« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月31日 (日)

バイトの忘年会

先般学生時代のバイト仲間の忘年会が行われた。
年に一度だけの集まり。一時期は夏もやろうと言っていたが、幹事が
1回だから楽しいんだ、2回はやらない、というのでそのまま来てる。
私は最若年の方。だし、酒に強い面々ばかりだからか、ついつい飲み過ぎてしまう。
同様の集まり、同年輩の者らとのだと、皆、開始1時間も経たずに支離滅裂に
なっていくので、そちらでは私は抑える方向、まとめ役にある。皆の面倒を
みないといけないからだ。

Img_20171223_184028

今回は全12名だった。男女半々くらい。欠席は2名で、1人はシラボー氏。
理由はインフルエンザ。トシは私の3つばかり上。会社社長をしてる。昨年の
神楽坂での忘年会で7万円の日本酒を軽くオーダーした(割勘)強者だ。

欠席もう1人はナコ女史。トシ私の1つ上。夫婦喧嘩佳境(ハンコ寸前)につき
欠席。学校の先生だ。

この二人はバイト時代、付き合っていた。いや、正確には、ナコ女史が一方的
に恋してい、シラボーは別な彼女もいて、深く付き合っているつもりは
なかったという悲しい現実があった。
今はそれぞれバイトとは関係無い人と結婚して家庭を持っている。
でそのシラボー。ここ5年くらい前から出席するようになった。行方知れず
だったのだ。誰か伝手を持ってないかと毎年話には出ていたが解らずじまい。
そんなシラボーを偶然見つけ出したのは私だった。

5~6年前の12月、港北のスーパーに、私は家族で買い物に行っていた。
ガラガラとワゴンを押していると、なんとそのシラボーがベンチに座って
いるではないか。
いったん通り過ぎたが彼だとの確信を持った。妻に事情を話し
どうしよう声をかけるべきか相談した。
今声かけないと一生後悔するわよ
と言われ、戻って、声掛けし、再会を喜び合い、
以降忘年会に来るようになっている。

声掛けを躊躇したのは、シラボーが怪しい臭いを持った人だったということ。
きっと悪いことに手を染めているに違いない、と、瞬時にそこまで考えたのだ。
身なりはダンディーで、見た目もイケメンなのだが。
で、今回の忘年会の少し前、11月くらい、ナコから私にメールが来た。
シラボーの本名をネットに入れたら、悪行の数々が書き連ねられている、
見てみて、とのことだった。私はざっと見て、やっぱカンは
当たっていたなおそらく本当だろう、近いうちブタ箱に行くことになるかなと
思った。
ナコに返事をした
「でも、シラボーって元々怪しい臭いのする人だったよね」
気にすることは無い、飲むときは今のことじゃない、昔話で華を咲かせる
わけだからいいんじゃねという意味だった。
ま、そんなシラボー、ナコが欠席の今回。いようがいまいが関係なく、
盛り上がりはハンパなかった。
私も一次会、中盤からすでに記憶が無い。オーダーを途中から飲み放題に
変えたからだろう。
虚ろな目を何度擦って見ても、目の前のコザクラ氏(3つ上)、髪をヅラ
にしたように見える。実際私の右隣ハル君はヅラである。
コザクラ氏には聞くのも悪いしガブガブ飲んでると、私に髪が薄くなったねえ
とやたら言うようになった。ハゲるぜハゲるぜを連発される。ぐっとこらえたが、
なおもしつこく言い続けられた。
ハゲないハゲないハゲないと応酬していると、
うるさい!と大声で言われ、はっと気づいた。
家のベッドだった。
次男(小6)が私を揺すって起したのだ。
私はまだ酔ったままの午前5時だった。
どこから夢でどこまでが現実なのかさっぱりわからない忘年会だった。
どうぞ皆様良いお年をお迎えください。


2017年12月27日 (水)

周五郎「薊」に驚き

世の中は艱難の待合室であり、人間は胎内より業苦を負って生まれる
という、されば人生は風説を冒して剣難悪路を往くが如く、二十四時
寸刻の油断もならぬ酷薄苛烈なものである。
(評釈堪忍記から引用)

