« 流れる星は生きている | トップページ | BSG試乗 »

2018年9月15日 (土)

ガー音再発せずと

Dラーから電話、ガー音、症状出ず、ということだ。
電話の目的は
1.私が記した以上の条件は無いか。
2.このまままだ試行を続けていいか。
3.どーしていいか分からない。
の3点だったように思う。
私の返事は「書いた以上のことは無いし、試行は
続けて下さい」だった。
ギヤが噛まないって、愛車として許せません。
しかし悩ましいのは、出る、出ないで、対応が(修理内容が)
違うのだろうか。出たら、ああ、やっぱ出ました、で、
どう直すのだろう。出ないと直しようがないというのは、
この症状じたいを信じていないのだろうか。
なんだかすごい不快。

« 流れる星は生きている | トップページ | BSG試乗 »