« いたずら好き次男 | トップページ | 周五郎作品 »

2011年7月 4日 (月)

次男の新手

妻と次男(6歳)と私の三人で玉高に買い物にいった。次男の半ズボンを
買ってあげようと試着室に入れ、着替えさせた。

「いいよお~
 あけてえ~」

中から元気な声がしたのでスパッとカーテンを開けると、
フルチンで満面の笑みの次男がいた。
パンツを下まで完全に下ろしきり、チンチン持って
こちらに向けぶるんぶるん振っている。
あわててカーテンは閉めたがバーゲン中で試着列ができていた(ラルフです)
こともあって、多くの方々に踊る現物をお見せするはめになってしまった。
 
チンチンいじりながら

「カッチカチやで!」

と叫ぶのはザブングルの衰退と共にやっと収まったところだが
今回の新手は想定外だった。しかしいつまた新技で攻撃しかけてくるか
分からない。

どうしてこうも下ネタ好きなんであろうか、
誰の血だろう私か妻の家系か、でよく議論になる。どちらも
譲らないが、まあいい、私の血としておこう。

« いたずら好き次男 | トップページ | 周五郎作品 »