« A4 入院 | トップページ | 狭路&アップダウン »

2015年10月28日 (水)

免疫チェックポイント阻害剤

昨夜NHKクローズアップ現代でやってました。
がん治療についてです。新薬、驚くほどの進歩です。驚きました。

掲題薬で効きやすいのは
肺がん
腎臓がん
メラノーマ
効きにくいのは
すい臓がん
大腸がん
だそうです。しかしリンチ症候群(家系で同がんの多い方。
要は遺伝)では、大腸がんも有効だそうです。

免疫チェックポイント阻害剤を簡単に説明すると、本当に簡単に
ですが、
がん細胞は免疫細胞と戦う際、頭がいいんで、免疫細胞の
ブレーキスイッチを押してしまうんだそうです。で、戦力を
失わせてしまう。
今回の阻害剤は、そのブレーキスイッチを押してくるがん細胞の「手」
を阻害させるもの。
ですので免疫細胞がどんどん攻撃を続けられるようになる。
従来は免疫細胞の「アクセルスイッチ」を促進させることばかり
考えていたようです、でもブレーキを押されちゃうんで、
行き詰っていた。

今回の阻害剤は、発見、なんと日本の方なんです。が、日本の製薬会社
に開発協力を求めるも、どこからも断られてしまう。で、海外から
手が差し伸べられ、開発に成功したそうです。
でも今はまだ高価なんだそうです。それと、副作用も、ある。
これ以上の詳しいことは分からないんですけど、
けんちゃんも、調べてみて!

« A4 入院 | トップページ | 狭路&アップダウン »