« 優勝の余韻 | トップページ | ルーフコーティングと怪我 »

2011年11月26日 (土)

頭寒足熱

だんだん寒くなってきました。
トゥーランは前も書いたけど、なかなか暖まりません。
室内が広いからでしょうが、それが理由だけではないようです。

私はもともと寒がりで、特に末端冷え性。手や足の指先ですね。
で、トゥーランだけでなくベン子もですけど、末端冷え性には
あまりやさしくないんですよね。

たとえば。

昨日今日のような、気温は低いけど、日差しは強いような日。
車内は暖かい、けど、手足が冷たい。
こういう時、トゥーランはおろかベン子のクライメートコントロール
であっても、うまく機能してくれないんです。冷風が
出てしまう。
手足が冷たいんです!

そういう時は窓をちょっと開けて、温度を28度くらいに
しちゃう。で、足元だけへの送風にする。と、まま満足な按配に
ある。
けど、それって面倒じゃありません?

昔マークⅡ(86年)に乗ってた時がありました。その
機能で、単純極まりないのにとても便利だったのが、
頭寒足熱のボタンです。ワンタッチですね。それ押すだけで
上の風は冷風になってくれるんです。
よかったのになあ。
なんでもかんでも自動にするのって、それにそぐわない人も
いるわけで、だったら単純だけど簡単な機能、残すってこと
なぜできないんでしょうかね。
上記望んでる人、結構いると思うんですけどね。

« 優勝の余韻 | トップページ | ルーフコーティングと怪我 »