« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月23日 (金)

次男のorz

おかしな二人(私と次男)でホームセンターに行った。
私はホームセンターが大好きだ。
特にネジ、ボルトが並んでいるところは大のお気に入りで、
入ったら出れなくなる。
無論見てるだけではない、なんかしらのネジを1品は買ってしまう。
病気である。何のためか目的はないからだ。だから私のブリーフケース
(工具箱)にはネジボルトの類があふれるくらい入っている。
でも買う。アホなんであります。

と、行ったホームセンターは次男とは二度目で、今回は初めて2階
(ネジは1階)に足を踏み入れて見た。
と、犬猫の販売コーナーがあったのだ。
結構広く、ワンちゃんだけでも10種くらいがケースに入れられ
並べられている。
どれもかわいいがその中の一匹、柴犬に次男は虜になってしまった。
まだ小さい生後半年くらいのようだ。
ケツの穴全てをこちらに見せて水を飲んでいる。
その動き、表情が表現しようのないくらいかわいい。
あまりのかわいさに次男はショーケースをベロベロと舐めはじめた。
汚い、すぐに抱きかかえて引き離したがまた這って戻ってかぶりつく。
想像に難くない、瞬時に次の言葉が出た。

「ぱぱ、これ、かって!」

きたな。
しかし値段の問題じゃあない、高かろうが安かろうがいきなり
犬を買って帰れるわけがない。しかし値段みると15万!なおさら買えない。

今日はお金を持ってきてないし、犬飼うんならママやバアバにもよくよく
相談しないとだめだしぃ、とやさしく説明するも

おねがい!おねがい!と哀願。ついには土下座だ。

 

額を床に付け、お願いします!お願いします!
とホール中に響く大声で叫ぶ。こいつこんな土下座いつ覚えたんだろうと
訝しく思った。と同時に周りの人々がひいていくのが分かった。4歳の子供に
土下座させる親ってどんな躾してんだよって感じだ。
ちなみに家では見たことはもちろんやらせたこともありません。

土下座のままひきずっていくとこんどは水槽がずらずらずらーっと
ならんだ水族館のようなコーナーに入ってしまった。
一つの小ぶりの水槽に、亀がいた。
こいつがまたかわいい。

これ!これ!これならいいでしょう!カメなら!

また土下座!

P1010004

買ってくれないんで帰路の車中で寝てしまったorz

2010年4月22日 (木)

運転時の注意と雑感

車の運転では、私は頻繁に多くを注視している。
歩行者や自転車はもちろんのこと、対向車の微妙な動きであったり
細い道では門扉のかすかな動きに依ってそこから人が出てくるか否かという
ことを常に想定しながら運転している。当たり前のようにそうしているので、
だからかどうかは分からないけれど、事故を起こしたことはない。

どんなに多くを注視しているかと言うと、例えば駐車の際でも知らないとこ
にとめる場合私はいちいち車から降りておける位置に障害物がないか
はたまた小さい子はいないかどうかきちんと確認する。今日のような雨で
あってもそうだ。だから運転直後はいつも目が充血してしまう。
うさぎさんのように真っ赤になる。
また運転後は、研ぎ澄まされた神経が鎮まる、アドレナリンが収まるまでの
しばらくの間は緊張感が消えないでいる。

アドレナリンが出ているので、運転後は便秘気味かと思うとそうではなく
いつも通り下痢気味である。これは昔からだ。
そう、アドレナリンというのは、人を戦闘態勢にするのだ。戦いにあるのに
便通をもよおすということはないだろう。薬もそう、アドレナリン作動成分が
含有されていると、気管支が広がるし鼻が通る。つまり多くの酸素を脳(中枢)に
運んでやるためである。よって副作用としては、便秘気味になったり
ということがあげられる。
話がそれた。

都内をぐるぐると3時間ほどトゥーランで走った。目は赤くなるが
こいつはやはり疲れ知らずだ、アクセルやハンドルが軽いからか。でも
イチバンは、DSGとパワー(スーパーチャージャー&ターボ)の恩恵から
なんじゃないかと思う。

