« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月27日 (木)

全ての大人が読むべき本

凶悪犯って、幼少期に悲惨で劣悪な家庭環境にあった子がほとんど
です。

Img_20170726_172631

大阪池田小の宅間守。こいつは本当にひどいヤツでしたが、でも
彼も小さいころは酷い虐待にあってました。父親から殴られ続け、
母親など毎日で「壁は血だらけになっとった」と後、証言してます。

10の凶悪事件がありますが、私は、秋田連続児童殺害の
畠山鈴香を一番かわいそうと思った。
やはり父親からの虐待が凄惨で、また、学校でも教師、同級生らからも
酷いいじめを受けています。給食がどうしても食べられない彼女に
先生は両手を器のようにさせ、その中に食べ物を入れ、食べろと命じます。
犬のようにガツガツ口に入れるので同級生らは正に「犬食い」と命名し、
汁物とかに至っては当たり前ですが指の間からだらだら垂れてしまって
汚く見えるので、「ばい菌」とあだ名をつけられる。なぜ食べられないか、
それは家での父親からの壮絶な虐待が食事時に常態化していたから
なんです。
畠山鈴香は警察でも検察でも裁判でも、犯行時のことを覚えていないと
言います。嘘じゃない、本当に記憶にないんです。
幼少期の酷いいじめは絶対に抗えないもののため、子供は思考を停止
させて時が過ぎ去るのをただただ待つばかりなんですね。
記憶もオフです。そういう癖がついてしまっていたんです。
呆れたのは卒業文集で、そこに綴られている彼女へのいじめの言葉は
ここでは書く気すら起きない。教師は何のためにいたんでしょう。

誰もが悪い男と思ってる光市母子殺害の元少年。
彼の幼少期からの父親からの虐待も壮絶極まりないものでした。
物心つくころには母親は激しい暴力を振るわれ続けていて、かばう彼に
暴力の矛先が向かうようになる。布団に母と縮こまって震える毎日。
お母さんと結婚しよう、そうねそうしましょうと抱き合いながら、
一時期だけは甘いぬくもりをすごせます。が、中一の時、なんと
その母親が自宅で首をつって自殺してしまう。
茫然と見る父と子。でもなんと三か月後には父は再婚。
あり得ますか??

奈良小1女児誘拐殺害の小林薫もそう。幼少の頃母親が病死、
待っていたのは父によるDVでした。

男親からの虐待だけではない。秋葉原連続殺傷の加藤智大。彼は
幼少の頃から母親から猛勉強を強いられ続けます。100点でないと
ダメ。95点では風呂に沈められます。笑いながら。食事は食べ物を
チラシにぶちまけ、それを食べさせられます。

そういう過去だから犯罪を犯して良いというわけではありません。
そういう子らは、かなり高い確率で、犯罪に手を染めるようになる、
ということです。

これは本の主旨から外れますが、多くの裁判に関わって来た筆者が
言う、裁判は真実を明らかにするところではない、検察と弁護士の
戦いの場にすぎない、ということ。これにも大きく心を動かされました。
ちょっと興奮気味にこれ書いてますが、実はこの本読むの2度目です。

2017年7月26日 (水)

豪邸

近所の80過ぎの旦那さんが今年亡くなった。残った奥さんが一人。
お子さんがいないのだ。
お家は超がつくほどの豪邸。ただし木造の平屋だが
なんと戦前からの建物、で、東京大空襲でもこの家だけポツンと
焼け残ったという運を持つお宅。
私、物心ついたころからずっと知ってて、通っていた小学校の通学路
でもあったから、このお家は素晴らしいといつもアタマにあった。
東南角の整形地は200坪近くはあろうか。
広い庭の木々の手入れも行き届いているし、隅にはお蔵もある。
奥さんはトシ80くらいで、でも凛として元気でいらして、10は若く
見える。うちとの付き合いはもう50年近い。

旦那さんに先立たれたこともあって、最近は雑談の度
「住み替えたいわ」
とおっしゃるようになった。
マンションがいい、もうこの家は面倒見きれなくて、などなど。
戸も引き戸である。サッシなど無い、未だに「雨戸」で、
雨風の強い日はガタピシ相当うるさいだろう。網戸も無いから
この季節は宅内で蚊取り線香を炊くはめになる。
庭師も年に2度入れてる、都度、20万くらいはかかってると。
配達でうかがった折、私でよければお手伝いしますよ、と先般勇気をもって
伝えた。
「そんな、、、大変なのよ」
「いえ、私、好きで、今の住まいの庭は義母とライフワークになってます」

