« 頭寒足熱 | トップページ | 免許 »

2011年11月28日 (月)

ルーフコーティングと怪我

久々にNさんとお会いした。
同じW202ワゴンにお乗りの方で、とても詳しい。
昔話からもちろん202談議になって、いろいろ楽しめました。
ありがとうございました>Nさん。またお会いしましょうね。

と、驚いたのが氏の202のきれいさ。
まずアバギャグリルがきれいで新品のよう。純正(旧Eクラス)
加工品とのことで、やはりモチが違うのでしょう、
私のアバグリは今倉庫の肥やしになってますが、社外品だからで
しょうか、艶は失せ、フィン一枚一枚がうねってます(笑)。やはり
純正はいいんですね。

と、更におにょろきは、クルマのきれいさ。
うろこ、雨染みの類が一切無いんですね。ボンネットは
おろか、ルーフまでも。これはマジ驚きました。どう見ても
13年落ちには見えませんでしたよ、マジ。聞くとプロのコーティング
の世話になってる、とのこと。。。

で・・・
前置き長くなりましたが、私もがんばりますた!

時間無いのでルーフだけとしました。履歴見ると、ルーフの
磨きは数年やってない。
こういった雨染み、うろこの類を、ですね、

2011112708390001

コンパウンド細目でポリッシャーで磨きあげます。
ひたすら機械に頼って1時間。

2011112708440001

2011112709400001_2

すっばらしくきれいな地肌がでます。

100%は落としませんでしたが、まずまず。
黒なのでこの後超微粒子で磨きあげたいところですが時間が無いので
妥協。オーロラに気付く人もそういないでしょう。

2011112709580000

脱脂後、コーティング剤をぬりぬりして、待つこと2H。

見ると義母が剪定してるではないか。
手伝って、東、お隣境界近くの樹の枝枝を切り落とそうということ
になった。
脚立を高々と組んで、太い幹を5~6本、鋸で大胆に切り落とした。

落ち着いたところで、炬燵にすっこんでる次男を引きずり出して
サッカーの練習をする。

 そうだそう、そうやって蹴るんだ!
 左足でも蹴れるようになれ!
 ドリブルは前傾姿勢で!

絶妙なコーチングに私は酔ってしまった。

 そろそろ休憩にするか!

球が私の方に来たので、後ずさりしながら
逆ドリブルをしようとした、ところ、なんと
後ろ向きにすっ転んでしまった。
あわわわわと叫びながら生け垣に手をついたところ、木の枝が
右手に刺さってしまった。そして肘には、塀を擦って作ってしまった
大型サラミが。

枝は右手薬指の根元に深くぶっ刺さっており、激痛を伴いながら
抜くと、肉の中から肌色のヘンなものが飛び出してきた。膿のわけ
ないだろうと、慌てて舌でそれを押し戻した。思うに腱だったの
かもしれない。

肘擦りキズの大型サラミ(直径15センチ)は血だらけで、消毒薬を塗布したら
痛さで脳が割れそうになった。

きっと木を伐採したことでの祟りなのだ。義母も少し前
大木を根元から切った折、気持ち悪くなって庭に倒れ込んだことが
ある。あわて切り株にお酒をまいて手を合せた。
そののちもう一本切った時はお隣の旦那に手伝ってもらったが直後に
隣の壮絶な夫婦喧嘩が勃発した。
ということで祟りは本当にあるのだ。

  
 
コーティング剤は、塗ったはいいが怪我でふき取りが
できなくなってしまったため、今度は首まで炬燵の嫌がる妻に
土下座。

「ふき取りだけしてください!」

おかげさまできれいになりました。
ということで施工後の写真無し。

2011112620300000

私の怪我によろこぶバーロー次男。

« 頭寒足熱 | トップページ | 免許 »