« プリウススタッドレスへ | トップページ | 出し切った »

2014年12月 9日 (火)

腹痛と

下痢続き。土曜夜からです。日曜10回、月曜も10回以上
トイレに駆け込んでいる。ちなみに今日も日付が変わってから
4回もです。
家族から医者に行けと強く言われ、行ってきた。
柴胡桂枝湯と五苓散を合わせて飲むように、と言われ、診察終わり。
柴胡桂枝湯は飲んでたんだが、五苓散も一緒に、というのは
気付かなかった。医者もやるなあ。

私も医療関係者なんでそこそこ知ってるつもりではいます。
少しお教えしましょうか。単純なとこからいきましょう。
例えば。鼻かぜ。
鼻づまりと鼻水って、違うんですよ。
鼻がつまってるのは、奥が炎症して腫れてるんです。だから
ティッシュでいくらかんでも、出てこないでしょう。よって、
鼻水の薬飲んでも、効きません。抗炎症剤(イブプロフェン)
入った薬を飲まないとだめです。これが入るといきなり高く
なりますが。エスタックイブ、なんて有名ですけど、
そのイブは、イブプロフェンの「イブ」なんですね。
喉が痛くなる時もあるでしょう、そういうときもこのイブプロフェン
が入ったのがいい。
バッファリンなんかも最近プレミアムって高いの出しましたけど、
これ入ってます。早く、長く効きますよ。

ちなみに同様の解熱鎮痛だとロキソニンってここんとこ
赤丸急上昇ですが、これはロキソプロフェンナトリウムって成分で、
もっと長く効き続けます。

また、咳が止まらない、ってのは、リン酸ジヒドロコデインの入った
シロップ(佐藤製薬のトニン液やエスエスのブロン液)飲めば、
だいたい一発で治る。咳だけってのは、ヘタな風邪薬飲まない方が
いい。ただリンコデは常習性が怖いんでお気を付けを。

しかしいずれも中枢にはたらかせる。って、なんか嫌ですよねえ。
私は極力飲まないようにしてます。身体をだましてるようで。

反し漢方は中枢に効かせるということとは別です。だから
効かないのもある。
風邪、ひきはじめには葛根湯、とよくいいます。けど、私に言わせ
ればユンケルなんかのドリンク剤の方がよっぽど効きます。
滋養強壮剤みたいなもんですから、私にはたいして効きませんし、
多くの方も実はそのはずです。
とはいいつつ、抜群に効くのもあります。
風邪が長引いてもしくはぶり返して、何やっても疲れる、微熱が
2~3週間続いてるってときは、柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシ
カンキョウトウ)が効いたりします。私は1度救われました。

今これ書いてるのはガストできのこ雑炊を食い終わった午後2時。
午前中に上記漢方を飲んでるからか、今のとこトイレジャックなし。
効いてんのかな??

まだまだ書き足りませんが、薬のことは全部の人に言えることじゃ
ないんでね、やめときますか。

« プリウススタッドレスへ | トップページ | 出し切った »