米国はトヨタに15億円もの制裁金を課しました。
何様のつもりなんでしょうか、その前に自国の拳銃規制しなさいって
思うの、私だけじゃないでしょう。
ドイツのメルセデスも、米国に収める車が環境に配慮を欠くものが
多々ある(AMG等)として、08年度は相当な額、6億円以上もの
制裁金を支払っている、と言います。キャデラックやシボレーなどガソリン
ガブ飲みするくせに、ヒトで言うとやくざみたいなもんです、
数年前もパソコンで東芝やソニーがかなりの額の制裁金を支払わされてます。

普天間基地だって、「あなたはトラストミーと言った」と鳩山首相の
せいにするんではなく、米国が基地自体を撤収してください。もう戦争終わって
半世紀以上が経ってるんですからね、いつまでも敗戦国のアタマおさえるの
おかしいでしょう。火星行きは諦めてください。
なんだか書いてることがよく分からなくなってきた。私はアタマがおかしい
らしい。

P1010006_2

オレンジやグレープフルーツを食すたびこうして皮を前歯に入れている
次男もやはりおかしい。

2010年4月19日 (月)

中三の同窓会とサスペンションと

土曜、中三の時の同窓会に出席した。
早いもので30数年が経っている。
センセ他20名近くが来られた。
行くか否かどうしようかとても迷った。
中三の時、私はなんかあぶれている状態で、主だって仲良かった
友達も1~2名しかいず、ほとんどの方々を忘れていたから。

けど行くとびっくり。みんな私のことを憶えていてくれたのだ。
しかも

「変わってないな!」

だって。
うれしいじゃありませんか。

実は去年もあったのだが、私は出なかった。
気が乗らなかったしセンセも来るというので、特にセンセには
私、嫌われてたと思ってたんですね。言うこと全然守らなかったし、
統制取られるのが嫌いだったから。
けど入った途端、

「たかぴーくんじゃない!」

と、いきなり笑顔で迎えてくれた。
おかげで正面に正座で居座ってしまった(汗。

いやはや盛り上がりました。おかげで中一日おいた今日でもまだ
酒が残ってる。

「来てよかったなあ!」

と声を張り上げたこと、数度ありました。なんだったか忘れたけど。

場所は渋谷だったのだが、途中まで妻運転のベン子リヤシートに
久々に収まって送ってもらった。
乗り味の良さに驚きました。
何度も書いてくどいですが、アラゴスタはマジすごい。
カドがとれてアタリが柔らかいのに、実にしっくり来る。
タイヤがファットで薄い225・45とは全くもって思えない。

宴の帰路はタクシー。首都高三号線から東名で、空いた道を120くらいで
飛ばしてたけど、乗り味の悪さは閉口ものだった。個人のクラウン。
走行22万キロとおっしゃってて、一度はアブソーバーは交換済みとのこと
だったけど、

「また替え時かもしれませんね^^;」

と言ってしまった。
 
 

最近は多くの車がファットなタイヤをデフォルトで履いてる。
2000ccクラスでも225あたりを入れてるのは決して珍しくなく、
コンサバな富士重工であってさえそうだ。
しかしそのサイズ、本当に必要なんだろうか。
私はしっかりしたサスペンションが入っていれば、太いタイヤは
無用の長物と思う。その方がはるかにエコでありましょう。
鳴きの音量はロール量に比例するんであります。

例えばベン子、2.4なのにデフォルトで195・65(コンチスポコン)だった。しかし
鳴かなかった。
替えた3本目のアブソーバー、コニーの終盤、ダレてきた時スタッドレス
(ミシュランX-ICE2)で初めて鳴いたくらいだ。

トゥーランもそう。ノーマルのアブソーバーであっても、標準の205・55
(ミシュランエナジーセーバー)はどんなに攻めたてても鳴かないし
スタッドレスのGYアイスナビゼアにしてもそうだった。
コニーFSDにした今も無論鳴かない。

自動車メーカーさん、是非考え直して
もらいたいもんです。
太いタイヤをむやみに入れるんでなく、アブソーバーの性能を見直すこと。
そしてサスペンションの性能をきちんと考えてもらいたい、ですね。

その昔、マークⅡ(86年)は鳴きまくりで大変なもんでした。あれは
225履いてもきっと鳴いてたでしょう。

2010年4月16日 (金)

oh! jonny!

