« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月31日 (月)

傷直し

Dsc_0007

ったくもー。

Dsc_0016

ここまで1時間。コンパウンド3種を使い分けて磨きに磨きました。
もちろん手作業。

Dsc_1158

プラス30分。
これくらいでやめときます。これ以上擦ると地肌が出るかも
しれないし。新車の時やっちゃったことあるんですよ。
あんときも同じようなひっかき傷でした。

Dsc_1150

仕上げは超微粒子でポリッシング。

Dsc_1154

ついでに運転席ドアも磨いときました。

Dsc_1156

脱脂(シャンプー)して、コーティング剤塗って拭きあげて
おしまい。木曜夜、金曜、日曜と時間を作っての作業、延べ3時間を
要してしまった。

Dsc_0018

ここだって言われても分かりづらい位になりました。
被害者側から犯人には市中引きずり回しの刑を求める声がありました。

Dsc_0019

作業中妻が出かけるのでトゥーランでと言ったら電柱にこすって
出て行きました。
エンドレスです。

2010年5月28日 (金)

涙 (ベン子)

Dsc_0006

Dsc_0008

2010年5月27日 (木)

トゥーラン ワイパー

ワイパーの動きがおかしくなった。
原因は分かった(直った)が、VWも味なことやるなと感心した。

Fガラスの油膜(ギラツキ)を除こうと、洗剤を塗る為、
ワイパーを上段でとめようとした。
ワイパースイッチを下に一度下げると上段で止まってくれる、
はずなのだが、動いてくれない。

ん??
なぜ??
電気系トラブルか・・・

心配だった。そのあと家族で出かけなくてはならなかったが雨。
こりゃあベン子ででかけるかなあと思ったが、いちおうエンジンかけて
も試してみようと思った。
と、かけても動いてくれない。
どころかウィーンと動いたのはなぜかリヤワイパー!

 トチ狂ったか!

アセった。
こんどはリヤワイパーを動かそうとしても、動いてくれない。
こうなるとどう狂ったのか調べたくなるのが人の性。
とりあえずエンジンかかってるんで、近所をぐるっと走ってみる。
と、いきなりリヤがまた動きだし、止まったり。Fは動いてはくれるものの、
間欠が不良だったり・・・・

 ありゃ~。イタ車でもないのに、こんな不具合、
 困るなあ~

と思って車庫に戻った。
んでボンネット開けようと思って、気付いた。既に開いてる!
Fガラス拭きの前に、先にボンネットを開けといた(爪は残ってる)んですね。

 そうか。だからヘンな動きしたのかもしんない。

と、閉めて見たら、見事、直りました!
ヒトに、開いてることのアラームをなんかしらで伝えようとする
仕組みなんですね。
感心しました。
トゥーランのトリビア情報でした。

2010年5月21日 (金)

人が集まる人

周りに人が集まる人って、いますよね。
ソニーの大賀さん(元社長)なんかそうだったみたいです、日経掲載の
「私の履歴書」で書かれてたの覚えてます、学生時代から
ずっと自然と自分の周りには人が集まるようになってた、
とおっしゃってました。天資の何かがあるんでしょうね。

中三の時の同窓会がありましたが、その幹事ショーバヤシ君も
そうでした。仲が良かったうちの一人です。
彼はT大医学部を卒業後医者を務めましたがこれじゃあ日本が
よくならないと厚労省に転職しました。
よくテレビにも出てます。

Rimg0037

学校のセンセじゃありませんよ、信じがたいでしょうがトシは一緒です。
苦労してるんでしょうね、今の「上司は長妻さん」と言ってました。
三日で三時間しか寝れない、勤務先に泊まり込みもしょっちゅうの
ようです。

私は、私の周りに人が集まるってないですね。
でも不思議なもので、空いてる電車とか椅子ガラ空きなのに
わざわざ隣に座りにこられちゃうってのが、多々あります。空いてんだから
もっとむこう座ってよ!って思いますね。

あと駐車場ね。
ガラガラなのに、わざわざ隣にとめられる。どうして他空いてるのに、って
しょっちゅうですわ。
あと、よく道聞かれます。これ不思議ですね。妻は生涯数えても
数えれるくらいしか聞かれたことない、って言ってますけども
私は数え切れません。平均したら月イチでしょうか、月ニでしょうか。
これはサラリーマン時代からずっとです。

