« ギター | トップページ | プリウス長所短所 »

2015年6月 1日 (月)

中3の同窓会

が開かれた。毎年やってる。
おとといの土曜、15人ほどが集まった。
毎度の盛り上がりは異常とも思えるもの。
今回は40年ぶりに迎合できた(迎合という言葉が合っている)
コンドー氏が来た(私は一昨年前会っている)のもあって、
狂乱状態に陥った。

氏はイケメンだが硬派一本。勉強もでき頭脳明晰博学多識で雄弁な
理論派だった。誰かがちょっとでも氏の考えにそぐわないことを言おう
ものなら、それは資本主義の理論に反しているじゃあないか
君の思想はマルクスに傾倒していると思慮されるぞこの主権国家に
××で△△で云々かんぬんと早口でまくし立てる。その饒舌ぶりは
担任の国語の先生も舌を巻く。常時いかつい目をしていて、全ての
人間を敵とみなし、舌鋒だけでなく時には拳も振り上げる。
だから男子はおろか重複するが硬派なもんで、女子からも疎まれていた。
私は中3の当時、そのままいくと、こんな風になっちゃうよ、と
石川達三の青春の蹉跌を貸してあげた覚えがある。

ところが一昨年前会ったとき、丸く変貌していて驚いた。
見た目は変わってないが、中身別人。謙虚の塊、と化している。
聞くと大学受験に失敗し一浪、そして大手都銀に入行し、そこらへん
から変わってきたらしい。
当然東大に進んだのだろうと思って聞いたら

「それが、、、
 学習院なんだよ^^;」。

真逆の学校!二浪するか苦渋の選択だったそうだ。

中学時代の言動はいまだに、あの時は異常だった、どうしてなんだか、
今でも判らないんだと苦虫を噛む。石川達三の本のことは覚えていた。

そんなコンドー氏、今回40年ぶりの全員へのお披露目。で、
スタンディングオベーションも収まって1時間もすると、
知らぬ間にいなくなってる。
コンドーはどこだ!
すると、廊下向うの個室で鼻下を伸ばしている。
なんと女子大生をナンパ!しているのだ。
そののち、なななんとうち二人をこちらの席に連れてきてしまった!
普通あり得ないが、コンドーには、もっとありえねー!
人って、変わるもんですねえ。

でも、変わってないことが、ある。
氏は何故だか私の目を見て話さないのだ。他の人に対しては、
きちんと正面で目を見て話すのに、私にはいつも斜に構え、
瞼を閉じ気味にしている。それが中3の時から、変わってない。
私の横に居た東大出のミネ君は、私を怖いと言う。
そうなんだ。怖いのか。
彼らの中の私は変わっていないのか、いやそうでなく、私は
どうして怖いのか。
次回聞かないといけないですね。

« ギター | トップページ | プリウス長所短所 »