« 好調 ソーラー | トップページ | ベン子車検終えて »

2013年5月29日 (水)

ベン子車検、入院中

今日か明日、仕上がるようです。
ベルトテンショナーについては、具合をよく見て、必要であれば
交換しますから、とのこと。無条件に交換はもったいない、と。
エンジンルームからボワンボワンというのは、W124であれば当たり前で、
1.寒い日に限る。
2.走り出しの3秒くらい。
は、許容範囲内なんだそうだ。ほんとかな。

ま、エンジンのかかりが悪いこと、プラグ交換とイグニッションコイル
交換で直るでしょう、それと、ステアリングのセンター付近でおぼつかない
のは後日足のショップでブッシュ系をみてもらうことにします。


代車でPTクルーザーを借りています。
66,320キロ走行ですが、何もかもがヤレてます(笑)
エンジンはガラガラうるさいし、とくだんトルクフルでもない。
床下からも常にボコンボコンガタンガタン音がする。オートマは
滑りまくりの印象強。

よって飛ばす気には更々なりませんから、
気が急くことも無くなり、
いろんな、車以外のことに考えが向く、というメリットも。また
急な割り込みもドーゾドーゾと何の気にもならないし歩行者やチャリにも
常に優しくなれる。今朝の雨、ワイパー拭き残しが多くても首動かせば見れる。
気にしない気にしない。

しかしそもそもアメ車をこんな悪くさせたのは米国の国策です。
他国の車の関税を異常なまでに高くし、AMGをはじめとする大排気量車は
エコじゃねえってまたさらに課税させる。購入者じゃなくメーカーから
徴収するってのがミソ。
日本もTPPでだいぶ議論かましてますが、私らのように何も知らない
第三者からすれば、こんなアメ車のような農作物を作らせない為にも
早くオープンに、と思っちゃいます。ま、日本人はマジメですから
そんなことも無いんでしょうけどね。

« 好調 ソーラー | トップページ | ベン子車検終えて »