先だっては面白いことありました。
電車乗って(立って)ましたら、後ろから背中の真ん中あたりをポンポンと
叩かれました。
振り向くと60くらいの男性。後の椅子に座ってた人が立って
私を叩いてくれたんですね。

「あいたよ^^」

と言って、その男性の隣の席を指さすんです。椅子空いたからお座りなさいよ、
ということでしょう、あ、ありがとうございます、
とお言葉に甘えて座らせて頂きました。
親切な方っているんですね。

普段からぼーっとしてるからでしょうか、スキだらけなのが
一種の好感度を出してるんでしょうかね。

2010年5月20日 (木)

トゥーラン 雑感

トゥーラン燃費9.4だった。悪いなあ。
FSDサヨナラ街中ブン回しが行われたたのと、ショップの人が
足換えた時の試乗が粗かったからのような気がする。

エンジンが気持ちざらついた感があったのでオイルレベルゲージを
見ると、下端に近かった。これあよくないなあと、足した。
200~300ccだろうか。
心なしか静かになった。気がした。

足をノーマルに戻し緩めになった分、エアを高めにした。
規定値の、高めの方に。
心なしか硬くなった。気がした。

効きが悪い、滑る時がある、と指摘していたブレーキだけど
1万キロを超えディスクも焼けてきたので、そう滑る時が
無くなってきたような気がする。

「気がした」4連発、でした。

 
足が緩くなったのはいいが、タイヤがよくない。M社エナジーセーバー
205・55・16だけど、何がエナジーセーバーなのかよく分からない。
実際燃費もスタッドレスと変わらないわけだし。
乗り味がまず酷い。ザラザラザラザラ路面の粗さをバカ正直に伝えるばかりで
ゴツゴツ硬い。
うるせえちったあ遠慮しろ!と言いたい。

燃費が変わらないと書いたが、実際は外径が気持ち違うかもしれないので
その点は分からない。ノーマルからスタッドレスに履き換えた時だけど、
「エアが少なくなりました」サインが出たから。
これ、パンクなんかによって外径が小さくなったと感知すると
アラートが出てくれるもの。だから実際小さくなったんだと思う。つまり
スタッドレスの燃費は数%良く出なくてはいけない、ということであります。
だからエナジーセーバーは実際はとても良い燃費であるのかもしれない、
ああなんだかよくわからなくなってきた。

今日空気圧高くしたのはヤケクソからであって、タイヤはもう早いとこ
替えたいところだ。
ということでタイヤ考察してみる。
ミシュランは大好きだったけどプライマシーHPの減りの早さと
スタッドレスXI-2の氷上グリップの悪さで大暴落。おしおきで対象外とした。
また、ダンロップ、トーヨーにはピンと来るものないので
これも対象外。同様、ピレリ、コンチネンタルも硬さでピントズレズレ対象外。

よってヨコハマ、ブリジストンの大手二社が残った。
ブリジストンだとレグノでしょうなあ。スニーカーとかエコピアとか
なんかかっこ悪いし。とはいえレグノは高くて減りも早い、プレミアムとは
言いつつ、燃費はそう向上しないようだし。

ヨコハマはDNAデシベルのポイントがえっらい高い。今はアドバンに移ってる
ようだけどやっぱ静かでプレミアムな性能は変わらないらしい。
ベン子にだいぶ前履いてたけど、グッとくるものありました。

と、いうことで替えたいとこだけど、考えたらFSDで15万の出費した
ばかりではないか。分かってたならFSDでカネ使わずタイヤ交換
しときゃよかったんだ。
そうじゃばじゃば湯水のように使えませんから、もうちょい我慢することに
しましょう。
いつくらいか??夏か、いやいや夏まで使うんなら冬まで使っちゃって来シーズン
取替えってことか。
うん、そうなるかもしれません。そうかな。その前に子供に自転車買ってあげよう
うん。そうすることにする。

P1010028

2010年5月19日 (水)

トゥーラン ノーマルで良し

トゥーラン、ノーマルがやっぱ良い。
購入前あんだけ、1年以上に渡って試乗を続けてきて、DSG、エンジンを
はじめ足も大好きだったのに、その足をプレミアムなFSDに替えようなんて
そんなことやった私がバカでした。
やるんだとしたらもっと上のアラゴだったワケ(笑)。
けどアラゴはベン子で同じだから、そりゃつまんないですわね。

ノーマルの足は私の記憶通り、フラットライドでとても良いものでした。
マンホールやハーシュネスでも車体は揺れません。低速では
むしろこちらの方が良い。FSDは中速以上でとても良いのですが。
とはいえノーマルザックスでも速度を上げてもしっとり感があって
好感が持てる。いいアブソーバーです。
ということで、しばらくはノーマルで行こうと思います。

気になる車高。
私が思う程はFSDで上がってなかった。下記フェンダー下部まで。

フロント
FSD、ノーマル共に692ミリ。

リヤ
FSD  736ミリ
ノーマル 732ミリ

誤差の範囲内ですね。失礼いたしました。
リヤは隙間からFSDが光る(ゴールド!)分、高く見えたのかも
しれません。

FSDは工賃、アライメント含めて13万、今回ノーマルに戻すのに
2万かかって計15万の出費でした。
ちょっと高い授業料でしたね。ま、FSDはザックス(ノーマル)が
やれたら使いますからとっとこうと思います。3~4年後でしょうか。

好きで結婚したのに同居はじめたら中身をエリカ様に換えてしまった
って感じ。やっぱ元カノで良かったわけです。

2010年5月18日 (火)

トゥーラン ノーマルアブソーバーに戻ります

ノーマルアブソーバーへの交換前、
ショップの人がトゥーラン(コニーFSD)を試乗して。
私助手席。世田谷の狭い裏道をちょこちょこ走る。
すぐにショップKさんに切りだされた。

「これでさあ。だめなの?」

よくないじゃん。よくないでしょう、こまかい揺れの
収まりが悪いでしょう。

「そうかなあ。オレ的にはこれ、充分いいよ^^」

荒れた道だと、特に良くないよ、ほら、ここらへん

「うん、確かに揺れるは揺れるね、
 でもこんなもんでしょう。
 硬いけど、しっかり伝わるし」

いやいや。
ノーマルのアブソーバーはね、フラットに走るよ、きれいに
いなしてくれる。

「柔らかいのが好きってこと?」

そうじゃないんだなあ。低速はフラットで、中速から
コシがあるように、って望んでた。アラゴみたいな
感じよ。けどあれは選べる(調節できる)からね。

「何度も言うけど、アラゴと比べないでよ(笑)」

・・・・しばし沈黙・・・・

「分かった。逆だよ、たかぴーさんはさ、柔らかいの、だめなんだよ。
 足がバタつくの、嫌がってたじゃん」

そりゃそう。バタつくのは大嫌いですね。
でも、世田谷中心として都内走り回るのは、このFSDは
俺の性に合わない。。。この揺れ、好きくない。



ということで預けてきました。もうすぐノーマルに戻るトゥーラン。
とても楽しみです。

Kさんと話しながら気付いた。FSDは、1Gにおいての軽微な
ストローク(上下1センチ以下くらい)の収まりが良くないのでは、
ということ。
50くらい出して車高が少し落ちた分から、格段と良くなるから。
FSDは減衰力を自動調節って銘打ってるから、その兼ね合いの問題
なんだろうと思います。

2010年5月17日 (月)

FSDの車高

コニーFSDを入れている今の車高を書いとく。

フロント
692ミリ
リヤ
736ミリ

だった。(共にフェンダー上部まで)

コニーは車高が上がるって以前聞いたことあって、
今の車高もノーマルのアブソーバーから上がってる気がしてた。
ショップに話すと

「気のせいだよ」。

そうかなあ、上がってると思うんだけど。
で、明日の交換後分かりますからまた測ろうと思ってます。

コニーFSD名誉の為、長所をもっと書いておく。

ハンドリングにメリハリが効いて、しっくりくる。
乗り味はスポーティーになりますから、どんどん走る人には
もちもってこいのアブソーバー。
そして60出せば、カチっとスイッチが入り、滑らかになります。
それまでは硬いんですね。
右へ左へのコーナーの連続では、素晴らしい味を出します。
なんせロールしませんから、次のアペックスまで踏みっぱなしでも
大丈夫。ヘタな国産スポーツカーよりマジ速く走れます。

