« キッチン無事終わりました~ | トップページ | テリーのテーマ »

2019年2月14日 (木)

A1満タン、燃費14ジャスだった

先日の投稿、ルノーとフィアットの名誉のために言っておくと、
トゥインゴは、RR特有の、後ろから押される感じの加速、これは
なかなか楽しいかもしれません。峠なんかは特にね。数十分の試乗だけでは
分からないものです。
でも室内のチープ感は、国産の軽以下って貧弱さですから、前述したように
その削減分がゴーンに行ってたと思うと買う気になれません。
チンクは、「これに乗ってる」感が楽しい。外観がスゲー可愛いかったんです。
私には似合わないペパーミントグリーンでしたけど。
実はナンバーが未だついてないド新車をひっぱり出してきてくれたんです。
新たにナンバー付けて(刻印も)の試乗でした。ですからいろいろギクシャク
してましたね。
本命はツインエアでしたが、「おすすめできません・・・」とのことで、1.2の
4発に。ここで書けない欠点をいろいろをおしゃってました。
チンクはカタログ見てるだけでも楽しい。毎年色変えて買い替えるって人も
いそうですね。

Img_20190213_201031

でも、A1。やっぱいいです。
何度も言ってますが3千~4千の快音が楽しいし、
乗り味もスムージーでフラットライド感もそこそこ。
で、これは車好きなら分かると思いますが、ステアリングセンターのしっかり感が
大きいんです。ハンドルは軽いのに、です。
実はベンツなんかすんごいしっかりしてて、これは私、石臼感って言ってる
んですが、クソ重いものを抱いてるような重厚な味があるんですね。
これは絶大な安心感につながってます。
トゥインゴとチンクはそれが皆無でした。
BMはただただ重いだけでした。飛ばすと面白いんですけどね。

« キッチン無事終わりました~ | トップページ | テリーのテーマ »