« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月29日 (金)

エコラン

今朝は自宅をいつもより早く出て、トゥーランで
エコランを試してみた。
急加速はしない(後車いないとき)、制限速度厳守(同)、
エンブレはつかわずブレーキ主体(ギヤを1段あげる)
等を守った。
平素13前後の燃費だが、変わらなかった。オンボード表示ですけど
ね。いつも通りです。キビキビ走ってもトロトロでも、
そうは変わらないということでしょう。

発進はよく聞く20キロまで5秒で、ということ。もちろん
後ろに車いないときだけ、ですけど、トロいですよ。
私はいつもこれっていわれたら発狂しそう、ママチャリにももちろん
ブチ抜かれます。

変化は一点でだけ見られた。ゴリラナビのエコモード表示にすると、
Aランクとなりました。急加速か否かの表示も満点、エコ速度か
どうかも満点、でしたね。
(ちなみに普段の加速評点は20点くらい)
それと、かかった時間が普段45分に対し、今朝50分。

使った道はちょこまかした裏道ばかりで、もち渋滞はなし。
後続車がいる時は流れに乗る加速しましたから、迷惑はかかってなかった
でしょうけど、毎日毎日これじゃあ、ストレス溜まって
車にもストレスになりそう。プラグかぶらないですかね??

2010年10月28日 (木)

ディーラー営業さんご異動

トゥーラン満タンにして燃費10.4だった。
ちょこまかでても500キロは走っちゃうのがとても
助かる。これでレギュラーだったら文句ないんですけどね。

反しベン子は5.2。
アメ車か!
300キロも走らずエンプティーサイン。遠出すれば伸びるけど、
妻のアシとなってる今はこんなもん。

早くCT200H試乗できないだろうか。楽しみでしょうがない
我慢するのに必死です!


最近はアイドリングストップ機構がついた車が多くなりましたけど
バッテリーの寿命はどうなんでしょうかね。
例えば日産のマーチなんかもニューモデルにはつきましたけど、
ちゃんと回生ブレーキがついてるからいいと思えますが、
マツダのには回生無いんですよね。ええ、iストップってCM
バンバンしてたと思いますけど。

うちに毎日来るある業者。ちゃーんとエンジン止めて店内に
入って来ます。1~2キロ走ってまた違う店着いて、また止める。
を午前中だけで20回は繰り返すんだそうです。だからバッテリーは
2年もたないんだと。車はトヨタヴォクシー。もちろん
回生ブレーキもアイドリングストップもついてません。

さらに、マツダ車のストップ機構は、すんごい違和感があるんだ
そうですね、オフ、オンの。燃費良くしてもバッテリー寿命短くしちゃうの
はたまた違和感だらけなのって、本末転倒と思います。例えば
右折待ちで急発進したい時ってけっこうあるじゃないですか、そういう時
いちいち止められちゃうの、怖くないですかね??
左折だって歩行者いると止まったりするでしょう、それだけで
エンジン止めちゃうの??交差点「止まれ」もしかり。

マーチはハンドル切るだけでエンジンかかってくれたりとか
するようですけど、私はいちいち止められてたら逆に燃費悪化
すんじゃないかなあと。「止まれ」の多いここ世田谷あたりじゃ逆にガス食いそう。
しかも回生無いんだからバッテリー2年持たないでしょう。夜ライト付けて
の信号待ちも全負担ってこと??雨の日のワイパーやヒーターも??
  
  
昨夜ですけど、帰路、前を走るホンダのインサイト。
ハイブリッドですね。加速がのろいんです。すんごく!
きちんと速い車ではあるんですよ。
が、インパネの省エネサインとにらめっこしてるんでしょう。
後ろの車、またその後ろ、と多くの車がつながってるわけですから、
キビキビと加速してもらわないと、最後尾はどん詰まり状態に
なります。ラジオなんかでも20キロまで5秒の加速で、が省エネに
つながります!なんて言ってるけど、それあ後ろに車がいない時
の条件付きにして欲しいですよねえ。
そのインサイトは広くなったところで左からブチ抜きました。
2車線になっても右車線走ろうとするところがまた気に入らなかった。

