« ワイパーゴム交換 & 茨城へ | トップページ | ベン子 車検 »

2011年5月30日 (月)

楽しかった茨城帰路

アラゴは硬めようといったんF4R5に締めたけど、硬すぎたし
ピッチが顕著に出たので、向こうで晩飯をたらふくご馳走になって
まだ胃が重いことを思い出してすぐF10R11のヤワな設定に戻し
そのまま帰ってきてしまった。
潮来で高速に乗ると前後左右誰もいないので思いっきり踏んで
スタビリティーを楽しんだ。
ヤワな設定とはいえ、やはりアウトバーンの国の車なんですね
160前後がとても素晴らしい。

会社員の頃だけど、部内のコンペ後の帰路、自称飛ばし屋の
KR君(シルビア)が、高速で勝負しましょうと言ってきた。
でも彼、160くらいまでしか出さないので業を煮やしてパッシングして
どかし、トップ5千回転まで回して巡航した。全くついてくること
できなかったようだ。私はとくだん飛ばす気で踏んだつもりはなかったけど、
ベン子というのはそういう車だ。

ベン子は低速では顕著なアクセルの不感帯が、高速で無くなる。
といってもシビアで操作しづらくなるとかいうのではなく、緩くもなく、
大人っぽくなるのがとてもいい。回転域だと4500あたり。エンジンは
もう12万キロに近いのに、もっと回せ回せと言ってくれる。

トゥーランの高速走行も安定してていいけれど、あの車は
飛ばす気にはなれないのが不思議です。ついつい燃費計とにらめっこ
しちゃうからだろうか。90ジャストが表示上は一番いい。20くらいに
なります。
ベン子は表示はもちろんないから、乗り味だけ楽しみます。音楽も聴かない。
トゥーランは加速が楽しい。それとキビキビしたハンドリングと。けど
高速域の楽しさはベン子の足元にも及ばない。

ガスは満タンにしてないから燃費は分からない。
メーターは400弱走ってもうすぐエンプティーが点くかなというところ。
でもうち100キロはかみさんの街乗りが入ってるから、また燃費はそうは
伸びないだろう。9弱かな。

« ワイパーゴム交換 & 茨城へ | トップページ | ベン子 車検 »