« スマホへ | トップページ | 遅めの一カ月点検を »

2016年8月17日 (水)

模倣犯

お盆期間中に読みあげました。宮部みゆきさんの映画化もされた作品。
が、、あまいんだなあ。
読んでて、どーして?って疑問符が付くところが多々あります。
いろいろ書くとネタバレですが、最たるものは、声紋鑑定はどうして
やらなかったのか。TVのCM後、二人目の声です。これは決定打だった
はずなんで、最終章で持ってくるかと思ってましたが、ナシ。私が警察
だったらまずここからかと。
それと、余計なことを書きすぎ。
削除すべきとこが多いんです。長編(全5巻もある)ですが2巻で十分じゃ
ないでしょうか。
また、氏の多くの小説の特徴で「笑う」という言葉が多く使われます。
「~が~と言って皆で笑った」等で、模倣犯でも随所にありますが、
でもその状況下でどうして笑ったのかと首を傾げるところばかり。だし、
それを書くことでどうストーリーに影響を受けさせるのか、が、
理解できないんですね。余計チープに思えてしまう。
私の警察モノの金字塔「64」は最後の最後で主人公が野球の話で
笑うとこ
「ハッ!」
だけですよ。横山秀夫氏は辛口でとても良いですね。
他にもいろいろありますが、栗橋の携帯拾われてますよねえ。ダラダラ
書かれてますが、作品の何の役にもたってない。
本作は週刊ポストに連載後、2年をかけて加筆改稿されたようです。
であればもっと詰めれたと思います。忙しかったのかな。

« スマホへ | トップページ | 遅めの一カ月点検を »