« 限界縁日 | トップページ | 漏水 »

2018年8月28日 (火)

ガー音再発

日曜祭りの帰路、A1でガーー音再発。
Mで1速、5千近くまで回ったところ、
アクセルをほんの少し(本当にほんの少し)緩めたら、
ガーーと出たのだ。
次に「止まれ」後、再度同様にすると、またアクセルを気持ち
緩めたところでガーーとでた。
一日2度は初めて。
9月10日入院予定なので、エクセル表に追記し、営業さんに
月曜メールしといた。
そしてさっき。
仕事での帰路、やはりMの1速、今度は5,500回転だった。
ガーーーと。怖いので瞬時にアクセル緩めた。

続くとマジでギヤが壊れると思う。これまで気付いたのだけで
計8回だ。もしかして既に結構破損してるかも。
これまでも書いてるように、Mで1速指定しても、6千まで
回ったところで2速に上がってしまう。
原因は何だろう。
いずれも2速に上げようと、スタンバってた2速側のクラッチが
1.うまく切れてないのに変速しようとした。
2.間違えてRに入れようとした。
のどちらかでしょう。2は無いと思うが、音の大きさだけみると
2が近いのだが。。

Dsc_0715

Sトロニック:デュアルクラッチトランスミッション(DCT)は
その名の通りクラッチが2つある。奇数段のと偶数段のと。
噛んでるギヤの隣のギヤが、もう一つのクラッチごと
スタンバってて、変速時にクラッチごと変えちゃうって
仕組み。見た目と使い方はオートマといっしょ。踏むクラッチは
もちろんありません。
ほほうと思うか、わかんないぜんぜんわかんない、
と思うか。
多くの人は後者と思う。実は私もよく分かってない。
瞬時にスパスパ変速するしシフトダウンはブリッピングで
回転合わせを行うので運転しててただただスゲーと
感心するばかり。
超大好きなこのDCTにこんな悩まされるとは
思ってもみなかった。VWアウディ系のほとんどの車種が
DCTなわけですから、私だけってのは、私の使い方に
問題がある、とDラーさんはきっと思ってるでしょう。
ちなみにベンツもAクラスはDCTになってる。
AMGになると「AMGスピードシフト」で、変速が速く
ブリッピングもかましてくれるが、DCTではない。
ルノーは何車種かEDCという名でDCTを銘打ってますが、
試乗しましたけど変速の速さはVWアウディに全く及ばず、
寂しいもの。
BMWはMでSMGってのが近いけど、これは故障が多く
高価だし、保証期間を過ぎたらきっと怖くていじれなくなる。
乗ってた320dは普通のオートマでスンゲーつまんなかった。
そう、車好きはDCTに慣れると、普通のオートマには
乗れなくなる、という運命を背負います。

« 限界縁日 | トップページ | 漏水 »