私は靴は脱いだこと無く玄関周りしか知らないが、そこだけでもがっしり
した木骨の一部とか調度品とかが超一級品の物たちであることが分かる。
レトロなんてもんじゃない、重要文化財級だ。
「ゲリラ豪雨とかすごいですよねえ、雨漏りは大丈夫ですか?」
「瓦がしっかりしてるからかしら、大丈夫なのよ。東京大空襲でも
 焼けなかったから、運がいい家なのね」
なんとかしてこの奥さん、この家の手助けがしたい、と思うようになった。

そうだ、私がこの家を買えばいい、そして私が手直しをしていけば
いいのだ。
するってえと、なんだ、どうしたらいいんだろう、いろいろ考えなくては
ならない。
だが無理だ。
世田谷の一等地、安く見て坪200万でも200坪で4億じゃねえか。
これはポルシェを買うより無理がある。
そうだお子さんがいねえか、うちの次男(小6)を養子に出そう
ここに入ってもらおう、そうすれば金の動きは無くて済む。
こないだは俺が風呂に入ってる時、アタマからバスクリンをかけやがった。
義母のスリッパもよく隠して叱られてる、いなくなるとせいせいするぞ。
が、先方でもいたずらが過ぎないよう祈るばかりだ。

私は帰宅すると夕食の支度中の妻に時間をかけて説明した。
「(次男が)いいって言うかどうかね」
了ということだな。
そのまま次男に頼み込む。
「嫌だね」
無碍に断られた。ただでさえオバケ嫌いで、今の自宅でも
昼間であっても一人でトイレに行けない。あの古い豪邸では怖くて
たまらないだろう。私でも怖いかもしれない。
横にいた長男(高1)にも問うた。スマホにイヤホンで音楽を聴いて
いたので、もう一度説明し直した。
「嫌だ」
しょうがない、作戦変更だ。算段をたてる。

底地は高くてあきらめ、借地権を買おう、であれば安く済む。
しかし借地権といえど、高いは高い、金を集めねば。
抵当権に入っていない物件を集め、銀行から借りるぞ。
だめだ、あと1憶足りない。
でも1憶か、今の住まいを売って、総出でこちらへ越すというのは
どうだ。よし、青写真はできた。なんとかしようではないか!

意気揚々としていたところ、その奥さんが来た。
「引っ越すの」
いきなり切り出された。
「はい?」
「マンションに引っ越すのよ」
クチがあいてしまった。
「おたくが初めてよ、言うの。まだ誰にも言ってないの」
「・・・そ、それで、どこへ・・・」
「だからマンションね、買ったの。そこのスーパーの跡地に建った
 マンション」
「・・・あの、あのお宅は・・・」
「売ったの」
はい。計画は消えました。

2017年7月20日 (木)

将棋の深さ

T大元教授さんのこと書きましたが、K大の元教授もうちのお客で
います。2~3日に一度は来る。その方、大の将棋好き。うちの社長曰く
アマ4段らしい。
うちの社長も自称アマ2段。それなりに強いのだがK大さんには
歯が経たない。
「ここら界隈じゃ、勝てる人いないんじゃないか・・・」
想像に難くなく、ご来店の都度、社長と将棋談。
なんで、先般投稿のこの本

Img_20170718_111150 連休中に読んだんですけどね、を進めました。
「あ、読む読む!」とのお返事。

実話ですからね、、悲しい。親子の絆の深さとか、
人生のわびさびみたいな、考えさせれらます、と話した。

題にはありますが、内容は棋譜自体には全くといっていいほど
タッチしません。奨励会に入って挫折してゆく人々のドキュメントです。
奨励会は将棋の天才の集団です、プロへの登竜門。どんな強い子であっても
ここでは普通の子になってしまう。強烈なのは、入っても何年もしくは
何歳までに四段に上がらないと退会しないといけないという
「三段リーグ」という大きな壁。
皆、死ぬ気で戦います。栄光の裏、挫折に苦しむ子らにどんな現実が
待っているのか。
地方では怖いものなし、大人にも誰にも負けない。地元の大会では優勝を
続け、天才ともてはやされ一家総出で奨励会に来る子も多くいます。けど、
ここでは勝てないんです。言わずもがなそういう子らは将棋しか
知りませんから純真無垢、なんと曜日すら言えない子もいるんです。
「水曜の次?土曜?」と。
そんな中のある一人の会員、成田英二さんがこの本の主人公。
北海道で負け知らず、小学校時代にはもう天才と言われ、後、
奨励会に入ります。お母さんお父さんも上京。しかし彼に待っていた
ものは挫折です。四段に上がれない、イコール退会、という現実。
今まで自分の全てだった将棋を、若くして失うことになる。当然
社会という大きな環境に解け入ることができません。
ご両親とのくだりになるともう涙涙で、私は数日経った今でも
脳裏から離れません。

