« トゥーラン ノーマルアブソーバーに戻します | トップページ | トゥーラン ノーマルアブソーバーに戻ります »

2010年5月17日 (月)

FSDの車高

コニーFSDを入れている今の車高を書いとく。

フロント
692ミリ
リヤ
736ミリ

だった。(共にフェンダー上部まで)

コニーは車高が上がるって以前聞いたことあって、
今の車高もノーマルのアブソーバーから上がってる気がしてた。
ショップに話すと

「気のせいだよ」。

そうかなあ、上がってると思うんだけど。
で、明日の交換後分かりますからまた測ろうと思ってます。

コニーFSD名誉の為、長所をもっと書いておく。

ハンドリングにメリハリが効いて、しっくりくる。
乗り味はスポーティーになりますから、どんどん走る人には
もちもってこいのアブソーバー。
そして60出せば、カチっとスイッチが入り、滑らかになります。
それまでは硬いんですね。
右へ左へのコーナーの連続では、素晴らしい味を出します。
なんせロールしませんから、次のアペックスまで踏みっぱなしでも
大丈夫。ヘタな国産スポーツカーよりマジ速く走れます。

コニーは縮み側をあまり制御しない、と何度か書いた。
このFSDもそのよう。だから凸のマンホールをきれいにいなします。
ハーシュネスも40~50キロ出てればスムーズそのものです。

特筆ものは高速域で、140超でもなーんも問題無く走れます。
2~3割は速度域のズレを感じる。メーター見てないと
120のつもりで140ってなこと、多々あります。

よく遠出する高速域多用の方、または高速はそう使わないけど、
キビキビした走りを望みたい方にはとても素晴らしいサスペンションと
言えます。

私ですか、私はトゥーランではのーんびりやりたいんです。
また、実際走るのが世田谷界隈の細い&渋滞路がほとんどですから、
このFSDに見切りをつけることにしたわけです。
キビっと走りたい時はベン子があるわけですから。
そうですね。トゥーランにもアラゴライクな足が備わることが
本望ではあるのですがね。

« トゥーラン ノーマルアブソーバーに戻します | トップページ | トゥーラン ノーマルアブソーバーに戻ります »