« 新A4 雑感 | トップページ | A4満タン »

2016年2月29日 (月)

尾瀬岩鞍行ってきました。

2016022714020000

土日とも快晴でした。雲も、風も無かった。
ただし気温も上がってしまったので、下の方はグサ雪になってしまった。

2016022713040000_2

このバーンが大好きで、更に圧雪してくれたので、滑って気持ちいいこと
この上ない。リフト待ちが長いのは、12時から1hちょい、
圧雪車が入った間停止してたから。私は一日このバーンでもいい。

スキーヤー、ボーダーは舞子とは逆で8:2くらいか。
スキーはそこそこ上手い人が多かった。また、それなりの人は皆メット
を被っていた。ウールの帽子と違い不思議なもんで上手そうに見える。
ウエハラ君が私に買え言っていたがどうなんだろう、買わないかもしれない。
そもそも2千円の板をなんとかしないといけない。
やっぱ高速は安定しないのだ。上記のバーンで速度が乗ったパラレルでは
軽自動車が無理に150キロで突っ走ってるようで、
板が割れるんじゃないかとすら思った。タカネ君のサロモンに
履き替えたら、重く、安定感がピカイチで、ドイツ車のように感じられた。だが
悔しいんでたいして良くねえと言い捨てた。
そうだ、板を買おう。
いやしかし15年着てるウエアも替え時だ。要はメットは買えない
ということだ。

メットの上手そうに見える人たちはしかし実際滑らすと、昭和の
2mの板で鍛え慣らされた私には甘く見え、板をビッチリ揃えた
ウエーデルンで昭和の滑りを見せつけてやった。半ばバカにされて
いたかもしれない。だがウエーデルンがきれいにできている
スキーヤーは一人も見ることができなかった。勝ったと思ったので
次回もまた決めてやることにする。

それと痛感したのが体力の衰え。
今回のうち二人はジムにも通っているし一人は15年もジョギングを
続けていて、そいつらはバンバン飛ばす。ついていくだけで
私は息を上げてしまう。
膝、腿も初日のはじめ1時間で笑ってしまい、揚句、妙な痙攣をはじめた。
これが午後、はたまた翌日もと思うと真っ青で、家で続けていた
縄跳びはたいした効果が無いことがわかった。

しかしスキーというものの最重要課題はいかに美しくスピードを殺すか
だと私の辞書にはある。私は自分のペースで滑ることに決めた。
そうこうしてると、たかぴーは遅いから先に行ってくれと言われてしまった。
タカネ君の滑りは粗雑で、きれいさを追求する板の
走らせ方は全く見いだせなかった。スキーに対する理論そのものも
私とは大きな乖離がある。

今回驚いたのはけんちゃんがスキーを始めたのは大学に入ってから
ということを聞いたこと。彼の運動神経が人類の域を超えていること
改めて思い知った。彼は上半身のフォームとブカブカのウエアを
直しただけで相当きれいなスキーヤーに生まれ変わることができる。

女性陣は1名時々4名全員が消化試合の滑りだった。毎度、夜の宴会
だけを楽しみにきているのだ。スキーなどどうでもいい。次回は
志賀なので、滑りに遠征した折のことをもう心配していた。

今回の車はA4とウエハラ君のハリアー。

2016022813580001

2016022813580000

行き
会社17時半→調布18時半→朝霞20時→浦和20時半→宿23時

帰り
宿14時→メシ→朝霞→上野毛20時→調布20時半→自宅21時

2016022821010000

志賀だとプラス80~100キロなので、来年は皆、金曜は半休を
とって行くと良い。宴会開始が早められる。
今回の初夜が4時半まで飲んだのは、やはり後にひびいたと思います。

« 新A4 雑感 | トップページ | A4満タン »