« プリウスワゴン情報 | トップページ | グリル上端部のツラ合せ »

2011年5月13日 (金)

トゥーラン燃費

連休のことだけど、トゥーランでラディソンへ一泊してきた。
622走って(うち旅行では200キロ弱)52リッター、
実燃費は12だった。ちなみにオンボードは13.5。
エアコンはほとんど使ってない。

オドは2.4万キロ。乗り味はだいぶマイルドになってきた。
替えたタイヤ(アドバンデシベル)の恩恵も多分にあるが、
アブソーバーもだいぶ緩くなってきた気がする。
実際は2.4万中、5千キロがKONI-FSDなので、
今のアブソーバーでは2万弱か。あと1万キロくらいでもっと
しなやかになるかもしれない。けどそんときはおしゃかが近いんだろう。
 

連休中には身内のお通夜もあって、私はぐでんぐでんに酔ってしまい、
妻運転の後部席に乗った。
義母助手席、子供二人と私が後部席だったが、さすがにこの人数だと
低速域でもそこそこやわらかくて、よかった。速度を上げるともっと、いい。
やっぱアウトバーンの国の車ですね、強く感じました。

燃費は、これからエアコン多用の季節になるから、もっと落ちてくるだろう。
これまでのデータだと、
不使用
10.3
使用
8.1
だから、二割落ちということになる。またパワーも削がれるから、
ま、これはダウンサイジング(排気量)車の宿命でもありますから、
しょうがないですね。

従兄弟がピカソを買ったのが、納車になったようだ。
気に入ったので仕事用にC5セダンも買ったとのこと。
いいなあ。
トゥーランはアドバンデシベルで、確かに音は静かになりましたけど、
荒れた路面のざらつきが見事に車内に入ってきてしまう性癖は変わらない。
これはシャシーの問題なのだな。見切りをつけることにします。

シトロエンはいいんだろうなあ。いってみたいですねえ、私もフランス車。
二台ドイツ車よりも、ね。人生、遊び心必要ですよね。

« プリウスワゴン情報 | トップページ | グリル上端部のツラ合せ »