« DCTとミッション | トップページ | ジョギングにて »

2017年8月25日 (金)

地球代表

320d、660キロ走って満タン、燃費13ジャスだった。
まだ100キロくらい走る表示でしたが早めに。
好燃費な上に、トルクフルなエンジンは、3千も回せば官能と言えるくらい
心地良い。

おフランスは2040年からディーゼルのみならず、ガソリン車の
販売まで全面禁止させる、との報道、びっくりです。
ネットでいろいろ見ますけど、では、ハイブリッドやPHVはどうなんで
しょうかね。また、トラックは??
どうしても電気に頼らざるを得なくなるわけですからその確保は
どうするんでしょう。原発しかないでしょうねえ。

原発は安価に電力を得られると思いがちですが、ご存じの通り
核廃棄物を処理することができないでいます。人類は破滅への道を一歩一歩
自ら歩みはじめています。
と言いながら私もエアコンの下でパソコン打って、スマホ充電してますが。

Img_20170824_195938

想像に難くなく、この試験を通られた方々は素晴らしい。受かるの1000人
に2名ですから。「地球代表の選抜」とありました、正にその通り。

まず書類選考、身体検査、筆記で10名に!落とされます。
でもそこからの試験が壮絶なんです。合宿1週間、閉鎖環境におかれた
缶詰テスト。ここでは簡単に書けません。優れたフォロワーシップ、
リーダーシップ、非常事態の冷静な判断力を見抜かれます。細かな癖(髪を
いじるなど)もダメ。宇宙に小メンバーで長期滞在すると、人の癖は
気になってしまうんです。

缶詰後そのまま10名は渡米、NASAへ。そこでまた試験、面接。NASA
では当然ですが全て英語です。で、8名が落ち、2名が残る、と。

重複しますが、卓越した統率力を持ってるだけじゃダメなんです。フォロワー
シップも無いと。グループで解く問題、誰がリーダーになるかをまず
見られる。「私が務めましょう」と率先して手を上げた人、後、統率
しきれなかったこと見抜かれ、落とされてます。「皆の優秀さが分かってきて
動揺してしまった」と後に吐露。ゼッケンを誤って横に付けてしまった方も
落とされた。宇宙では些細なミスも命を落としますから。
ほとんど神の領域とも思えます。

向井千秋さんは「全てが60点であればいい」とお話になってますが、
謙虚謙虚。全て90点じゃないと無理でしょう。

こういう人たちに政治を任せたいですよねえ。
きっと原発なんか採用しなかったでしょう。
 

« DCTとミッション | トップページ | ジョギングにて »