« 説教 | トップページ | くどいがこのコーティング剤のすごさ »

2014年5月22日 (木)

ホイール検討

プリウス600キロ走っているのにまだ燃料残3/10。
かたやクワトロ。400キロも走ってないのに、
燃料残は1/4以下、そろそろ給油です。恐ろしい違いです。

プリウスのBBS購入が止まっちゃってます。
やっぱ込み込み24万は高いですよ。しかも盗まれそうって、怖い。
出先で盗られたらどーすんの。

で、他を探すた。と、例えばSSR(タナベ)とかかっこいいの、
あるんですね。しかも込み込み14万くらいで収まりそうです。
10万!も違うんですよ。

BBSは何がいいのか。
軽量、高剛性、高真円性(重量含む)でしょう。

デメリットは
高価。ゆえに盗まれやすい。

デザインは好みが別れる。しかも良いものということが、
普通にはわかんない。走ったら特に。
エルメスのバーキン持って闊歩するのは銀座で価値があるんであって
狛江や田端あたりじゃ意味ねえのと一緒だ。

装着の方々のインプレをネットでつまみ見た。
驚くことに、乗り味は変われど、「良くなった」とは一概に言えないよう
なんです。つまり「軽い=快適」ではない、と。
ハンドリングやロール減などは改善がみられるようですが。

ポルシェ(RUF)のテスト結果を以前読んだことがある。
ホイールは必ずしも軽ければいいということではない、と断じていた。
慣性モーメントは、高速だと逆にある程度の重さが必要。また、重いことで
重厚感が増し、乗り味に寄与するってことだったに記憶してます。

重いバッシューにはバッシューの良さがあるわけで、高価な地下足袋には
地下足袋の良さがまたある。
コピーに、エコカーにも高級車の乗り味を、とあるのは真意か??
でもないと思うんですよね。やっぱバッシューにしましょうか。

« 説教 | トップページ | くどいがこのコーティング剤のすごさ »