« 小涌園往復 | トップページ | コンフォートの方が好燃費 »

2015年7月28日 (火)

S3 燃費

プリウスで慣れてしまったんで、燃費悪いのは悲しい。
グリップ強大のコンチスポコンも要因の一つではありましょうが、
S3にエコタイヤってのは、ナシでしょうしね。

ここのとこやはり出勤で8、帰宅時10弱です。往復だけで燃料
4リッター弱を消費って、くどいが経済的には3倍だしco2排出は
地球様にも頭が上がらない。
だから毎日効率で走ってます。

効率の走り方は慣れてきました。
スパッと加速し、アクセル全閉です。で、コーストで距離を稼ぐ。
これ、楽なんです。アクセルにも気を使わない。

箱根の帰路、下りが続くのも、効率でした。で、チョンとブレーキを
踏むだけで、エンブレに変わってくれます。車間が空きそうだったら
またチョンとアクセルを踏む。するとコーストに戻り、重力で速度が乗って
きます。
ちなみに小涌園から湯本まで表示燃費は50弱でした。

でも厳密にはどうでしょうか。
昔の車はエンブレでもアイドリングくらいの燃料は消費されてた
ようですが、今は燃料カットのよう。だから下り坂ではコーストを使わない
エンブレの方が好データが得られるかもしれないんです。けど、そこで重要
なのが、回転数。燃料の完全カットは、一定の回転数以上の場合、と
されているようなんですよね。1500回転くらいみたいですけど、
詳しくは分からないんです。

箱根でも気にはしていました。効率でない場合でも、エンブレで
流していても加速しなくちゃいけない機会は結構あって、
その瞬間、回転数は上がり、燃料は消費を始めます。けど、コーストの場合、
その消費がアイドリング程度のもので済むわけです。
いずれにせよ差は微々たるものでしょうけど。

3千回転以上は私にとって人生の楽園。四駆ということと
強大なグリップのコンチスポコンのおかげで、箱根の
登りはこんな楽しいこと、ありません。前が詰まったとたん
ストレスに変わってしまいますけどね^^;
車間距離は決して詰めてはいけません。大いなるチカラには大いなる
責任が伴う、です。次男(小4)でも知っています。

« 小涌園往復 | トップページ | コンフォートの方が好燃費 »