トゥーランのナビ(ゴリラ)にはエコモードってのがあって、
これにすると、どれだけエコ走行できてるかってのが表示される。
私はスパっと加速派なんで、いつもだめですね、よくてBランク。
Aには絶対行かない。しかもビギナーモードです。
「ゆっくり加速しましょう!」
って言われちゃうんですけど、私には充分ゆっくり発進してるつもり。
後の車のことちゃんと考えてますから。
でもこれだけをまともにうけて走ってる人って結構いるんじゃないかな。
先のインサイトもそうだったんでしょう、プリウスなんか
そういうの、よく見受けられますから。
 
 
マーチはアイドリングストップ付いてるニューモデル、
カーグラフィック誌10月号のテストでは、900キロ走って(高速含む)
総合燃費は12.7だったそうです。イマイチですね。
私イチオシのVWポロなんか、たぶんですけど同様のテストで
14は下らないと思います。
「国産車がマジでヤバイ」ほどいいようです。渡辺敏史さん(MJ)
がおっしゃってました。
 
先程VWの営業さんが来られました。なんでも異動で他店に
移ってしまう、とのことでした。非常に残念です。今のとこCTに
ココロ動いてますが、ポロGTIも試乗してみれば、それはそれは
かなりグッとくるものあるでしょうし。ま、他店行っても売れますよ、
あなたならね。がんばってくださいね。

2010年10月25日 (月)

ポロのサイズ感っていいですね

長男(9歳)に買ってあげた自転車に
はじめて乗った。
すんごい乗り味がいい。ビックリ。

P1010001

シャーシがいいんですね。ガッチリしてます。
それで着座位置がまたいい。ミッドシップ??ブレーキもコントローラブル
で気持ち良かった。

こんな運転しやすい自転車、パパの時代は無かったよ、
というと、そうそう、ボクもいいと思ってるよ^^
だって。わかってんのかなあ。

車も。
ベン子があれだけ運転しやすいというのはいろんな
要素が重なって成し得ているのである。一つ一つは軽微なものかもしれない
けど、それでトータル素晴らしくよい印象として、残る。バッテリー後ろに
積んでまで重量配分にこだわったり、苦労してショートノーズして回頭性良くしたり、
真綿締めるようなブレーキ特性だったり、中高速で抜群のステアリング
特性出るよう味付けしたり。。。
なかなか手放せないワケですわな。

レクサス。マイスター成瀬さんが味付けしたCT200H(スポーツタイプ)
も相当いいもんになってると思います。早く乗ってみたいですが
早くて2月3月でしょうか。。。遠いですね。

もうひとつの候補、ポロGTI、こちらはもう売ってますが、試乗車は
まだないんだそうです。
いいのは、サイズ感でしょうか、コンパクトさがかなり
好評を得ていますよね、ゴルフじゃあ大きいんです。ゴルフは
モデチェンの度、進化してきちゃってますが、その度合いが割と
大きいんです。ゴルフⅡの大きさ(現行はⅥ)が今のポロの
大きさと思います。何度も書きますがアウディA4は進化しすぎです。
A6なんて、バカがつくほどデカイ。A8はハマーと化してます。

ポロは渡辺敏史さん(MJ)も、ノーマルでさえ絶賛してます。

017_o

長男の自転車も、小さいからシャシーとの一体感みたいなの、強く
印象に残りましたけど、ポロのサイズ感、シャシーも同様、
いいものありそうですね。

2010年10月23日 (土)

ガス代試算

ベン子の年間ガス代は13万。
トゥーランは21万だった。計34万だ。
走行はベン6,600キロ、トゥ15,000キロ。

私がハイブリッドに乗り替え、かみさんがトゥーラン乗りに
なったらガス代はどうなるだろうか。

まずトゥーラン走行分のガス代をハイブリッド車で換算。

15,000キロ÷18×128円≒107,000円

ベンの方をトゥに置き換えてみる。

6,600キロ÷10×138円≒91,000円

年間想定計198,000円

年現状34万に対し19.8万か、スゲーな。14万もガス代が
削減できるのか。3年で42万、5年で70万だ。

と計算してんのも、やっぱ気になるんですわCT200H。
このブログも「CT200H」でひっかけて来る方が多くなった。
興味持ってる人多いんですね。

こないだ富士で試乗会が行われたの、レクサスの営業さんも
行ってたようですけど、ネットでもインプレが見れた。
「CT200H試乗」でヒットする。熊倉さんとか吉田匠さんとか
大御所が試乗されてますね。
しかし富士といっても外周路。サーキットじゃなかったみたい。

022_o

スポーツモデルの乗り味がかなりいいようだ。成瀬さんって
有名なマイスターが味付け担当されたんですね。しかし
残念なことに成瀬さんは6月、ニュル郊外で他界してしまったんです。

http://www.youtube.com/watch?v=30KOwQDctOM&feature=related

イエローのLFAが成瀬さん、エンジのBM(?)が
相手でしょう。訳せないんで分かりませんが、右側通行なわけですので
なぜLFAが左側にいるのかが、どうも解せません。

話をCTに戻して。
スポーツタイプについては吉田匠さん、熊倉さん共に絶賛してる。
乗り味が相当いいらしいんですね。
17インチ装着車であっても、16履いてるLグレードより
丸いらしい。ハーシュネスとか路面のうねりも
見事にいなしてくれた、とのこと。
もし買うとしても真ん中のグレードで、足は替えて
楽しもうという考えはあるけれど、成瀬さんの味の選択もアリかと
思ってしまう。

レクサスの営業さんには、A4クワトロアバントとポロGTIと
CT200Hで悩んでます、と正直に伝えた。と、
A4は大きくないですか?
とすぐ返された。
そうそう、そうなんですよ、実は実家に入らない、と
応えましたら、旧A4からレクサスISへの買い替えが結構
いるらしいんですね。現行A4は大きくなった。先般も書きましたが
1800を超えちゃってる。立駐に入らないからどうしようもない、と。
うちも同意見です。A4の進化は早すぎ。もう少し踏みとどまって
欲しかったですな。

くどいけどCTには私もだいぶココロ動いてます。W202も大好き
だけど来年7月は車検だし、もう13年選手。遠出で使うこともない、
街中はかみさんだけに使われてるってシロモノだから、
プリウスでもいいくらいなんだけどね。ま、それじゃ私がつまんない
んで。
じっくり悩んでみようと思います。
といいながら、私がCTばっか乗るとかみさんがトゥーラン乗りに
なるわけで、、、眉ひそめられそう(笑)。
じっくり話し合いましょうか。
  

2010年10月22日 (金)

GTRのマイチェン

13_l

きれいなバッグでしょう。

日産GTRがマイチェンしたようですね、11年モデル。マイチェンとは
いいながら、ほとんどフルチェン並み、とのこと。

最上級は
「GTRエゴイスト」
ってグレードで、なななんと1千5百万!

07_l

で冒頭のバッグはおまけでつくそう。フェラーリなんかもね、新車はバッグ

ついてるんですよね。(今も??)

でもあたしゃ年収1億あってもGTRは買いまへん。2億でどうか。いやいや

10億だったら・・・なんて、考えるのやめときましょう。

2010年10月21日 (木)

マナー

先日の投稿、CT200Hでもうひとついいところ、書き忘れて
ました。
最小回転半径ですね。5.0mなんです。たしかベン子で4.9m。
現行のCクラスやBM3シリーズなんかも5.0だったと思う。
優秀ですわ。トゥーランは5.2と思いました。
ここ世田谷辺りの細い道で5.0は本当に助かります。

 
話変わって。

嫌な走りするやつ、いるもんです。一昨日夜環七で。
ひどく悪質な割り込みで入って来たのでハイビームをくらわせて
やった。
しかしその後がまた悪い。私を抜かさせないんですね。
別にこっちは抜かそうと思ってないんですけど、右へ左へ揺れ揺れで、
妙な走りばかりする。急ブレーキ踏んだり。急加速したり。
黒のピカピカのセルシオ。ナンバーは8888のフルスモーク。
チンピラかなんかでしょうか。甲州街道との交差点で
広くなったところで思いっきり左からブチ抜いてやりましたけど。

ネットで見て笑いました。ヤフー知恵袋。「黒のセルシオで
ナンバー8888は怖い方ですか」、との質問。
ベストアンサーに選ばれた応え

 近づいていいことは一つもないのは間違いないです。
 アホだなぁと思っていればよいのです。
 彼らは本当にバカなので、切れたときはなんでもしますから。

しかし思うにフルスモークというのは違反なわけですし、
パトカーもこれだけうじゃうじゃ走ってるんですから、
捕まえりゃあいいですのに。怖いから捕まえんのだろうか。
 
 
バイクでもマナーなってないヤツ、最近多い。こないだも。
左から抜いてったのはいいけど、その後ず~っと前をダラダラと
走ってる。その前には誰もいないんです。抜いて入るくらいなら
そのまますっ飛ばして行ってくれりゃあいいもの、入ってきたとたん
トロトロ走る。こういうの、すんごい嫌いなんです、で、
外からブチ抜きますた。
信号待ちで並ばれると睨まれましたけどね、構いやしません
窓開けて睨み返すと、首を正面に戻してらっしゃいました。

