« BMW 320d | トップページ | チェーンソー »

2016年5月28日 (土)

怒り

を読みました。吉田修一さんの作品。文庫上下です。
怒ってます。私。
つまんないんです!
ああ~だめなんだなあ。こういうの。内容がうすっぺらくて登場人物の
性格描写の甘いやつ。で文体があか抜けてない。
これから読む人は以下読まないでください。
まず山神。
田中とどーしても結びつきません。で、何に怒ったの?
優馬。
この物語にどう関係してんの?
北見のプライベート。
どうでもいい。
直人
どうしてほくろがあった!
辰哉の手紙
収監先で書いたんでしょ?こんな短いわけないじゃん!
これ、読売に長期連載してた小説ですよねえ。
日々読んでらした、多くの皆さんは、特に活字中毒の方は
読んで損した、と思われたのでは、と私は思います。
全体通して、どうでもいいこと書きすぎてるんです。
煮詰まってない。テンションも低すぎ。
個人的にワースト入りです。

« BMW 320d | トップページ | チェーンソー »