で、K大元教授さん、元奨励会(モトショウというらしい)という方々と
何度か指したことがことがあるそうです。
強い!
ハンパじゃないそうです。二枚落ち(飛車角落ちのことだそうです)
でも、どうか、というくらいらしい。
奥が深いんですね。

2017年7月18日 (火)

教授の86

勤務地近くの旦那さん(といっても独身)、T大教授!だったが
今は年金生活。トシは70近いか。で、なんと車に目覚めてしまった。

20170708_052815 マフラーはチタンに。で近いうちスーパーチャージャーを積む!と
意気込んでいる。
「写真送るから!」とメールくれたもの。

ほんの2~3年前まで全くといっていいほど無知だったんですがねえ、
私が刺激しちゃったのかなあ。
実は以前から車のことをちょいちょいと聞かれてました。
「ドイツ車はいい?壊れない?」
「揺れない?」
「高速はどんな感じ?」
「パワーは出る?速いの?」
簡単な質問ばかりでしたが、その前がカローラでしたので
挨拶程度に聞いてるのだと流してました。ご近所なんで私のは
見て知っているわけです。
で、教授、先生にありがちな、この人もですが、人の話を聞かない。
上記の質問の回答についてもです。話そうとしても私を抑え、
自分でしゃべり出しちゃう。こないだは
86はマニュアルにしたんですか?と聞くと
オートマですよ、との返答。でもねえとその後もダーッとしゃべり出す。
ちょっとの間を見つけて聞く。
「デュアルクラッチ?それとも普通のトルコンですか?」
DCTでないのを知っていて聞く私も私ですが(笑)、理系の教授
なので、仕組みを話すと感動するかと思いましたが、私に話す隙を
与えてくれません。
「パドルシフトはついてますよ。それがまたねえ、面白くてねえ、
 関係ないのにいじったりして、、、」
ピンボケな回答、でなおもしゃべり続ける。
「ギヤが噛むヤツですよ、だから、しっかりして、普通のオートマ
 じゃない。なんか滑ってる感じのって、嫌でしょう、
 それが無いわけですよ、んでねえ、、」

全然話違いますが、暑い日に吸うタバコはこれがいいですよ、と
先ほどわざわざ買って、持ってきてくれました。

Img_20170718_111150

ありがとうございます!

「将棋の子」は本文とは全く関係ありません。ただただ、泣ける本です。

2017年7月10日 (月)

今日も暑いですね!けど昨日も暑かった!

Img_20170709_092239 日曜、酷暑の中、ジョギング1.5h。
自殺行為かと思いきや、普通に大丈夫でした。
このウエアの恩恵かと。

Img_20170709_111736

腹、凹ませてますww
スポーツ用品店でバーゲンで、これでジョギングしてる人多いよなあ
と買いました。
正解!
涼しいんです。汗が乾かないからでしょう、で、発汗も少なくて
済むから疲れも軽減。でいて日焼け止めにも効果。買って良かった^^
実はジョギングから帰って来てすぐ義母を駅まで送らないといけなかった
のですが、車に乗り込んでエアコン全開にすると、寒いくらいでした。

こんなとこも走ります。

Img_20170709_092346 こういうとこも、好きなんですよ~

Img_20170709_093541

どこぞの小学校。野球、やってました。ガンバレ!

Img_20170709_092542

この写真、撮ってる背中にお家があるんです。毎日この景色は羨ましい。

Img_20170709_092444

見事なお宅に似合うアルピナ。信号にEV車。高級住宅街は違いますね~

Img_20170709_090957
帰ってから止まらず、浴室の天井、壁を掃除。脚立が必要なんで面倒です。

Img_20170709_111802

Img_20170709_111749

アフターなし。
この後掃除機がけ、床モップと続き、案の定ぶっ倒れました。

2017年7月 8日 (土)

山ちゃんプチコンサート

Img_20170707_200334

楽しめました。ありがとさんでした。

Img_20170707_224111
真ん中のオッサン、ただ者ではありません、NHKのど自慢の編曲、ピアノを
担当されてる方、西原さんです。

Img_20170707_232917

私はこの方のピアノで河島英五を熱唱させて頂きました。
キンコンカンコンでした^^

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »