« カラス対策 | トップページ | ラヂヲデイズにて »

2013年7月16日 (火)

320D試乗

BMの新320Dに試乗させてもらいました。
ディーゼルです。いい車でした。足が特に素晴らしかった。

実は先週、体調不良の折も行ったのですが、這って行ったし
顔が真っ青だったからかまた全身ユニクロがばれたか、

「突然来られても、ねえぜ。
 電話予約して出直しな」

と言われ、この連休中に予約して乗せてもらいました。

試乗車はMスポーツのワゴン。いわゆる「なんちゃってM」で、
お目当ては普通のラグジャリーでしたが、ま、よしとします。

燃費は13~14は普通に走ると思ってましたけど、オンボード見ると
10.2でした。これは試乗車で乗りまわされてるのと、アイドリング
が多いからかと思います。この暑さですしお客に乗ってもらう為、
事前に冷やしてることも多々あるようで、実際私のも、既に車内は冷蔵庫の
ようでした。

まず注意したのは、ディーゼルの音と振動でしたけど、
ほとんど気にならないものでした。
さすがに車外でのアイドリング音はガラガラ聞こえますけど、
実際はアイドリングストップするわけですし、また、
車内に入ってしまえば、気付かない人は気付かないくらい静かです。

そして驚くべきは低速トルク、ですね。
1千回転台からモリモリ来ます。2千回せば、
背中をグイグイ押す、V8のアメ車級のトルク感です。
絶対速度はクワチャンと同等でしょうが、こちらは超低速からですから、
かなり走り易い。ゴーストップの多い都内じゃあかなりラクと
思います。

乗り味も素晴らしかった。しなやかで、ハーシュや
不整地をなんのことなく通過します。ゴツゴツ感も皆無。
走行ノイズも室内に入って来ず、とても静か。核シェルター並みです。
NVHはクワちゃん以上と思いました。やっぱ設計年度の違いを感じます。
タイヤなんか、Mスポでしたから、フロントは225でまだいいとして、
リヤはなんと40の255!なんです。しかもポテンザ、しかもしかも
ランフラットですから、それであの乗り味って、どうやって煮詰めたんで
しょう。
感心したのは乗り心地のフラット感ですね。くどいですがアウディの
上です。
クワちゃんはフラット感はイマイチなんですよね。堅牢なシャーシと
共に、キャビンはそこそこ揺れます。それがBMはかなり薄い。

ブレーキもタッチ、効き共に、良かった。
またアイドリングストップにタコメーター針で「ready」ステータスがあって、
全ストしてるか分かりやすく、いい。
これはアウディにも欲しいとこです。

ですが、ギヤポジ表示が、無い。
今何速かって、やっぱ知りたいなあ。

あといただけないのは、ハンドルの重さ。ベン子並み。Mスポだったから
かなあ。

「BMはな、オメーんだよ」

と営業の横顔に書いてありました。

また、ディーゼル特有の振動を消す為、ブッシュ系特にエンジンマウント
などは、きっとヤレが早く来ると思います。5年はもつでしょうが。

しかしとにかく走るのが楽しかった。重複しますが、足が秀逸。クワちゃん
の全然上。
「駆け抜けるヨロコビ」
は健在、しかも燃費がいい。

燃費14で、年間1.5万キロで試算。ハイオク燃費8としてみましょう。

ディーゼル
15000キロ÷14×135円 = 144,642円

ハイオク
15000キロ÷8×160円 = 300,000円

なんと、年間155千円!違う!
320Dは20万円高ですが、2年せずに元、とれちゃう。
うーん。これはいい。かなりココロ、動かされてます。

とはいえ買い替えとなると対象はベン子でしょう。これ下取りゼロで
しょうから、そうすると、6百万がそのままのしかかって来ることに
なります。
ベン子との違い、6百万、と考えると、これは非常に難しい。
でも欲しいなあ。

« カラス対策 | トップページ | ラヂヲデイズにて »