« ちょちょいと洗車 | トップページ | クワちゃん 雑感 »

2013年3月 1日 (金)

トイレにて

次男(小1)とトイレでの会話。まだ一人じゃいけないんですね。
ふんばってる間、付き添ってあげる。と、なんかおもしろい話してよ、
と言われた。

「う~ん、そうだなあ、
 おもしろい話、ねえ、、、
 こないだね、カラオケでさ」

「カラオケ? うたうとこ?」

「そう。
 パパの友達の、タカネっていうのがね、歌ってたの」

「マイクで?」

「そう、マイク持って、小さいステージで、ね」

「おとうさんのしってる、うた?」

「忘れちゃったなあ、それは。それで、ね。
 みんなで聞いてたんだけど、つまんないから、
 タカネを笑わそう、ってことになったの」

「うたってる、タカネ、をわらわすの?」

「そうなんだ。
 そしたらともだちのアゴウ、っていうのがね、
 じゃ、俺が笑わすっていってね」

「アゴウって、名前?」

「そう、アゴウちゃん。
 が、ね、ステージの前まで行ったの、
 そこで、ね、
 ウンチ、したの」

「ウンチしたの!?」

「そうなんだ。
 タカネの前に出てね、ズボンとパンツ脱いで、
 いきなりウンチしはじめたんだ」

「ほんとに?」

「ほんとに、したんだよ」

「ウンチだよ?」

「そう」

「タカネは、笑った?」

「笑った笑った。 
 で、パパも大笑いして、したら、
 その笑い声で起きたんだ」

「起きた、って?」

「うん、パパ、自分の笑い声で、起きた。
 夢だったんだよ、夢。
 夢みてたんだ」

そんな話してたら次男のは出ませんでした。

« ちょちょいと洗車 | トップページ | クワちゃん 雑感 »