボラン誌にある各メーカーの車の価格表を見て少々驚く。DCT
使ってるの、トヨタはなんと1台も無いんです。レクサス含めて。
コストを考えて、なんでしょうねえ。
でも日産も1台、GTRのみ。
三菱、スバル、マツダは全く無くて、ホンダになると何車種かで、ある。
外車だとベンツはA、Bで使ってる。BMはなんと全滅。MになってやっとSMG。
ポルシェはカイエンを除いて、ほとんどDCT。パナメラもです。
VWもトゥアレグを除きほぼDCT。
アウディになるとR8とか一部RV車を除いてDCT。が、なんとS4が
トルコンなんです。どうしてでしょうかね。好きなんだけどなあ。
ポルシェの友人がRS4を狙ってるようです。これはDCT。
BMの320dは8速のトルコンでした。ギヤチェンがスゲーつまんなかった。

で、前段長くなりましたが、日月と連休頂いて、ルノートゥインゴと
フィアット500を試乗させてもらってきました。
トゥインゴはデュアルクラッチですが、Sトロニックの素早さには遠く及ばず
もどかしさはぬぐえません。というかほとんどトルコンです。乗り味、
ハンドリングも面白みは期待値に届かず、また質感も悪く、残念でした。高速も
MJ福野礼一郎氏の寸評だと、ヒョコヒョコしちゃって、同クラスのポロと
比べるとバツだそうです。3発の0.9L、リヤに積んだエンジンは、
楽し気に仕事してくれてましたが。
というかこの車の利益の一部がゴーンに行ってたと思うと、
買う気にはなりませんね。
で、チンク。これはシーケンシャル2ペダル、1.2の4発エンジン。
こいつはおしゃれさかわいさが売り。ゆえ、私の望む車
ではありませんでした。シーケンシャルのギヤチェンのかったるさは
とても酷いもので、これが毎日、と思うとバツですね。
エンジンも唸りはすれど、楽しさはありません。
ということで、質感の高さ、ミッション&エンジンの快活さなどから、
A1は好みにあったもの、良さを再認識してしまった試乗会でした。

Img_20181014_130346


後ろの方にチンク、いるんですよね。かわいいですね。

« 台所工事中~ | トップページ | キッチン無事終わりました~ »