« ベン子 バンパー修理完了 | トップページ | お年寄り(2) »

2011年2月 2日 (水)

お年寄り

おトシの女性がご来店。たまに来る方。
この体温計の使い方が分からない、申し訳ないが
教えてもらえないか、ここで買ったのではなく、本当に悪いんですが、
と、テルモの体温計をバッグから出された。
お尻の先をチョンと押せば電源が入るから、それで大丈夫です、
と教えてあげた。
申し訳ない申し訳ないを連発後、千円札を取り出し、
これ、手間賃ですから、と私に握らす。
頂くことはできない、と私。しばし押し問答。
ではコラーゲンのドリンクを差し上げましょう、と千円は受け取って
お釣りを渡そうとすると、そのお釣りも受け取ってくれない。

「私の気がすまないの・・・」

「そのお気持ちだけ頂ければ十分です」。
 

店の前を掃除してるとき。こんどは違う高齢の女性客。

「これから時計屋さんにいくの」

と言って歩いていったがしばらくして引き返して来た。
腕時計のベルトが切れちゃったんで行くんだけど、、、
あなたできないかしら、と言う。
工具を用意して替えてあげた。わに革のちょっと良さそうなベルト。
できました、と、腕に巻いてあげようとしたら、なんと
ベルトが根元で切れてしまった!古い!
この時計を買ったときにスペアでついてたもなのとおっしゃるそれは
ちょうど曲がるとこが既に朽ちててぼろっと剥がれちゃったんですね。

しょうがない。古い切れてしまった前のわに革の、どうせ捨てるってんで
その表面を薄くはがして、それを新しいのの切れた部分に
接着剤で貼ってあげた。これで死ぬまで使えるだろう。

お客は千円の商品券を私に握りしめさせた。釣りはいらないから、と。
受け取れない、とまたしばし押し問答。少し高いドリンク剤
二本を鞄の中に押し込んであげた。

気風がいいのもいいんですけど、振り込め詐欺にあうお年寄りも
いっこうに減らないようです、場合によっては、被害にあってても、
それにも気付いてないヨボヨボも多いんだと。

先日NHKでやってた新手の詐欺。やはりお年寄りがひっかかった。

まず警察を名乗る男から電話。
あなたの口座から、詐欺集団によって不正に出金された
可能性がある。もし出金されたのであれば、それは戻って来るので、
後で銀行から電話が入りますから、話を聞いて手続きを踏んでください、と。
えええ~!それはまずい、でも安心していいんですね、と納得して
電話を待つ。
後、銀行の口座保全課です、みたい名乗る男から電話がかかってくる。
やはり不正に出金されています、が、返金しますので
安心してください。ついては、あなたの銀行のカードを用意しておいて
ください、それで手続きを踏みますから。
取りに来た男にお年寄りは何の疑いも無くカードを渡し、
暗証も教えてしまう。
教えるな!

« ベン子 バンパー修理完了 | トップページ | お年寄り(2) »