« 消された一家 | トップページ | オイル交換しました »

2012年6月13日 (水)

次男と公園

日曜は次男(小1)と砧公園へ行った。本当は駒沢公園の要望だったが
駐車場がいっぱいで入れなかった。

2012061013300000
代わりに砧公園はやや空き気味でした。

手をつないで歩いていると、その手が微妙に動く。
右へ少し動くのであれば、右へ行きたい。左への時は同様左へ行きたい。
若干後ろに引く場合は止まれ、ですね。足より先に手に反応が
出る。かわいいもんです。

ドッジボール、バット、野球のボール等を持って行きましたが、どれも
遊ばず、売店のフリスビーを買えという。他にバトミントンだとか
吹き矢(みたいなの)とかいろいろあって、そっちを欲しがってた
のだけど、制してフリスビー350円にしてもらった。
けど存分に楽しめた。
そこそこ飛ぶし、軽くチープな質感が逆に人にもし当たっても大丈夫。
結局3時間ほどいて4時帰路についた。車で次男

「きょうは、たのしかった、ね」

と言う。
公園で遊ぶ、他愛も無いその時間の経過。幸せを感じる時間でも
あった。その一言が私はとてもうれしくて

「パパもね、楽しかったよ」。

暑い日だったけど全部の窓を全開にして風をうけて帰った。
二人でまた他愛も無いおしゃべりをしながら。
家に着いても次男は私にべったり。疲れたから少し本でも読もう。
次男はテーブルで何か作ってる。飴を舐めながら。

「とうさん、これ、あげる」

しばらくして渡されたのは、銀色のセロファンで作った、四角いモノ。

2012061216470000

何の役にたつものでも無い。テーブルを見ると、舐めていた飴の
パッケージ切って貼って作ったものと分かった。裏地の銀が
きれいだったので、それで何か作りたかったんでしょう。

ありがとう。大事に大事にとっておくね。

« 消された一家 | トップページ | オイル交換しました »