« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月17日 (火)

いちご狩りと江の島

日曜は家族でいちご狩りと江の島へ。

2015021513520000

たらふく食っても運動して腹減らせようという魂胆の次男(小3)。
ぐるぐるとお散歩。
小食の長男(中1)はほんとうに少ししか食べなかった。
もったいないなあ。

江の島へは美味いものを食いたかったから。

まずお決まりの展望台に登って、降りるのは

2015021516120000

この外階段。スリル満点です。風強い前回はマジ
怖かった。「気合だー!」と叫んだが一歩が出ず、
私と次男は後ろ向きの四つん這いで降りた。
遺書を用意しようとしたが書くものが無かった。次男は泣いて
いた。エレベーター使えばいいハナシ。きっと笑われてましたね。
今回は風無く、楽勝。

んで次に訪れたのは江之島亭。

ここ、寅さんの「あじさいの恋」で使われたお店なんですね。
前回次男と二人で来た時も探したんですが分からなかったんです。

入るとすぐロケの時の写真があって、そして案内してくれ
座れたのがまさに映画の「寅さん席」!
私、寅さんは大好きで全作ほとんど観てて、更にこの
あじさいの恋は一番よく観た作品なんです。お店の方にも
伝えると喜んでくれました。私も知ってることべらべら
しゃべっちゃって

「あじさい寺からここに移動したんですよね」

「みつおを連れて来ちゃったのがいけなかったねえ」

「いしだあゆみはあのころがいちばんきれいだったなあ
 かがりさん、っていったんですよ」

「加納さくじろうからもらった『内薬ようへん三彩椀』、
 あれを屋台で売っちゃうんですよ、寅さん」

「みつおが公衆電話使ったのはこの店じゃないですよねえ」

煙たがられました。

頂いたのはしらすいくら丼、生さざえ、はまぐり、アジ刺身、
などなど。
美味かった!

2015年2月13日 (金)

これからお通夜です

ナオが写ってる写真を持ち寄って遺族の方に
差し上げようと連絡がありました。
私も何枚かお持ちしたいと思います。

2015021315010000

これが昨日投稿の志賀下見。左上は出発時ですね。
環七の土佐っ子前、撮影者はラーメンをふるまってくれた
部長のヒシダ氏と思います。

2015021315000001

これがお手製のガイドブック。字はナオかなあ。ヒメかなあ。

雪上オリエンテーリングがナオ担当でした。
コンパの時の発表もナオで、盛り上がった!
終盤のゲームから司会を代わった私はタジタジ。でも昨日
書いたようにナオがお婆さんを背負って現れ、大盛況で
終えれました。

ナオはふぐ料理店を営んでおりました。他界したのが2月9日、
ふぐの日です。死んでも盛り上げるんですね(涙

2015年2月12日 (木)

ナオ

他界した友人ナオとの思い出は尽きませんが、一番は学生時代の
志賀スキーでしょうか。
サークルで企画のスキーツアーの下見でした。
私を入れた4名で志賀に行ったんです。車はナオのパルサーでした。
夜行で現地一泊だけ、強行といえば強行です。
出発日は12月の私の誕生日前夜だったこと、覚えてます。
1983年でしょうか。

夜、部長ヒシダ氏の土佐っ子ラーメンの奢りを受け、出発。
後部席にウエハラ、タカネが乗り込み、
ナオが運転の助手席に私が座りました。満腹感も手伝って、
後ろの二人はすぐ爆睡。
ナオと私、話はずっと堪えませんでした。運転代わろうかとの
問いにも

「大丈夫だよ。運転好きだし。
 車にいい音楽さえあれば、俺はどこまでもいけるよ」。

テープをしょっちゅうとっかえひっかえしてました。
彼が大の歌謡曲好きと知ったのはこの時でした。最近の彼の
ブログで知ったことですが、レコードは有に2千枚をこえる
コレクションがあったようです。

 
関越道、当時は上信越道は無かったので、志賀までは高崎で下りて
ただ一般道をひた走るしかありません。
が、無知だった我々は前橋まで行っちゃったんです。無論カーナビ
などなく、何度も地図を広げ調べました。
眠くなったので前後交代。
運転ウエハラ、助手席にタカネが乗り込みます。私とナオは後部で
仮眠。
想像に難くなく、前席二人の判断に打ちのめされます。

「草津まで行けば、山越えですぐじゃん」

草津志賀ルートは冬季は閉鎖。んなこと、知りません。
草津の市街から外れ、威勢よく登って行った山道に、突然、
太いチェーンが渡され通行不能の看板です。
あとちょっと、なんですが。

「戻るしかねえ!」

結局志賀に着いたのはブランチ時。チェーンも
何度も巻いたり外したり、しましたしね。

さんざ滑って夕食後、私の誕生日ってんで酒盛りを始めるや否や、
布団もろくに敷かず、全員爆睡。疲れたんですよね。
朝起きたらワインが倒れてました。

翌日も目いっぱい滑りました。宿で夕飯をごちそうになって
帰ろうとしたところ、目も開けられない猛吹雪。
しかもパルサーがバッテリー上がって動かない。ルームランプが
点けっ放しだったんです。早速押しがけ開始。
積雪量もすごいしチェーンも巻いてるしで、かかるわけが
ありません。冬の一の瀬の夜、氷点下10度はいってた
んじゃないでしょうか。
結局宿の方にブースターケーブルでかけてもらって、
帰途に着きました。

後日無事開催できたスキーツアーは大成功でした。
特にナオ企画のゲレンデオリエンテーリングと
宴会でのその順位発表。進行の上手さは学生の域を超えてました。
宴会では終盤、司会が私に変わって借り物競争があったのですが、
ナオは
「山猿を捕まえてくる」
を引いてしまいました。ところがどこぞのお婆さんを背負って
現れたのは全員ビックリ仰天、爆笑の渦。

今となっては楽しい思い出。ありきたりですが、青春の1ページ
だったか。
彼は私より2倍も3倍も太い「芯」を持った男でした。
本当に残念です。

2015年2月10日 (火)

友人の他界

学生時代の友人が他界しました。残念でなりません。
すい臓がんだった。
闘いっぷりは見事でした。ブログに綴ってたのでデイリーに
拝読してました。
奥さん、お子さん、悲しみはいくばくか想像できませんが、
どうか、元気に、頑張ってください。

2015年2月 4日 (水)

舞子へ

家族で一泊スキーに行ってきました。
長男(中1)は背が異様に伸びて、レンタルスキー、
次男(小3)には長男のを。

2015020120310001

着いた日もですが、夜も猛吹雪。
二日目の帰宅日は風は止みましたけど、雪は深々と降って。

2015020216040001

1日でこうですから。

2015020216040000

次男も手伝って、10分でここまで。

2015020216320000

でもこれで出れちゃうんですから、四駆はすごいです。

2015020216380000

行きは100ジャスで巡航、燃費12弱、帰りは120で
燃費13弱でした。共に渋滞はなし。沼田~石打丸山間は
往復とも積雪。

2015020114470000

滑るより食べる方が楽しい?次男。初日は上まで連れてったら
横殴りの猛吹雪で、号泣

「無理!」

を連発。でも頑張って降りれたね^^

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »