« ISR | トップページ | 夏タイヤへ交換、天井剥がれ修理 »

2011年4月28日 (木)

玉子好き次男

半休だった昨日のこと。
夕方になって、きょうはおでんにして、と、
次男(もうすぐ6歳)が妻に晩飯のリクエスト。でも
「ママ、たまごは買ってこないでね」と買い出しに行こうとする
妻へ言う。
何故だか、彼はおでんの具、煮玉子がいちばんの好物のはず。
すると次に私にお散歩に行こう、と手をひっぱる。

「おさんぽでね、お財布をね、ぜったいもってってね!」

なんでだろう、喉が乾いたらジュースってパターンか

「うん、いいよ。お金もってって欲しいのね」

「おかね、入ってる?いっぱい、いっぱい入ってる?」

「うん、入ってるよ、大丈夫」。

二人で玄関を出た。
次男いきなり走り出した。とことことことこ前を走る。
小さい身体を揺らし、これまた小さな腕を前後に振りながら、
一生懸命、走る。
日々縄跳びに勤しんでる私だがすぐねをあげた。
いちおう毎日200回は飛んでる。早2カ月が経とうとしてて、
二重跳びは10回は楽勝、とまでなった。これは石持ち、
尿管結石が持病の私にとってもいいのです。

とはいえ足が上がらなくなってしまった、だめだ、
だめだめ、もっとゆっくり行こうよ、歩いて行こうよ、
と息を切らしてたしなめるも、こっちこっち!と道まで指定、先導して、
さっさと前を行く。

ここだよ!ここ!

そうこうして10分ちょっとで着いた先は、卵の自動販売機だった。
小さな養鶏場があって、そこの方が生卵を売ってるのです。生みたてで
おいしいと評判。

「ほら、おかね、おかねもってきたでしょう、かおうよ、かおうかおう」

そうか、ここの卵を買いたかったのか、で、この卵をおでんの具に
して欲しかったんだ。

9つで300円。少し高いが、美味かった!
夕食のおでんは次男、煮玉子4つをたいらげた。私はゼロ。生卵で
飯にかけて頂いた。プリッとしてて良かったし、黄身の味が抜群。

それにしても前を走る次男のかわいかったこと。タフだねえ、キミは。
こうしてだんだんと成長していくんだね。
また買いにいこね。

6b02

写真は生後半年の。

« ISR | トップページ | 夏タイヤへ交換、天井剥がれ修理 »