« トゥーラン夏タイヤへ交換 | トップページ | ベン子 タイヤ交換 »

2012年3月27日 (火)

プリウスアルファ試乗

Garally_img_car05

新しく出たワゴンですね。
まずスイッチ入れ、表示されてたオンボード燃費は14.4でした。
も少しいいかなと思ってましたけど、実燃費との乖離はほとんどない、
とのことで、試乗車だし、荒く乗られてるからいたしかた
無いんでしょうね。

ハンドリングは決して褒められたものではないですが、
良いと気付いたのは回生ブレーキです。効きじゃありません、
フィーリングです。何度か運転したプリウス(いっこ前)より
数段優れてます。
1年くらい前にレクサスのHS(ハイブリッド。SAIのレクサス版)
運転した時もひっでーと思いましたけど、それは全くなかった。
速度がのってるときはいいんですよ、低速に落ちてきた時、
特に20キロ以下くらいの微妙なコントロール性が悪いんですね、
踏みと抜きの効き加減のアンバランスさ、
しかしその悪さがプリウスアルファには無かったんですよ。
営業さんも気付いていて、改良を重ねて来た結果と思います、との
ことでした。

乗り味も柔らかさの中にコシはありませんでした。
また、座布団多めに感じたセダンも、このワゴンではそうは感じません
でした。リヤは特に薄っぺらかもしれません。長旅では疲れそう。
タイヤが205・60・16のDNAデシベルだったからか、
ノイジーな感じが払われNVHについてはトゥーランより良いかも
しれません。

エンジンは1.8ですが、モーターになったりエンジン助力したり
と、臨機応変に変わって、その技術はやはりすんばらしい、
エンジンオンオフは、よくよく気にしていないと分からない。
むしろ気にかけてると事故ります。
止まった時の静かさは無音ですから、静粛性も当たり前に、高い。
またモーターだけで加速する時の静かさもすんばらしい。
とはいえ、急坂を強い踏み込みで登った時、エンジン音はとても
うるさかった。オフの時とのギャップ、とも思えますが、
その音量、音質は1300のコルトを思い出しました。高回転時の
消音策がチト弱いかも。エンジンマウントがプア、とか。

プライスは7人乗りGタイプで込み込み340万弱(後付けナビ、
ETC含む)。
飛ばす気にはさらさらなれませんから、必然的に安全性も
高いものとなる。

Garally_img_car08

ウチで使うに最大の欠点と思えたのが、後部席に通風孔が無い
んです、7人乗りは。(5人乗りは不明)
夏場は必須ですよねえ。7人乗りはバッテリーをセンターグローブ
内に設置しちゃってるからでしょうが、今後改善されていくかも
しれませんね。

納車は3~4ヶ月待ちだそうです。早くて7月と。
5人乗りはそうでもないらしいですよ。

私がこの車買ったらすぐ足(アブソーバー)をKONIスポーツ
あたりに替えるでしょうね。余裕あったら少し車高を落として
17インチ入れる。
そうすれば楽しいかもしれませんね。

« トゥーラン夏タイヤへ交換 | トップページ | ベン子 タイヤ交換 »