« 伯母が他界しました | トップページ | 発電と節電と »

2012年9月21日 (金)

沈黙のファイル

を読んでます。
すごい。まだ途中なんだけど、これは読み終えてもまた近いうち
読むようになるだろう本です。副題が「瀬島龍三とは何だったのか」で、
共同通信社がまとめたものです。
51pw2nx78gl__ss500_
なぜ第二次大戦がはじまったか、裏でどういう工作が行われていたか、
また戦後、満州からの撤収も含めた多くのことを、数々の記録から
史実を検め事実を検証しまとめたものです。

これ、ずっと読みたいと思ってたんですね、実際今半分くらい読んで
きてますが、私なんぞが手にするにはおこがましいくらいで、
恐縮しながら読み進んでます。
今尖閣や領有権で問題起きてますが、これ読むと、んなの、本当は
日本のじゃないんじゃない?って思えちゃいますよ。

「帝国国策遂行要領」って知ってます?第二次大戦に向けて
当時日本の軍部、大本営がたてた作戦です。瀬島氏はまだ若かったので
そこまでは入り込んでいませんでしたが、開戦後は、軍部中枢の
「作戦課」の所属になります。参謀ですよ。
あ、そもそも瀬島龍三さんは誰かということですが、
有名なのだと山崎豊子さんの「不毛地帯」、あの主人公
壱岐正その人です。
陸軍士官学校を首席で卒業、後、「軍刀」を許されました。
特に優秀だった人に限って、天皇から授けられる刀、これを持たされた
数少ない一人です。

開戦時日本は軍部がとても大きな力をもっていました。事実上、
天皇直結の組織でした。史実で残っていることは多く歪められても
います。真珠湾攻撃についても天皇は実はお止めになっていた。

731部隊って知ってます?当時日本が中国に作った、細菌兵器の
部隊です。中国やソ連の人々を何千人も捕虜にとって、その
実験台にしてます。これはあまりに酷いので史実で残っているものが
数少なく、有名なことろですと森村誠一氏が
51rcc4fzdkl__bo2204203200_pisitbsti
でまとめたのがある。私はこれ怖くて読めませんが、
沈黙のファイルにも少し記載があります。
実験台にされる人々はマルタと呼ばれ、ある実験ではマルタを数十人
円形に立たせ、中心に、ペスト菌をたっぷり吸ったノミを撒きます。
マルタは杭に紐でしばられてるんで見動きすらできない。ノミはマルタ
を刺し、細菌に冒されるマルタがどう死んでいくかを記録し、
兵器として使えるか吟味する。等など。マルタとされた中国、ソ連の
人々は3千人とも4千人とも言われています。

まだ半分ですからね、この後もすごい記録が綴られていそうです。

« 伯母が他界しました | トップページ | 発電と節電と »