« 体調悪 | トップページ | 7Gプラス »

2011年1月20日 (木)

風邪薬

一昨日体調悪い、とブログしたあと、マジ酷くなってきたので
仙川、狛江と仕事で行ったあと直帰させてもらった。
家で体温測ると39度!
だから昨日は終日休ませてもらった。
かわいそうだったのが次男(5歳)で、わたしと一緒、やはり39度
まで上がってしまったのでした。
昨日は幼稚園の公休日だったので、多くの友達らとボーネルンドに
大集合の予定で楽しみにしてたのが、それにも行けず、なんでだめなんだ
いちたいいちたいと発狂。
私は行かせてやったら、と温情に言うと他の子に
うつしちゃうでしょう!と妻に叱られてしまった。

風邪の時、私は早めに風邪薬を飲みます。
サラリーマン時代はそうでもなかったけど、もういい年
ですし、やっぱ飲むと効くんですよ。
お世話になってるのが佐藤製薬のストナアイビージェル。
イブプロフェン主体なんで、解熱鎮痛と抗炎症も期待できる、
で、私にはプラセボ効果とも相まって(と思うんですが)、
相性も良く、副作用も弱いし、2日飲み続けることはまずないほど
適度に効いてくれます。

プラセボ効果って、皆さん知ってます?
これ効くんですよ、と言われて信じて飲むと、ただの粉(小麦粉だったり
する)でも本当に効果がでちゃうんですね。

今日の朝刊ですけど、武田で少し前から出てた痰を切るある薬、
効きがほとんど無かったことが最近分かったとのことです。
プラセボで試したそうです。慢性副鼻腔炎約300人の半数に当薬、
半数に疑薬を投与したところ、共に6割の人の症状が改善した
との報道でした。「共に」ですよ、つまり疑薬の人はただの粉を
飲んだにすぎないのに、効いてしまった、ということ。
反して「薬」を飲んでるのに、6割の人しか効かなかった、というのも、
ちょっと悲しいですねえ。
副鼻腔炎(特に慢性)は結構つらいんですよね。
この薬で治ったって人は、ただの粉を飲んでても治った可能性
があるわけですから(笑)

そうそう、風邪薬に話を戻しますけど、発熱の後は、ほとんどと
いっていいくらい、鼻が出てきます。
鼻水って、すんごく良くないんです。先の副鼻腔炎に発展し易い、
だからたとえ風邪薬は飲まなくとも、早めに鼻炎薬は飲んどいた方が
いいと思います。成分にはアセトアミノフェン
(解熱鎮痛が期待できます)が入っているものもあるので、
これだけでも十分いい。賢く選んで服用しましょう。

« 体調悪 | トップページ | 7Gプラス »