こんなことをさらりと書ける周五郎、やっぱすごいわあ。
ここのとこずっと新手のミステリー系に入り込んでて、でもどれもこれも
面白くもなんともなく、ココロに引っかかるものも皆無。で、周五郎
「松風の門」を開いた。
思わずあっと言ってしまったのが一編の「薊」。
最近のミステリーの多くは、どんでん返しもの、つじつま合わせ、こじつけ
ととれるものが多く、終盤に無理がある。
周五郎作品にはどんでん返しものはそう多くなく、薊も期待皆無で
読み進めていましたが、ラストで驚かされました。
周五郎の文庫は、納戸の書庫にずら~っと並べています。
左端からつまんでく。読み終えたのは右端へ。40冊くらいありますから、
1サイクル5年以上はかかってるかと思います。
松風の門には「湯治」が入っていて、これはおたふく三部作の
一編。今回、最後の解説を読んでおやと思ったのが、湯治は3話目だと。
いやいや、締めは「おたふく」なわけで、ミスプリかと思ったら、
そうじゃなかった。
周五郎はおたふくを初めに書いて、その前の話が書きたくなったんだそうだ。
ストーリー上の順番は
妹の縁談→湯治→おたふく
です。が、書いた順は
「おたふく」昭和24年、
「妹の縁談」昭和25年 、
「湯治」昭和26年
だそうだ。私、おたふくは大好きです。


2017年12月20日 (水)

タイヤ考

仕事で40キロ弱、走ってきた。環七主体で比較的空いていた。
表示燃費はなんと17を超えた。スタッドレスの方が表示は良好だ。
同じ道、同じように走った過去、夏タイヤでは16そこそこだし、
通勤の往復でも良くなっている。
タイヤ外周についてネットで調べた。
http://www.tiresize.net/rim/rim.htm
ノーマルFは
225/45/18 : 660ミリ
スタッドレスは
225/50/17 : 657ミリ
よって3ミリ小さくなってる。約0.45%だ。
つまり燃費も論理的には相応した、良好な数値が出るということになる。
が、物理的には、転がり抵抗が大きくなっているから、悪化するはず。
にもかかわらず、10%近く良い、ということは、夏タイヤが悪いとしか
思えない。ポテンザのS001です。かなりスポーツにふってる
ものだし、リヤは特に255と太すぎ。そうは飛ばさない私には正に
豚に真珠なのだ。
それにスタッドレスにすると静かで良い。腰砕け感は否めないが、足下が
軽くなったのは特筆もの。現物を(ホイール付きで)持てばすぐ分かる。
あのクソ重いのを荒れた道で制するのはえらい大仕事であります。
乗り心地の点数を付ければ冬100点とすると夏は70点以下。
ランフラットだから重くそしてノイズも大きい。VWをはじめ
多くのドイツ車は脱ランフラット&脱スペアタイヤ、つまり応急処置剤搭載
でのみの対応としている。
春になったらコンフォート系の、細目のに交換するかな。

Photo


2017年12月18日 (月)

土曜は痛飲

したので、日曜が辛かった。。
でも早起きしちゃうんですよねえ。トシですねえ。

2017_2

玄関先に放置プレイだった夏タイヤを清掃し、しまった。
倉庫までが整地じゃないんで、転がせず、重くて大変。
夕方満タンにして燃費は14.2。空気圧は全輪2.6へ。
BMの電子式(非可倒式)ウインカー、デメリットばかりと
思っていたが利点を発見。
サンキューハザードの時、消すとウインカーも消えてくれました。
1年以上経って知りましたけど、私にはデメリットの方が多く、
未だにアウディの可倒式の方が好きです。
前も書いたように新しい5は可倒式に戻ってる。レクサスも
1年ほど前に試乗したISは非可倒でしたけど、今後どうなって
いきますかね。


2017年12月11日 (月)

BMもタイヤ交換

Img_20171210_131244_2

昨日のジョギングも天気が良く、すがすがしかった。が、BMのタイヤ交換を
しないといけないことを思い出し、途中引き返した。1Hしか走れなかった。
BMはジャッキアップポイント、長方形の穴があって、そこに
アタッチメントを入れないと上げられない。持って無いししょうがない、
走りながら考え、急ぎ自分で作った。

Img_20171210_140704_2

木(古いまな板)を削っただけのもの。ちゃちいがしょうがない。
ネットでも1千円くらいで売ってますから、次回は買おう。

Img_20171210_143031

この油圧ジャッキももう古い。たぶん10年は使ってる。ひしゃげちゃって
怖いし。ネットで見るとトランプ並みの酷評モノだ。上げてる時
壊れたらどうなっちゃうんだ、取り返しがつかないでしょう。
アウディはシャーシがしっかりしてるからスタッドレスにしてもビシッと
走るが、BMはだめですね。ブニャブニャ感が大。タイヤ(スタッドレス機種)
の問題ではないと思う。
外したノーマルは重い!リヤは特に255・18って、
午前中の作業の疲れ(ジョギングや自宅床清掃)もあって、倉庫まで
運べなかった。
掃除も含め、しまうのはまた後日ってことで。


2017年12月 6日 (水)

ザマア

勤務地裏、愛車を駐車してるとこなんですが、とても細い道
(車1台やっと)で、だけどそこによく車止められちゃってるんです。
黒のレクサス。私の車は当然出入りできません。
家は分かってるんで、いちいちピンポンやって
「出ますかあ?」
「はい!」
の応酬。
10mのとこにコインPあるのに、ケチってるクソオヤジ。
ところが先日、ザマア。
仕事で帰って来て、止まってたんで、私車庫に入れなかった。
ホーンを二度鳴らす。運転手、お宅から出てきた(ゆっくり)。
「どうする?どうしたい!?」
と叫ぶ。カチンと来た。
さがらせて頂きます申し訳ございません、
が正解だろう。が私は怒りを抑え無言で車から降り、ただただ相手を睨んだ。
空気を感じ取ったのだろう
「下がります!」
だと。
最初からそう言え!
ところが、その後が傑作。
バックした折、バッコーン!と凄い音。電柱に激突してる(爆
修理、安く見積もって4~5万、かなあ。黒は大変でしょう。
はじめっからコインPに入れてりゃいいのにね。
俺のこと、恨んでます?


2017年12月 5日 (火)

BM 雑感

A4はスタッドレスへ交換後、エア入れの為GSへ、全輪2.4へ。
ついで満タンにし、燃費は6.7だった。
かたや320d、717キロ走って満タン、燃費14.5。
ガス代はなんと三分の一で済んでることになる。仕事で出かけた帰路、
工事渋滞があったから迂回して都内に入ってしまったら、外苑の
銀杏並木が通行止めで大うんざりの大渋滞、アタマをかきむしった。
普通50分くらいのとこ、1.5hを要してしまったのだ。320はこれが
無かったらもっと良かった。
が、、良いとこばかりではない。
320dはエンジンがオーバークール気味なのか暖風を出す経路が悪い
のか、厳冬期、アウディは走り出して5分もすれば積極的にアイドルストップ
しますが、BMは10分くらい走らないとダメ。だし、エンジン止まっても、
長い信号待ちだとまたまたかかってしまう。
これはBM、詰めが甘いとしか言えません。

また、乗り味。以前から書いてるようにBMはフラットライド感が皆無に近い。
グレードがMスポだからかと思いきや、ラグジャリーでもそうです。
というか、ラグジャリーの腰砕け感は相当なもので、更にワゴンなんかの
酷さはもうボヨンボヨンブニャブニャと表現していい。ドイツ車とは
まるで思えない、BM、どーした!って感じ。ネームバリューで売れてる
だけでしょう。

傘下に入ってるミニ。これもMJの福野礼一郎氏は乗り味を酷評してて
こんなの、乗ってられないとまで書いています。硬くて、ですね。
乗り味でいくとキャデラックCT6も酷評。少し前のできの悪いAMG
並みだ、とすら書いていて、思わず笑ってしまいました。

反し、最近のアウディには高ポイント。新しく出たQ2を取り上げ、
こちらは満足のゆく乗り味で、また、官能のSトロニックで、
ご満悦でらっしゃいました。
初めてSトロに試乗した時の感動は未だに忘れられないとおっしゃってます。
MJの皆さん、福野さんのように正直に書いてくれればいいんですけどね、
メーカーに配慮ばかりしてるようじゃ、評論家とは言えないですよね。


2017年12月 4日 (月)

日曜は

Img_20171203_092044

A4を早々とスタッドレスへ。

Img_20171203_102443

夏ホイールは徹底洗浄。

Img_20171203_100932

4輪、こういうのもみんな取っ払って、きれいにしまして。
誰もこんな奥まで見ませんけど。

洗浄まで含んでゆっくりやって2Hでした。油圧ジャッキがもう
ヤレてダメかなあ。来春は買うかな。
今冬も320dは、車高が低いしまた、ジャキアップポイントのアタッチメント
が無いので、GSでやってもらう。ほんとは自分でやりたいんですけどね、
いい運動になるし。
でもこの重さが限界かもしれません。1つ上、BMでいう5、アウディA6、
ベンツEクラスだと倉庫まで運べないと思う。X5、Q5、カイエン、GLEなんか
皆さんどうしてるんでしょう。
 
後、リビングダイニング床の洗浄。これは跪いて手で。
もちろん掃除機後、で、マジックリン塗布→濡れ雑巾で拭き上げ。
大掃除って訳じゃないですけど。

スッキリした後、ジョギングへ。

Img_20171203_155004
まさに獣道。行き止まりでした(汗。

Img_20171203_154710
こちらも行き止まり。なんとお墓でした(怖。

Img_20171203_153023
写真撮るの、相変わらずヘタですいません。

Img_20171203_153042
↓勝手に載せちゃってすいません。我が家じゃありません。

Img_20171203_150304
現物は写真以上に素晴らしいお宅。
眺望も素晴らしいはず。


いろんな意味で良い汗をかいた日曜でした。


« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »