« 弓ヶ浜へ | トップページ | 相棒 »

2014年9月 2日 (火)

クワトロにすりゃよかったなあ

昨日の弓ヶ浜往復の走行、440キロと
書いたが、計算ミス。正しくは500キロだった(本文訂正済)。
またルートで「天城越え」と記したのは正しくは「新天城トンネル」
です。

今回アップダウン多かったので気づいたこと。
メーター内の充電状況ですが、10くらい目盛りがあって、
これまで、最高位の一つ下(9?)までしか充電されたことなかった。
ですから、そこが最高位とずっと思ってました。
ところがあまりに長い下りが続くのが何度もあって、トップ位置まで
いくことが数度ありました。あ上あるんだ、と知りました。

しかしその際、不思議なことも起こった。エンジンが
かかっちゃってたんですね。エンブレですけど。
本来ならフル充電されてるわけですから、エンジンなど必要ないはず。
過充電を防ぐためでしょうか。要は回生ブレーキを離したい。すると
フットブレーキだけに頼るわけで危ないですから、
自動的にエンジンブレーキを働かせたのでは、ということです。
これはエライと思いました。

昨日も書きましたが、やはりクワトロで行きたかったなあ。
迷いがあったのかもしれない。
西湘バイパスを使ったのも、「大磯あたりで妥協でもいいか」って。
熱海に寄ったのも熱海の海でもいいか、と。そんな考えが出発前にもあって、
つまり弓ヶ浜まで本当に行くのかって。伊豆の突端ですからね。

行き、熱海から熱函道路で三島に抜け、GSへ。
店員さんに弓ヶ浜までどれくらいか聞くと、飛ばせて
1時間半、と言われました。正直、その時、つらいと思った。
真っ直ぐな道じゃないですから、終点までほぼワインディングです。
レシート見ると14時半。16時に着きましたから、言われた通り
でした。

この全行程、もう一度、となると、やっぱクワトロ選びます。
更にもう一度となってもクワトロでしょう。500キロの、
時間的には大半をワインディングに占めるってやっぱプリウスでは
きつい。そう思いました。
でもガス代が半分以下ってのはすごいことですし、空いた直線を
50キロ前後でトロ~っと走るのは、この上なく楽ですけどね。

« 弓ヶ浜へ | トップページ | 相棒 »