« アウディ燃費 | トップページ | プリウス プチコーティング »

2014年1月25日 (土)

BCC

池井戸さんの「オレたちバブル入行組」(倍返しだの原作です)を
読みました。いまひとつでしたが次編の「オレたち花のバブル組」
も買っちゃった。氏は元行員なんで多くは経験談から来るものでしょうね。
池井戸さんの書きたいのは、「人間」なんだそうですね、悪役は
作り上げるけど、陥落させるのに酷い描写はありません。下町ロケットも
そうでした。もっと落としめてやればと思ってしまいますけど。
半沢直樹の方は見てないんで分かりませんが。

経験談からいうと私のサラリーマン時代も、落ちた酷い奴、いました。
しかし落とされて当然って奴でした。同じ営業本部にいたそいつは、
私の1つ下のK課長。課員は7~8名いたと思う。
できると耳にしたことはあったが、どうだろうか、私には上におべっか
ばかり使うアホンダラ課長にしか見えなかった。それは車にも表れ、
XJ(ジャガーです)。上司を後部に乗せコンペに悠々自適に来ていた。

上司(部長)はS営業本部長代理が兼任。これもK課長に劣らず
酷い奴だった。短気で怒鳴ってばかりいる。
当時の営業本部は120名。それを実質仕切っていたS代理、短気
とはいえ、心労はあったろう、500円玉ハゲが右耳後ろ
にあること、知らぬものは無かった。

K課長の最低なところは、課員を課員と思っていない。将棋の駒としか
見ていないところだ。自分が客を持たないから、営業の仕事などせず
管理しかしないんであります。営業職のライン課長でありながら。
当然ミスがあっても自分はペラペラ言いわけ繕って免責、
担当を矢面にしてばかりいた。S代理からも可愛がられてはいたよう
だった。
いつかギャフンと言わせてやれ。
誰もがそう思っていました。

ITの我々営業は見積りを提案書に盛り込んで出すことも多々ある。
正規の見積書でいちいちハンコなんかもらってるヒマ無いし、
提案内容は事あるごとに変わる。明細など当然で、都度課長、部長、
本部長に決済など取ってられない。額によっては専務決済も必要
となる。しかも提案書ができあがるのはだいたいにして夜中、
プレゼンは朝いちだったりする。

そうした折、「事故」は起きました。
課員がk課長にメールで、できた提案書を深夜に送った。翌朝提出のものだ。
提案内容が複雑なので3パターンを同時に提示。モノによって提供額も
当然違うので、提案書に値引き額まで入れてある。
ところが朝それを見るや、お疲れの一言もなく
これはダメだ
とK課長は課員全員に説いた。

**

定価を提案書に盛り込むのはまだしも、値引きの記載は無効。
参考値引きもいけません。ご提供額と記載するのであれば、
別途社内決済の上、「見積り書」を用意のこと。
繰り返すが、提案書に値引きは記してはいけません。

**

そう課員へ説くのが、メール返信でだったことが大きなミス。
しかし彼のミスはそれだけではない。
課員へと同時にBCCで、500円ハゲのS代理にも送っていたんです。
課長として最低。すぐに露呈します。なぜか。

見てそれあその通りだいかんと眉をひそめたS代理、BCCで
受けたメールを
「全員に返信」
しちゃった。しかも宛先に120名の営業本部全員を追加して。
下記の旨が最上段に追記されていました。

**

営業本部各位
K課長の言う通り。
値引きの提案書への記載は言語道断、一切認めません。
全担当は改めるよう。

**

バカという他ありません。
課員の驚きぶりや想像の域を超えてますね。
「今までKが出してたメール、いつもSにBCCしてたのか」
と。K課長はもっと驚いたと思いますが。
BCCは受け手が「全員に返信」しちゃうとバレバレです。
ハイ、K課長、会社来なくなりました。たぶん辞めたかと。
S代理は今出向の身だそうです。

メールでの失敗談、よく耳にしますがね、これは笑えた。
他にもいっぱいありますなあ。

« アウディ燃費 | トップページ | プリウス プチコーティング »