« 友人別荘におじゃました | トップページ | A4作業終わった »

2018年12月18日 (火)

別荘(2)

熱川往復で活躍してくれたe-tron、今朝満タンにした。
燃費は、借りた時フル満タンだったとを想定すると13くらいだ。出発時の
都内脱出は大渋滞だったものの、他はスイスイだったので、18くらいを
望んでいたが、電気も四分の一しか充電されてなかったからただのハイブリッド車、
まあこんなもんだろう。(燃費は後日満タンでなかったことが分かる。ので、
あてにしないで欲しい)

Img_20181215_073051

今回親友の一人ウエハラ氏はCLSで来た。納車3~4ヶ月の新車だ。
220d。ベンツの傑作とも思えるこのエンジンはガソリン車と全くと
言っていいほど遜色なく静か、むしろ1~2コ前のCやEの
ガソリン車より静かなくらい。

Img_20181215_073736

我々のゴルフ中は女史二名がこのCLSを駆ってグルメ、温泉へと
旅立って行った。ウエハラ君は心配で心配で、ゴルフのスコアが滅茶苦茶な
ものになってしまったのはそのせいである。
プレー中、テンコ女史から「まだぶつけてないよ」と移動のたび、メール
があった。のは少し救いであった。が、帰って来てみると、
やはり擦っていた。
ウエハラ氏号泣。ナオミ「私じゃないわ!」と冤罪を主張するも、
誰からも受け入れられなかった。ポツリ言うウエハラ氏
「擦ってないと思っていることが、怖い」。

ゴルフ場からそのまま電車で帰宅すると強く譲らなかった
タカネ君だが、美味しい肴と冷えたビールで軽く一杯だけやってけばと誘うと、
簡単に落ちた。じゃ一杯だけ、と、別荘に。
手作り餃子や金目の煮つけをほおばって獺祭、ランブルスコ、白ワインを
すすめられるがままにガブ飲みするタカネ君は、みるみるうちに視点が合わなく
なってきた。
ぐらんぐらんであります。
そろそろ踊り子号の時間だと、私は送ってあげた。駅まで徒歩15分のところ、
7分のところまでタカネ君に同行したのだ。
「もういいから絶対大丈夫だから」というんでそのまま別れ、私だけまた
とぼとぼと別荘へ戻る。すると早いじゃんなんで駅まで送らなかったんだと
これも視点の合わないベロベロの3名(KY女史、テンコ、CLSナオミ)から
集中砲火を浴びせられた。
皆、送るそぶりすら見せなかったのに、である。20~30分怒られ続け、
気付くと踊り子号が熱川駅を発車の時間である。心配なタカネにラインするも
既読がつかない。電話にも出ない。しかし駅まで見に行こうとは誰も言わなかった。
期待を裏切らないタカネ君、ホームのベンチで見事爆睡してしまったのだ。
後、どう帰ったのだろう、彼も解っていないようであります。
次回は駅まで、というより、電車に乗せるまで見送らないとまずい。が、
前回は乗ってもとめどないところまで行ってしまっているので、対応策は非常に
難しいのであります。

« 友人別荘におじゃました | トップページ | A4作業終わった »