HSを試乗させてもらってる時も。レクサスの営業が助手席に
いましたけど、馬事公苑沿いの道で。対向車線にトラックがとまってた。
向こうからメルセデスS(現行)が来ました。止まりませんねえ。
想定内ですけど優先度はこちら100%なんです。通り過ぎる時
見ましたけど、窓枠に肘立てて(右ハン)顔見えないようにしてました。

「これだからS乗りは嫌なんですよ」

と言うと、営業さんも頷いてましたね。

車というもの、それは大きさとかも含めてですけど、
ステータスが高いものは、それなりの運転をしないといけない、これは
中国人でも知ってることです。

 大いなる力には大いなる責任が伴う

幼稚園年中のウチの次男でも知ってる。映画少林サッカーで知った
んですね。ちなみにスパイダーマンでも言ってます。

そうそう、中国はレアアースの輸出をだいぶ制限しはじめた。
CTの生産にも影響大でしょう。
南米チリ落盤の救出劇知って怒ってるようですよ、中国は年間
100人以上が鉱山の落盤で亡くなってるんですね。なんでチリは
助けるんだよー!と。怒る矛先を日本に向けないで欲しいですよねえ。

2010年10月19日 (火)

HSに試乗とCHについて

レクサスのハイブリッドに試乗させてもらいました。
HS250H

02

正直、ダメですね。これあ。全然だめ。だめでした。
私が車に望むものの対極に位置してる車だこれあ。

トヨタもわかってんでしょうね、だからCT200Hで
スポーツ感っていうか、運転してて楽しいっての、出すわけ
でしょう。

HS250Hは、まず重い。ハンドリングももったり。
で、シャシーも想像に難くなく、モワモワ。運転してて
何がなんだか分かんない。
サスの動きも妙で、酔いそう。ひょこひょこ変な動きなんですよ。
車重があるからスプリングをそこそこ硬めにしたのに、
シャシーがついてってないって典型的なパターンのやつですね。

CT200Hは乗り味がこれだと困るなあ、って思ったら
察した営業が、
絶対そんなことないです、と言う。
なんと先週、CT200H(もちプロトタイプ)で富士!を
走ってきたらしい。一周しかできなかったということだけど、
そのハンドリング、足は

「かなりいいものでしたよ^^」。と。
 
 
で、HSに話もどすと、回生ブレーキ。これも
30分弱の試乗では馴染めなかった。ってか「ブレーキ」として
みると、正直気に入らねー。
踏むとウィーンって音がします。これは
「モーター逆回転させてますよ」
って言ってる、つまり充電してる訳ですからそういう
フィールがあるわけですけど、止まる直前のきつめのブレーキを
何度か試した中では、思うように止まったり止まらなかったり、
強く更に踏み込まなくちゃならなかったり。
正直これに慣れるのは結構時間かかんじゃないか、と思いました。
でもね、それでパワー蓄えてんだったら、我慢しようって
気にはなりますけどね。

ベン子もトゥーランもそうだけど、オートマ車は止まる直前に
ニュートラルに入れると、ブレーキの効きが実にいい。ふんわりタッチで
真綿を締めるような柔軟さがそこに出る。ハイブリッド車のブレーキには
そこも期待したんですね。一定速度以下になればエンジンはオフになる
んですから、効きはクリープの無い、ニュートラルな味が出ると思った。
けど肩すかしでした。ずっとオートマのブレーキ、でした。

試乗車のHSは平素社員が通勤でも使ってるっていうもの。
オンボード燃費見ると、15.9。もっと良くあって
欲しいと思いましたら、実燃費(満タン法)とそう乖離が
無いんです、と。
トゥーランはオンボードと全然違うから、そこんとこは
さすがメイドインジャパン、ですな。

CT200H。気になる価格は、
ベースモデルで350くらいだろうか、と。
最上級はレザーシートもついてて400くらいか。
グレードはベース、ミドル、アッパー、スポーツの4タイプ
とのことですね。

Zoom7849393806c45690bf03807f0cf0a42

CTは営業マン用の社内資料拝見しながら話聞きましたけど、
予約受付は11月1日から。発表は年明け20日あたり。
出荷開始は2月か3月か、というところのようです。

いくら燃費がいいといっても、今回のHSのような乗り味じゃあ
チトごめんこうむりたい。コルトに乗ってた方が全然マシですから。
CTの味に期待大、ですね。

前回も書きましたけど、今回もまた分かって、良い点を
書いときましょう。

1.全幅
1760で収まってます。よし!

2.オンダッシュナビ
絶対オンですよ。はい。オン派なんです。

Zoom10bbed4eb2d24091a58a141256b8b21

3.パドルシフト
グレード問わず付いてるとのこと。実際はCVTなわけですけど、
使用上は6速のパターンとなってるとのことです。ツインクラッチだったら
即決ですけどそりゃ無理っしょ。

4.タイヤサイズ
ベースで195・65・15。ミドルで205・55・16。
スポーツタイプは215・45・17だそうです。これですよ。やっぱ。

5.タコメーターあり
エコモードの時はチャージ表示になるみたいですね。

Zoom568cefda247cf01bd7ae0092e369a4f

ということでスペック的にはだいぶお気に入りなワケですわ。

やっぱ日本人はアタマいい。ハイブリッドで世界の共感をこんな
得られたのも日本。海外に下請け出さないで是非オールジャパンで
作ってもらいたいもんですな。中国のデモ好きフリーター
集めてどうでしょ。片道キップはあちらもち。国はかなり金持ってる
はずですよ。そうすりゃ沖縄も中国のシマだなんてバカなこと言うの、
ちっとは収まるでしょう。

2010年10月18日 (月)

トゥーランをアクアクリスタル

トゥーランをプチコーティングした。
アクアクリスタルで。下地処理はなし。

ビフォー

Kicx0235

アフター

Kicx0238

違いが分かんないです。コーティングっていうことより
やはりシルバーは洗車したこと自体、効果が薄いですね。

アクアクリスタルはリキッドで、シャンプー洗車後(車体濡れたまま)
にスプレーしてスポンジで塗りたくる。1㎡あたり1~2スプレーでよい。
んで乾く前に拭きあげて終わり。

同様ので有名なのがブリスだけど、アクアクリスタルは近所の
ホームセンターでワゴンの安売り(整理品)だったので買ったのでした。
ベン子に2~3度、トゥーランにも1度やったことがある。

もって半年、でしょうか。

艶はまま出る。また、膜厚感があって、いい。
触った感じ、ぬめっとしたのがそこそこ持続します。

しかし冒頭に書いたように、シルバーは汚れても汚く見えない
けど、洗車し甲斐というものがマジない。私くらいの洗車好きであって
やっと、お、きれいになってるじゃん、って分かるくらいのもの。

写真隣のベン子はこないだのコーティング以来(9末)、洗ってない。
でも下地処理をきちっとやってるから、そこそこきれいですね。

 

話変わって、燃費。
ベン子の倍、トゥーランは走る。しかしハイブリッド車は
トゥーランの倍、走るだろう。しかもレギュラー。
実は、最近、心動かされてるんですね、CT200H。

Lexusct200h2

試乗はまだもちろんない(発売は年明け)ですけど、
レクサスのハイブリッドに試しに乗せてもらおうと思います。
仕事でちょこまか走るし、少しでも環境に配慮しないと。試乗記はまた投稿します。

2010年10月14日 (木)

トゥーラン燃費と雑感と

満タンにして9.3だった。遠出はナシで、エアコンはあまり
使ってない。
納車からの一年ちょいのデータ。エアコン使用、不使用で燃費分けてみた。

使用   8.1

不使用 10.3

だって。二割も差あんじゃん。
でも内容的に違いがあって、不使用時は遠出が結構含まれてる。
常磐ハワイアンセンターだったり志賀や白樺湖往復なんかがある。
対し、使用時はあんまないんですね。
次の満タン法燃費はエアコン全不使用になると思います。
 

先般空いた山手通りをベン子で走った。工事中が多く道もうねって、
そこらで擦って閉口した。右タイヤとフェンダーですね。
アラゴがヤワな10の設定だからか。けどこれじゃ怖くて首都高じゃ
飛ばせないです。

燃費の良いトゥーランに慣れてくると、悪いベン子はやはり
社会悪の印象が否めない。
そろそろ替え時だろうか、とも思ってしまう。

筆頭に挙がるのが3種。

1.アウディA4クワトロアバント

2.ポロGTI

3.レクサスCT200H

クワトロは欲しいんだが実家車庫に入らないからペケ。ってか
6百万も金ねーし。

ポロGTIはかなりきてます。試乗したい。
大好きなDSGに1.4のツインターボって、うれしいけど
トゥーランと一緒じゃん! がチトつらい。同じじゃねえ。。。

CT200Hは年末には出るか??そう。ハイブリッドです。

14_px450

1.8+モーターね。動力系はほぼプリウスと一緒で
パワーアップさせてるみたい。モチ回生ブレーキ付きです。
こいつに「足」入れて225・45・17履かせるっての
どうよ!奮発してアラゴ。ホイールはBBSのRSGT
でどーだ!2ピース、いいねえ!盗まれそう(笑)
 
 
 
最近近所でルノースポールよく見ます。

Lutecia

2.0NAだけど、かなりいいらしいですね。ミッションしかない。
たぶんだけどエンジン誌のトップ100選で
一位になっちゃったからだろうか。
でもよく買いますねー!だって家でこれ一台って無理じゃない??
私だったらあと3台持てるってことになったら選ぶかもしれません
けど。
まあ、そんなこと夢ん中のことだけにしときましょう。

2010年10月12日 (火)

コンタックスの黒

ちょい前のベン子の写真を見るとなんだか
きれいなんですね。でもそりゃおかしいと思ってたんですけど、
どうやらカメラの違いが原因のようです。

これはコンタックス。カールツアイスレンズです。昨日撮りました。

Kicx0229

これはニコンの一眼デジ。5月に撮ったもの。

Dsc_0009

黒が全然違うでしょう。コンタックスのは墨汁の黒ですね。でも車

洗ってないんです。

対しニコンのはコーティング直後。きらびやかな黒ではありますが、

深さがないんですね。

カメラもレンズによって違うわけです。ま、腕ももちろんでしょうけど。

この黒なんかもとても深く、艶があります。これもコンタックス。

7e1f

こんだけの違いにそううるさく言う人もいないでしょうけどね。

2010年10月 9日 (土)

綱引き

先週の今日(土曜)は次男(幼稚園年中)の運動会だった。
今日と違って秋晴れのとても良い天気だった。

昼すぎ、父兄参加の綱引きがあるって放送があったので
腰を上げた。
妻に少し驚かれたが、いったん上げた腰をおろすことはできなかった。
しかし普通の綱引きと違う。
こちらのチームに20人ほどがずらーっと並び、
向こう30メートルほど離れたところに敵がやはり20人ほど
ずらーっと並んでいる。その間に太く短い縄が20本ほど並べられている。
長さ4~5メートルほどのその縄は両端をこちらと向こうに向けている。
よーいドンで走って行って、より多くの縄をスタートラインに持って
帰ってきた方が勝ち、というもの。
キケンだなあとも思ったがしかし運良く私の両隣は体格の良い人だった。
左の人は185、体重も90以上はあろうか、が、
右の方は私が見上げる190、体重は100は
あるかという朝青竜並みの巨漢だった。

「頼りにしてますから^^;」

と声をかけると、ごっつぁんです!と少し赤らんだ顔で
お返事を頂いた。

スタートの合図とともにダッと走り、私は無難に誰も手にしていない
1本の縄をゲットし、持ち帰ることに成功。
また次の縄をと走って行って、4対2で勝っている縄に加勢し、
敵を引きずり二本目をゲット。
またまたダッと走ってこんどは2対10で負け引きずられている縄へ
走った。しかし、見るとなんと、引きずられているのは
朝青竜関ではないか。
私が加勢しても焼け石に水、すぐにパンパンと合図がなって
ゲームが終わった。
元の位置に戻ると朝青竜も隣に来て、まだコーフン冷め遣らぬ青ざめた顔。
見るとなんと両腕、肘から下が20センチくらいザーッと擦り切れ、
流血しているではないか。まっかっかだ。

「救護班!救護班!」

と審判の叫びと共に朝青竜はまた引かれていってしまった。

勝負は敵と当方共に10本ずつのゲットで引き分けであった。
妻のいるシートに戻ると2本もとったわねえ、がんばったわねえ
と褒められた。
なあにとほくそ笑んだが、なんと私の腕も肘から下が
内出血で真っ青になっていた。
しかし普段ない高揚感を味わえ、楽しかったが、これはかなりキケンな
ゲームだったと思った。
 
 
肝心の次男のイベント。
かけっこは、ダントツの一位だった。
スタートから抜きん出て、後半は流しやがった。テープ切る時は
後ろを見てる。ウサインボルトかおまえは!

Dsc_0909

2010年10月 7日 (木)

配達

特売で店前に出しているティッシュ、トイレットペーパーの類は
1個の利益が2円だったり5円だったりする。客寄せ品なのだ。
それを1ケースまとめ買いするからと言って、配達を要求してくる、
無神経なヤツもいる。ずっと続いてた(2年くらいか)ある客。
今日あまりに嫌だったので
今回限りで配達は終わりといたします
と言いきってやった。ああすっきりした。

月1~2のペースだった。トシ50(女)。配達先は車で3分
チャリで5分のところ。その客は自分の足が不自由だとか
そんなことなんにもない、健康体そのものであります。

で、まず配達してくれと電話がかかってくる。

ティッシュの値段が少し上がってます、いつも298ですが今は
318なんですよ、という時もある。すると、
じゃあ298に下がった時に配達してください
と言ってくる。冗談じゃあない、アンタの為に特売してるんじゃあない。
しかし引かず

「下がった時連絡ください」

と言う。
信じられます??
そう個別に電話することはできません、お察しください
と諭すと、

「まめにチェックしに来なさいということですね」

と返してくる。あたりめーだバーロー。

配達先はその客のビルなのだが、運搬先は2階(エレベーター無し)。
車で運び(停め難い)、軒先で渡そうとするも

「いつもの二階へ運んでください」。

えっちら上げて行くと、置き方まで指定してくる。普通に置くと、

「それじゃあだめですよ」。

キレそうになるも自制心を働かせ

では、どう置きましょうか^^;

と聞くと

「こうですよ、こう!」

と、身ぶり手ぶりで指示してくる。一室のカドに
横向きでピタリ角を合せないと置き直させられる。
わかるか!自分で置け!
ちなみにこの夏のクソ暑さの時もエアコン効いてたためし一切ナシ。
屋内なので蒸した暑さはサウナ以上である。

極めつけは、配達する直前に必ず電話をください、と言う。
電話無しでもってくと、なぜくれなかったんですか、と叱られます。

一回で1~2ケース持ってくのが常でしたけど、
粗利は20~40円であります。
車で持ってくとむしろマイなんですね。チャリならいいが、
2ケースとなると中国雑技団でも不可。
事前電話が強要されてるから電話代10円が妙にウザく感じられる。
ちゃんと電話し持ってったにもかかわらず呼び鈴で出ないから下から
携帯で電話してやったこともあった。

「(呼び鈴)ちゃんと押しましたあ??」

だと。聞いてろ!

「ティッシュ系はですねえ、利益がほとんど無いんですよ、
 ですからこういったモノだけの配達は・・・・」

ご遠慮願いたい、と遠まわしに言ったこともありましたが、
馬耳東風でしたね。
今日お断りしてよかった。うん。よかったよかった。
毎回マイナスだったんだから、考えたら「客」ではなかったですね。

2010年10月 6日 (水)

トゥーラン燃費

昨夜帰宅時、トゥーランだったけど、信号に
ほとんど捕まらず25分くらいで着いてしまった。
燃費はなんと14.7。もち一般道です。

P1010009

カメラ(携帯)出そうとごそごそやってるうち14.6に落ちて
しまったけど。

342キロ走って真ん中よりちょい下ですから、満タン法だと11ペース
でしょうか。
猛暑時は8前後でしたから2割以上良くなってる。
ここんとこエアコンは我慢して窓全開で走ってます!

2010年10月 5日 (火)

ボーリングの勧め

昨日はなんだか気分と体調がすぐれず
半休させてもらった。これが鬱ってやつなのかなあと
少し思いつつ出先で2~3の仕事をこなし直帰。

家に着くと次男(5歳)が暴れていてボーリングに連れて行け
とうるさい。ちょっと眠らせてくれとソファーで雑巾のように横に
なってるといいかげんに起きてくれと次男に引きずられ、
二人でボーリングに行った。
気分体調がすぐれない時のボーリングというのはまさに精神的にも肉体的にも
真逆に位置するスポーツだ。
昨日は特に隣のレーン高校生8人の宴会以上のうるささに
閉口しつつプレーをはじめた。そんなこんなだが1ゲーム目は138と
不本意なスコアながら2ゲーム目はノーミスで220の自己ベストを叩きだした。
気分が改善され大手を振って帰宅。
ビール(実際は発泡酒)を大量に飲み飯をかっくらって次男と21時に
床に入った。今朝7時までぐっすり眠った。今日はうってかわって気分が良い。
たまにはボーリングもいいもんだと思った。

P1010002

フォームがいっぱしになったようにも見える次男。

P1010001

こんな残り方って、見たことあります??

2010年10月 1日 (金)

エンジン考

トゥーランのエンジン音が好きです。
シャリシャリシャリシャリ・・・・・
と細かい、ギュッと目の詰まった音です。いかにも
精密に緻密に造りましたッス^^
という音でいつも感心しています。
実家の車庫を出てすぐは、道がとても細いので、窓を開けると
エンジン音が壁に反射してそのまま耳に響いてくるんですね。
ああ、カムがいい仕事してるんだなあって。

P1130003

いちおうツインカムエンジンではあります。けどそう高回転
回さなくても、パワーは充分、3千回転も回せば(レッドは7千)
きちっと速く走ってくれますので、シングルでも充分、とも思います。
カタログ上は1,500から4,750回転まで最大トルクを維持
してる標記になっています。

ツインカムはその名の通りカムシャフトが2本、排気側と吸気側で
独立させたものですけど、そうする必要性って市街地走る分には
全くと言っていいほど、無いんですよね。ちなみにベン子は
シングルです。

昔のアメ車なんかはSOHCどころか、OHVエンジン
なんての、ほとんどでした。
オーバーヘッドバルブ、ですよ。カムシャフトが上に無いんです。
下にあって、プッシュロッドを介して上部のバルブを動かす仕組みです。
小排気量でパワー得るエンジンなんて、大雑把なアメリカ人には
作れなかったから、6リッター7リッターなんてのがザラ。
つまりボンネット下に入りきんないんで、バルブを下にやって詰め込んだ
ということ。

 

トゥーランの1.4エンジン、燃費が良いのが私はとても好きです。
この夏こそクソ暑い日にエアコンフル稼働で、それで7.7~8.3
でした。使わないなら11前後、高速行けば15も可能です。
ちなみに納車してから今までの満タン法全平均は9.6です。今までエアコンフル
でしたから、これから冬にかけてもっと良くなる。

4~5年前のルボラン誌ですけど、弾丸テストというのがあって、
試乗車を2~3泊で長距離ドライブさせる記事がありました。
ドライバーは毎回単独で、笹目二郎さん(MJ)。
この企画で冬、ポロ(4AT)をやったのがありましたけど、
当時の1.4リッターNA、そう燃費が良くないんですね。
神奈川から東北へ北上して、日本海側も回って帰ってくる、
総距離1千キロくらいのテストでしたけど、高速もいっぱい使って、
総平均12くらいでした。もち冬なんでエアコン不使用と思います。
同じことトゥーランでやったら14は切らないんじゃないかと
思います。車重なんてトゥーランの方が全然重い、しかも
空気抵抗もしかり、ですのにね。
進化は日進月歩なんですね。

低燃費化させるために車は涙ぐましいほど、努力を惜しまなくなって
きました。
BMは本国では3シリーズのミッション車はアイドリングストップ機構が
デフォルトのようです。また、速度を上げると、グリル内、ラジエーター
フィンの前にあるシャッターが下りるようになっている。空気抵抗を
少しでも減らす為にです。

回生ブレーキはトヨタの独占のようで(特許だらけで真似できない??)
すけど、これももっと広くオープンにして、
多くの車に採用して欲しいですね。制動させる度に
燃費が上がるっての、サイコーじゃないですか。
あと空気抵抗もパワーに替えて欲しいと思います。太陽電池もしかり
ですね。DSGも全オートマ車に導入、なんてね。

クルマ(バン)で仕事してる、ウチによく来る人は、燃費3~4だと
言ってました。トヨタに行く度、ハイブリッドは商業車にまず
積むべきだといいます。

クルマはもっともっと進化していきますね。ガソリン車ってのは
10年もすると半分くらいに減っちゃうんじゃないでしょうかね。

Dsc_0649

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »