« RかSか | トップページ | ああS3 »

2015年6月18日 (木)

抜けないS3

所有したいと思う車は必ずしも良い車、とは限らない、
相反する場合もある。「良い車」の定義は主観に委ねられる、と私の
辞書にはある。簡単に言えば快適性か、利便、経済性か、官能かだ。
S3については、官能だろう。2リッターターボのドッカンエンジンに
6速DCT。更にエンジン特性、乗り味も車中から変えれる。
カタログデータ見ただけでもそそられないわけがない。そんなん不要、
と一蹴するむきにはただの戯れ言だ、が、好きものにはヨダレを抑えること
ができない。

S3は高速を含め一時間弱、運転させてもらった。

「まず、コンフォートで、行くぜ」

営業さんはドライブセレクト担当となった。
一般道では普通の車であります。静粛性もゴルフハイラインの上を行くと
思ったが、そうでもない。

高速入口でダイナミックへ切り替え。瞬時にDCTは1~2速
落とされ、タコメーターの針が跳ね上がる。

速い!

更に踏め、踏め!と言ってくる。既に100キロ出ているが、
そこからの加速、今まで乗ったどの車よりも速い。

が、肝心の乗り味、グワングワンであります。硬いのなんの。。。
ハンドルも軽微な動きにいちいちボディーがカクカクと反応しちゃう、

「ドドドライブセレクト、コンフォートにしてもらえます?」

「ぷっ、、、ヤワだな・・・」

乗り味は快適そのものになった。
が、もう一度ダイナミックに切り替え。
ミッションは即座に1~2速落とされ、また蹴飛ばされたような加速。

高速出口から一般道で、空いた田舎道を飛ばした。

「踏ませて頂きます!」

楽しい!車重が軽い、と思っちゃう。おんぶの次男を捨ておろした
後のジョギングのよう。
パドルのシフトダウンも無論速いが、いちいちブオッ!ブオッ!とそそる音
が侵入してくれる。

標準装着のドライブセレクト。
エンジン、ミッションの特性を変えれるわけですが、
乗り味も変わる。ところが、カタログにはそこの記載がうすい。
はっきりは書いてないんですね。でも変えるとなると何を変えてるのか。
ダンパー特性、ですよねえ。スプリングのわけはないけど。(オプションの
マグネティックライドは非装着で、それは路面状況に
よって瞬時にダンパー特性を可変させるもの)

あー。S3、反しのついた釘、ですな。
ココロに刺さって抜けません。

« RかSか | トップページ | ああS3 »