二月にジョニーモーズリー選手のこと書きましたけど、映像が
見つかりました。98年の長野です。

http://www.youtube.com/watch?v=9T4p6FZWVjo&NR=1

12年も前でこのテク!もち優勝でしたけど
4年後のソルトレイクではさらに素晴らしい滑り。しかし
当時禁じ手だった3Dエアを決めちゃって結果4位だったんですよね。

http://www.youtube.com/watch?v=K1wADTC5mfc&feature=related

練習はこうしてるんですね。

http://www.youtube.com/watch?v=UGFVt8jB4eE&feature=related

スゲーなあ。
ソルトレイクの映像も混じってますが、ワンちゃんがゴールんとき、
横を一緒に走ってるのがかわいいですね^^

今年はもうちょっと滑りにいきたかったなあ。

2010年4月13日 (火)

FSDの足

千葉成田→横浜ララポートでオンボード19.1の好燃費を記録した
トゥーランだが、満タン法による燃費はそうでもなく
11.2だった。これだとこないだの志賀往復の方が良い。(12.8)

多少ブヨブヨした感があったコニーFSDだが、だいぶしっくり
くるようになってきた。硬めになってきたんですね。
街中だとだいぶ揺れます。だから本望からはちょい逸れてちと寂しい。
滑るような猫足を期待してたから。これだと初期実装のザックスの方が
良かった。
しかし不思議なもんで、ザックスは、私1名乗車だと、リヤにバタつき感が
あったんですね。空荷のトラックのような。
それはFSDでは無くなりましたから、ある面良かったともいえます。

これは以前も書いたがコニー、減衰力は、縮み側は制御しない。
縮みはバネの仕事と割り切ってるんですね。だから入力に対しては穏やかな
処置となりますが、伸び側が強く制御されてるので、凹みを
通る時、強めの衝撃があります。内臓揺れます。

だからよく通る道では、深く凹んでるマンホールはいつも避けてます。
ノーマルのザックスと大きく違う点です。

ノーマルのはあくまでもフラットライドで、
大きなうねりも極力フラットで通して行きました。
コニーFSDはくどいですが揺れます。
高速はとってもいいですけどね。140以上かな。でも燃費に影響するし
危ないから飛ばさないんだ。

ああ、、ってことはノーマルに戻した方がいいってことかなあ。
なんだか分からなくなってきた。

Dsc_0909

2010年4月 8日 (木)

次男とボーリング^^

Dsc_1013

Dsc_1014

Dsc_1015

Dsc_1018

2010年4月 5日 (月)

トゥーランで家族旅行^^

Dsc_0911

二泊三日の家族旅行。
自宅から100キロちょいの千葉の毎年お世話になってる宿へ。

またですが燃費の良さに驚きました。
往路は都内脱出時渋滞にあって16.7。
けど帰路がすごい。なななんんと19.1!こいつはハイブリットか!
ホテル→横浜ララポートへのデータです。
ま、ともにオンボード上のデータですけど。

行きで気付いたんだけど、100の巡航より、90巡航方が燃費がいいんですね。
往路は110あたりで流したら、16.0~16.5くらいだった。
けど、落として90くらいで走ると、17まであがった。
じゃ帰りは思いっきり緩く走ろう、と80~90で流したら、
オンボード値、どんどん上がってく。
100メートル走る毎に0.1上がるって感じで、ついに19超え。

しかし80くらいで流す(制限速度は80)と、速く走ってる車が
すんごく危ない車に見えてくる。
三車線中、私は一番左車線を走ってるのだが、ひでー奴は
その私をあおってきたりする。追い越し車線に移れバーロー。
ったく死刑に値するヤローだ。

Dsc_0961

夜はこれも毎度毎度おじゃましてます宿近くのイタ飯屋へ。
外見パッとしないんですけど、美味いんですよぉ~

Dsc_0974

また舌鼓を打ってしまいました。

燃料計は、300キロ超走って、四分の一をちょい超えたとこ。
また、オンボード上の累計は12.8の燃費となっている。

コニーFSDに替えた足は、3千キロを超えてすこぶる順調。
高速は140を超えてもビタっと安定、スタビリディーも高いし
4名乗車だと60くらいでのハーシュネスも不快さは微塵もない。

ただ難点は一つ。車高が上がってしまった。
たぶんだが、前後1~2センチは上がってる。
おかげで前はゲンコツ(縦)1個、リヤは同1.5個と
なっている。みっともないが気にしない。
けど高速でベン子ほどではないにしろ安定してるのは
流石であります。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »