« プリウスの快適性 | トップページ | 音 カーステとダイアトーンと »

2011年3月31日 (木)

テレビ買った

Kicx0195

先般投稿通り、三菱のダイアトーンスピーカーのもの。
昨日来ました。
こういうご時世だから買おうかどうかまよったけど、
何より経済冷ましちゃいけない、3月決算でもあるし、
コジマに駆け込んだんです。

いつもの馴染みの店員さんに相談したところ、
以前別な店で19万が限界です!と電卓示されたのをずいずいずいっと
下回る価格出してくれましたんで即決でした。

で、肝心の音。

すっばらしい。これぞ日本の誇るダイアトーンです。

Kicx0197

とはいいながら昨夜は子供らにうばわれっぱなしでした。

最上の写真、ボケてるっぽいでしょう、これは疑似3Dなんですね。
メガネで見ると見事に3Dです。

今回買った目的は、自宅パナソニックを買い替えたい(音が前に出てこない。
パネルに入れ込んでしまってる為)、と
実家テレビがアナログなので、
ウチのをそこに移設したいからでした。

ダイアトーンにして音の良さに驚きましたけど、正直もっとビックリは、
移設した実家でパナを付けたら、音、ぜんぜんいいんですね。

以前も書きましたけど、パナはスピーカーが下部にしかない。
前面に無いんですね。で、画面裏に穴がいっぱい開いてて、そこから
音が多分に出るようになってます。スピーカーはコーン面からだけでなく、
裏面からも同量の音が出るんです。だから自宅ではその裏面の
ものをパネル(テレビボード)で見事ふさいじゃってたってことです。

ちゃんと調べとけば自宅のは最初っから前面スピーカーのを
選んでたでしょうけどね、ま、実家に移設できたから
よしとしましょう。

« プリウスの快適性 | トップページ | 音 カーステとダイアトーンと »