コニーは縮み側をあまり制御しない、と何度か書いた。
このFSDもそのよう。だから凸のマンホールをきれいにいなします。
ハーシュネスも40~50キロ出てればスムーズそのものです。

特筆ものは高速域で、140超でもなーんも問題無く走れます。
2~3割は速度域のズレを感じる。メーター見てないと
120のつもりで140ってなこと、多々あります。

よく遠出する高速域多用の方、または高速はそう使わないけど、
キビキビした走りを望みたい方にはとても素晴らしいサスペンションと
言えます。

私ですか、私はトゥーランではのーんびりやりたいんです。
また、実際走るのが世田谷界隈の細い&渋滞路がほとんどですから、
このFSDに見切りをつけることにしたわけです。
キビっと走りたい時はベン子があるわけですから。
そうですね。トゥーランにもアラゴライクな足が備わることが
本望ではあるのですがね。

トゥーラン ノーマルアブソーバーに戻します

コニーFSDに替えて2カ月、5千キロを走ってきましたが、
ノーマルのショックアブソーバーに戻そうと思います。
いつものショップに明日日帰り入院の予定です。

コニーFSDはとても良いアブソーバーです。ですが
好みに合わないのです。

長所
1.高速のスタビリティー
120を超えるくらいから、ビタっと、這うように走ります。

2.アンチロール
コーナーでもロールしません。これでもかという速度で突っ込んでも
なにも無かったかのように曲がってくれます。また、そっから踏み込んでも
大丈夫。タイヤが鳴くことすらありません。

3.中速域の安定
60キロで、スイッチが入ったように乗り味が変わります。
とても良いですよ。上質の絨毯の上を走っているようでもあります。

短所
1.硬い
低速ではゴツゴツきます。ノーマルのバネなんで、その硬さがなんとはなし
ミスマッチのようにも感じます。ショートを入れるときっと
すばらしく良くなると思います。
低速域の酷さ(とまでは言えない??)は口では言い表せないのですが、
とにかく好みに合いません。シャーシ自体が揺られますし、
後部席が特によろしくない。内臓揺れます。

2.うるさい
これは分からないのですが、ここ2~3週間で、際立って
うるさくなってきました。タイヤのせいでもあるのでしょうが、
購入前試乗してたトゥーランではこんなうるささは無かった。
ですので、コニーFSDが落ち着いてきたからなんだと
思います。
ざらついた路面は、自分の足にもダイレクトにそれが伝わってきて、
ある面不快です。これが好きという方もいらっしゃいますが、
私は嫌いなのです。

上記に反して、ノーマルアブソーバーはどうか。
長所は、とにかくフラットライドなんですね。凹凸でも車体は
揺れない猫足系。これはとても好きでした。
よく通る道で今はとても揺すられてるので、ああ、ノーマルだったらなあ、
と毎日考えてたのです。
反し、高速域では140を超えるあたりから緩さが出てきて、
150超を巡航、はチト遠慮したいかんじではあります。
でも、です、高速はそうは使わないんですね。平素から我慢し通しで
稀にしか良い思いできない、というのは本末転倒と判断しました。

3月、FSDへ交換後にノーマルアブソーバー売ります、とブログしました。
メールにて欲しいとご連絡下さった方、ということでお譲りできなく
なりました。
(すぐお返事差し上げたのですが、その後ご連絡が無いので
 ご不要になったと判断しました)

明日の交換がとても楽しみであります。
コニーFSDはお譲りするかどうか思案中です。

Dsc_0007

写真はノーマルの。ザックスですね。

2010年5月10日 (月)

悲しき次男

次男の小さな手で背中をかいてもらうのが好きだ。
あまり気持ちいいんでよくお願いするんだけど、嫌だいやだと走って逃げて行って
しまう。おっかけ捕まえ、虐待に近いかたちで次男をいじめ、
かくことを強要する。
よくするのが股割きの刑。両足を強く広げ

「かくか!?
 かくな!?」

と言うと、わかった、わかりました、かきますかきます、と涙ながらに言う。
かなり痛いようだが、最近慣れてきたのかあまり痛がらず、ここのとこは
もう180度近く開くようになってきてしまった。

風呂はほぼ毎日次男と入るが、入浴前、まずチンチンから先に洗ってやると、
虐待にあったあとは洗ってる最中に小便をされてしまう。
生温かい尿が腕を伝わるのは決して気持ちのいいものではなく
このやろー!と言うと、してやったりブハハハハハハと笑う。

最近はまた新手の反逆に出るようになった。
まず風呂だが、身体をあらってやってる最中にオナラをされるのだ。

次男を洗うのはシャンプーからだけど、自分で座らせてではまだ
洗えない。泡が目に入るのを極度に嫌ってるんですね、だから
椅子に座った私のももの上に、チンチンを私の目先に向ける状態で
仰向けになって座ります。その状態でオナラをされるのだ。
想像してみてください。いきなりブチブチブリブリもしくは
ブバババババババという音で自分の鼻っ面が臭い気体で被われることを。
元来肉食系なので、その臭さ(と濃さ)は想像を絶するものがあります。

と、もうひとつ新手。
背中をかくふりをしながら、鼻くそを私の背中に塗りたくるのだ。
こないだ、なんかヘンだなあと思ったんですよ。
なんとはなし、指先が塗り塗りするように私の背中を這う。
その指先が湿ってるように思えた。

 あ、なに、何やってる!
 
横で見てた長男が

 鼻くそ塗ってるよ

と不快な表情で言う。

っちっくしょー!と言うと、あわわわわわぁ~と言いながら
逃げていった。

長男と次男の違いって面白いですね。
先般旅行に行く前夜のことだけど、長男が腹が痛い、というので
盲腸か!と夜間外来に駆け込んだ。
単なる便秘だった。
熱が出ればすぐ小児科に行くし。

反し次男。
熱が出ようが腹痛だろうが、医師にかかること、まずない。
っていうか、連れて行こうと思わない。
あ、そう、2~3日様子見だね、と言う程度で終わってしまう。
ハワイアンズから帰ったあとだけど、耳が痛い、って主張してたときも
そういえばそうだった。
明日も痛かったら耳鼻科に行きましょうと言うも、その明日が来たらまた
明日も痛かったら行きましょうということで、結局行かずじまいだ。

写真もそうですよね。長男のはきれいにおさめられ、アルバムもきちんと
整理されている。次男のは写真自体少ないし、アルバムは、無い。

芭蕉の句でもあるじゃないですか

 アルバムが増えず悲しき次男かな

無い!

Fc38

外来に駆け込んだ翌日のラディソンにて。

2010年5月 8日 (土)

ベン子 プチコーティング

GW中、ベン子をプチコーティングした。
2時間しかなかったんで、リヤハッチ部だけとした。

工程は
1.シャンプー洗車
2.ポリッシング
3.脱脂
4.コーティング剤塗布
翌日拭きあげ。

2~4項はリヤハッチ部のみ。
ほんとはねえ、時間あったら全部いっきにやりたいところですけど、
なかなかそうもいかない。

Dsc_0002_2

Dsc_0003

おかげでバックシャンとなりました。後ろ姿は新車よりきれいですよ。
ポリッシングのコンパウンドは極細目→微粒子の2工程とした。

と、ナンバー灯に異常発見。

Dsc_0005

これは正ですけど、左のレンズ。左下部が割れてるんですね。

Dsc_0006_2

でしょう。この写真も付け替えた後ですけど、
このレンズ、上下逆に付けると、ボディー側と合わないんで、ネジ締め切った時
バキッといっちゃう。誰かがやったんだと思います。
私は一度も電球交換したことないんで。
ま、しょうがないですかね、割れてても使えてるんで。

Dsc_0009

Dsc_0007

リヤフェンダーはやってないんだけど、まずまずきれい。
でも微粒子で磨きあげると、信じられないくらいきれいになる。黒は特にね。
梅雨入りする前にまた時間作ってやろうと思ってます。

2010年5月 7日 (金)

空気抵抗

先だって高速の渋滞(小)にあって感じたことだけど、
高速の路面って結構うねってるんですね。
20~40キロくらいで顕著に感じました。
車体が揺すられるほど荒れてるところも多く、
あ、実はひどいんだなあ、と。常磐道の第3レーンですけど、
速度上げると、荒れはそう気にならないんです。サスペンションって
いい仕事してくれてるんですね。感心しました。

トゥーラン。気になる燃費だけど昨日満タンにしてきた。
686キロ走って55リッター。燃費は12.5だ。
相変わらずだけどオンボードとの乖離が激しい。2割は違うか。
それと、遠出での燃費が思ったほど伸びない車だ、と思う。

ベン子は街乗り6~7で、遠出だと10~11。
つまり3割以上は向上してる。

トゥーラン。普段は10、でも遠出で13ってなかなかいかないんですね。
いままでのサイコーでも12.8(志賀帰路。キャリア無し)です。
排気量の差から来るものでしょうか、それとも空気抵抗??
トゥーランは背が高いですしね、また、床下の粗さも違います。
ベン子は平らなんです。出っ張ってるものがあんまない。
トゥーランはスイングアームはでかいし、いろいろゴツゴツ武骨な
凸凹が多々あります。

バイクに乗ってたのが長かったので、高速域での空気抵抗って
ものすごい感じてました。車しか乗ってない人って分からないですよね。

だいたいですけど。
120キロ出すと手は挙げられません。後ろへ持ってかれます。危ない。
140出すと、ノーヘルだと息できません。死にます。虫も貼りついて死んでます。
180では直立姿勢は不可能です。やるとすればエアブレーキの時ですね。
200以上だと、メット内側アゴの部分が自分のアゴに着きます。

ゲンコツ一つ分でも、120超では燃費への影響って大なんじゃないかな。
最近のワゴン車でルーフレールが付かなくなってるのって、
空気抵抗も考慮してのことなんでしょうね。
あるとキャリアのベースが使い回せて便利なんですけど、
ロール量にも影響するから取っ払っちゃう(埋めちゃう)んでしょうね。

2010年5月 2日 (日)

SRH!

たべーの

Dsc_1082

たべーの

Dsc_1087

またたべーの

Dsc_1093

たいらげーの

Dsc_1133

ヒモたべーの

Dsc_1035

のみーの

Dsc_1056

およぎーの

Dsc_1107

くみたてーの

Dsc_1113

かえりーの

Dsc_1140

2010年5月 1日 (土)

ハワイアンセンター往復

常磐ハワイアンセンターに行ってきた。今はスパリゾートハワイアンズって
いう。
一泊だったけど、遠かったなあ。片道230キロもあった。車はモチトゥーラン。

4/29(木)朝7時前に出て10時に着いた。
本来、池尻から内環状線(山手通りの下)を行きたかったのだが
渋滞すげえぞの表示だったので、都内環状線で丸の内を通ってまわっていった。
すると快調で空いててよかった。都内さえ脱出しちゃえばあとはガラガラの
常磐道をひた走るだけ。
100~140ペースで行って着いたらオンボード燃費は14だった。

復路は昨日30(金)の19時に出て、帰着は22時半くらいだった。
高速乗ってから都内環状線までガラガラだったが竹橋で事故渋滞スゲーの表示
だったので内環状線を選んだら、しわ寄せで西池袋あたりから池尻合流まで大渋滞。
うんざりだった。

燃費は、以前にちょい乗りしてた70キロも含め、
トータル530キロ走っててもガソリンはまだ四分の一以上はあるかんじ。
相変わらず燃費はいい。

オンボードの表示とにらめっこで走ると、速度域によってガスの食い方が
変わるのが分かって楽しめる。以前も書いたが、90前後で走るのが、
オンボード上では一番良い。(成田→横浜ららぽーとが19.1だったのは
驚いた)

行きは子供たちにせかされたのもあって、140アベにあげたところ、
14に落ちた次第。
次男からは「まだつかないの!」と1分に1度確認されてたからだ。
妻は爆睡だったし、私はノイローゼに陥った。

復路はとくだん急ぐつもりはなかったけど、家族全員が爆睡体制だったので
気持ちよく飛ばし、140アベだったので、やはり14だった。

160くらいまであげると、見る見るうちに数値は下がって、いい気になって
ると13ジャスくらいまで落ちてしまう。ターボ効かすと悪いんですね。

ベン子の方は燃費計なんて無いんで分かんないんだけど、
160で巡航しても、そう燃費落ちてるとも思えない。
そこらへんが2.4NAと1.4ターボの違いなんであろう。

とはいえ速度あげた時のスタビリティーの高さは流石コニー。
オンザレール感覚でバッチリですね。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »