« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月30日 (火)

志賀燃費と池尻ジャンクションと

トゥーラン、ガス入れてきた。675.8走って52.6リッター。
燃費は12.8だった。過去最高。感心感心。
でももうちょっぴり、14位は行って欲しかったってのもある。
けどそう欲は言ってらんないですかね。事故渋滞も
あったし、旅行前のチョイ乗りが140キロは含んでるから。

で、その事前140キロを従前の燃費で差し引いて計算してみる。と、
志賀往復は535.8キロだったことになり、それを38.2リッター
の消費で走れたことになるから、
燃費は14.0となる。
希望値がそのまま出ましたね^^

トータルの満タン法燃費は9.95に押し上げられました。
ちなみにオンボードは12.5でした。
25%も誤差あるんかい!

オンボードで驚いたの。帰路、宿から信州中野インターまで。
ずっと下りなんですね。だから乗り口までがリッター57!
の表示で走ってたこと。
ほとんど缶コーヒーくらいのガソリンしか食わなかったってことです。

くどいけど、志賀の登りはマジ怖かったなあ。
登れなかったらどうすんだろう。チェーンもってないし。
スタックしてる車たちは車中一泊だったんだろうか。

けど志賀はその怖さを一掃させるだけのゲレンデの良さがある。
と、雪質と。
上の高天、一の瀬、寺子屋あたりは充分パウダリーで、
下のサンバレーであっても北斜面は真冬と遜色ない雪質だった。
実際気温は低かったし、ブッシュや土が出てしまっているところもない。
あるにはあったがあれは2月でも出るようなところ。丸池Aとか、急なバーンね。
先週苗場に行ったというタカネ君はベチャ雪に閉口したそうだ。
と、湯沢もよくなかったらしい。

怖いといえば、皆さん新しい池尻ジャンクション、通りました??
私は昨日通りました。三茶から三号線乗って、ジャンクション下って回って
池袋方面へ。
結構危ないんですよ。下り勾配も緩くないし、なんといってもコーナーが
きつい。鈴鹿ヘアピン並みのRがずっと2周くらい続きます。
あれあ事故起こりそうですわなあ。私はトゥーランで60くらいで回ってましたが
途中で後ろにはっ着かれたけど、がんとして速度はあげなかった。
もちろん左車線だけど。

速度落とさせる仕組みがなんらかしら必要です。
例えば首都高のどっかでは、同じ速度で走ってても白線(点線)が左右にあって、
視覚的に速度がどんどん上がってるように錯覚させるところがある
そうです。で、アクセルをゆるめさせるわけです。実際は速度
上がってるわけではない、と。
凸凹で処方するよりはるかに効果的と思います。

志賀スキーの方は、今回お世話になったのは毎度毎度のびわ池ホテル。
いっちゃん下のサンバレーだから、深夜着には助かります。
一の瀬まではあと30分はかかるから。
あのブラックアイスをまだ30分も走らなくてはいけないと思うとぞっとする。
宿の人と話したら、我々着の前の日まで天気が悪かったというから
3末とはいえ、あなどってはいけないのですね。

2010年3月29日 (月)

志賀(スキー^^)往復

P1010009_2

トゥーランで。
帰路燃費がびっくり。オンボード16.7をマーク。すごい!
トリップメーターは走行680キロ(志賀分は550キロ)をさしてるが
まだ無給油できてる。
帰路は吉井~花園間の約25キロが事故渋滞だったからそれがなかったら
もっと良かったのだろう。

驚いたのはもうひとつ。
スタッドレス(GYアイスナビゼア)のグリップ力です。
高速信州中野出口から志賀サンバレーまでのきつい登りの
ブラックアイス(ミラーバーン)20キロを、滑りは多かったものの、
ちゃんと我々を宿まで届けてくれた。

時刻は午前0時半。外気は氷点下3度以下。
ズルズルと滑ってスリップサインは頻繁(数十秒に一度)は点いていました。
そこらじゅうで車がスタックしてる。
前を走る軽(横浜ナンバー?)もだんだん速度が落ちてきて、トゥーランも
どんどん遅くなっていった。
まずい、このままじゃ共倒れだと思った時、ハザードで抜かさせてくれた。
私のも止まったらもう再発進はできなかっただろう。
スタックしてる車は10台じゃきかなかった。チェーンを巻くだろう
車もあるから、全部が全部スタックじゃないにしろ、
アイスナビゼアの氷上性能に強く感心した次第であります。

あのブラックアイス、靴では絶対登れません!
ベン子+ミシュランエックスアイスでも登れたかどうか・・・
トゥーランはFFだということと、コニーのFSDがきちんと
減衰調整してくれてたからその恩恵も多々あったろう。

極力氷上は避け、少しでも雪っぽいような路面を選んで
走ったのが奏功したともいえます。また、トゥーランにはWモードが
あってトルクを抑えてくれるのだが、これは選びませんでした。
普段からのアクセレーションの方が慣れてるから、微妙なコントロールは
自分の「足」を信じた次第であります。

後から来たタカネ号は四駆だけど、ずっとFFで来たものの、件の登りは
滑りまくったのですぐ四駆にスイッチングして来たそうだ。
もう一台のウエハラ号サーフもやはり四駆だったので、全然滑らず
来れたとのこと。
やっぱ四駆はいいんだなあ。マジ怖かった。

P1010008

宿の下から。
空が白っちゃけて見えてますが逆光だから。実際は雲ひとつナシ!
今回は天候に恵まれました。

P1010001

帰り、荷物を積み始めたら雪が。。。
タイミングもジャストでした。
キャリアは燃費に影響するからつけず、板は車載しました。

2010年3月25日 (木)

ベン子夏タイヤへ

Dsc_0040

自宅前で。
と言いたいところだが近所(と言いたいところだが
車で5分)の豪邸前です。
いったいどんな方が住んでるんですかねえ。
ちなみにこの並びのとある豪邸にはメルセデスCL、B、
ベントレーのオープン!がとまってる。お車様だけで
5千万だす。

アタマの写真にあるようにメルセデスの方を夏タイヤ(カールソン&
レヴスペ)に替えた。

Dsc_0031

外したノーマル(スタッドレス)はきれいに洗って、

Dsc_0033

アクアクリスタルしといた。

Dsc_0032

GYレヴスペックは2シーズン目。
寝かせといたから履き始めは硬かった。まだ7分山はある。

履き替えてちょっと走った後、トゥーランに乗り換えると
トゥーランの静かさに少々驚いた。コニーFSDがそうさせてるのか
はたまた新車だからか、ベン子が履き換えてすぐだったからかが分からないけど。
ま、サイズもかたや205、かたや225だから四輪分で8センチ違うの
だ。これが要員ということもあるだろう。

アラゴスタは前10、後11の設定。エレガントで上質な走りはいいが
本来の楽しさは踏み込まないと出ないんですね、リヤステアって感じの。
どう攻めたててもレヴスペックを鳴かせることはできません。足のいい証ですね。
ちなみにそれまでに履いていたコニーは終盤、スタッドレスだと
鳴きまくりでしたが、アラゴだと同じタイヤでも鳴かない。
ショックアブソーバーだけでも違うもんである。

ちなみに、トゥーランは、スタッドレス(アイスナビゼア)で
ノーマルアブソーバーでもコニーFSDでも鳴かない。
ともに新品だからでありましょう。

2010年3月23日 (火)

ベイ(2)

Dsc_0002

駐車場から徒歩15分、会場前でグルグル30分と書いたが、
入ってからも10分グルグル回されたのでした。
そう、我々もベイブレードのように回っていたのだ!

買ったベイ(公式発売前の)を喜び組み立てる長男。

Dsc_0004

こんな子がそこらじゅうにいました。

んで早速ベイ太2号(これも新)で対戦。

Dsc_0017

2号対戦は入場の時にもらったチケットで1回のみ可。
よってもう一回対戦したい時は、いったん出て上記のグルグル40分に
リトライせねばならない。ホント。

これがイチバン楽しかったのかな。

Dsc_0021

他流試合。初顔合わせでも好きもの同士、すぐ友達になって。
これは30分待ちのだったので3回ほど楽しんでました。
軽く書くけどそれだけで90分だからね。
私は連れてくだけ連れてって、後はベンチでもみっけて
文庫本にしけこもうと思ってたんですが、長男に振り回されっぱなしで
それどころではありませんでした。
彼も存分に楽しめたようだが今思えば近所のクソガキらでも同乗させてって
やればよかったかなあ、と。

今回1万人の子らが来てたとして一人2千円のベイを買ったとして
それだけでも2千万!
タカラトミーさんもいいビジネスモデル作りましたね。

幕張メッセ ベイブレードフェア 

長男の好きなベイブレードのフェアがあったので
幕張メッセまで行った。次男はぼくはいきたくない、というので
妻とお留守番。

すんごい人、人。

Dsc_0001

駐車場から会場まで徒歩15分。会場着いたら着いたで
入口でグルグルさせられ、入館に30分。

ご多分にもれず、長男のお目当ても公式発売前のベイ
だったのだが、良く考えられたもので、入ってすぐのところに
レジが40!くらいあって、まず買ってから入れる。これは
待ち時間ゼロだった。

Dsc_0003

いやはやなんとも疲れました。付き添う親たちも大変です。

Dsc_0025

往復はトゥーランだった。
往路は飛ばしてって池尻、芝で少々渋滞にもあったので1時間を要した。
燃費は14.5。帰路は長男も寝たしゆ~っくり
80~100で巡航。渋滞も無かったので燃費は17.1だった。
ともにオンバードだけど、10%差し引いても
15はいってるから、上々。たいしたもんです。

コニーFSDは速度を上げるとしっとり感が増してこれも上々。
ただし40~60キロくらいのハーシュネスは、もうちょっと
緩和されてもいいんでは??と思う。ノーマルアブソーバーの方が
良かった。
FSDへはコスト鑑みると新車での換装は失敗ですね。
5~6万以上走って替えられるのがよろしいかと思います。

2010年3月18日 (木)

トゥーラン長所短所

トゥーランの走行が早くも7千キロを超えました。
納車から半年ですから、ちょい早いペースかもしれません。
エンジン、シャシー系は快調そのもので、走ることがとても楽しい車です。
軽いんですね、こんな重いボディーなのに加速、ハンドリングそしてギヤチェン
全てが軽快そのものです。
家族用でと思っての選択だったにもかかわらず、ほとんどが私の
社用、私用で使うばかり。もちろん家族でも使いますが、妻はやはり
ベン子の方がお気に入りで、トゥーランを率先して使ってくれることは
ありません。近所のスーパー買い物であってもベン子をお使いになられます。

半年経ったし「トゥーラン 試乗」検索で訪れてる方も多いので、
それなりのメリデメを記しておきます。

メリット

1.DSG
ツインクラッチです。これが無かったらこの車を選んでたかどうか
わからないくらい、イチバンです。
2ペダルですが私から言わすと

オートマと一緒にしないでくれ!

です。熊倉さん(MJ)曰く

「海より深く愛すべきトランスミッション」。

スパスパと電光石火の変速はお見事、素晴らしいの一言です。
何度も書いてますが特にシフトダウン(パドル)では、毎度毎度
感銘を受けてます。ダブルクリックほどの速さでもきちんとブリッピングで
追従します。

シームレスならCVTでいいんじゃん??って声も聞こえてきそうですが、
CVTだったら私はこの車を選んでなかったでしょう。

2.トルクフル
低~中速のトルクがすんごい厚いですね。だから街中がすんごいラク。
これはスーパーチャージャー&ターボの恩恵です。これらを
効かせなければ排気量通りの1.4の燃費で走れ、
速さが欲しければ過給機で大排気量車になるわけですから、
理論的には理想のエンジンですね。
とても速いですよ。なめてかかるとブチ抜かれます。

3.パッケージング
車内がとても広い。後部席の後ろにも2席ありますが、エマージェンシー
ほどでも無く、子供は喜んで使ってます。大人でも1時間くらいだったら
問題無いレベルでしょう。

4.燃費
オンボードで11.5。実測(満タン法)は累計9.7。
高速走行はほとんど無く、この世田谷界隈ウロウロ&
通勤ラッシュで使ってるのでかなりいいといえます。過去最高は家族で行った
白樺湖往復で11.3。(キャリアにスキー積んで)
高速では伸びても、ターボなんで飛ばすとガタ落ちってパターンですね。
80くらいで流せば15も楽勝と思います。

デメリット

1.スペアタイヤ無し
荷室を広くしたかったからでしょうね。パンク修理剤があるだけです。
これ、ほんとに使えるんですかねえ。
私はエマージェンシーでも積んどいてくれたほうがうれしいと思ってますが、
まあ、環境保護的にはこれがいいのかもしれません、実際パンクって
ほとんどしないですからね。そんなですから、ジャッキももちろん
ありません。

2.ブレーキ
必要にして充分とも言えますが、甘いと思います。またこれは私の個体だけ
か分かりませんが、滑る時があるんですね。ポンピングの時、出ることが
あり、常にではなく突然出ますので、気をつけないといけない。
原因が分からず仕舞いですが、Fローター(左右)が未だ焼けきってない
んですね。7千走ってるのに、ですよ。どっかがおかしいんだろうなあ。

3.気密性
真冬、外気5度以下だと、なかなか車内が暖まりません。
それこそ風量3~4くらいにしないと、30分経ってもまだ
寒いってことあります。気密性が低いということと、風自体、
「熱い」くらいのものが出てくれないんですね、ぬるい。何故でしょう。
反しベン子の方は、いくら寒くても10分も経てば風量1で充分。
「あちっ」ってな位の熱風がきちんと出てくれます。
同じドイツ車ですが、つくりの違いは顕著ですね。

4.ポコポコ音
ウエザートリップからだと思いますが、粗い道やうねりを通る時
ポコポコポコポコと左右また後部左右のドアあたりから音がします。
気にならないといえば気にならないのですが、無音の方が好きです。
この音、納車から少しずつではありますが肥大化してきてます。
定期的にシリコン等の塗布が必要と思います。

5.エンジンルームスカスカ
でさらに下から空きスペースがあるんで、猫が入り込んじゃうんですね。

P1130003_2

こんなシート(100円)敷いて入られないようにしまし
たけど。

ま、いろいろありますが、デメリットはそう意識してないです。
この車で良かったと心底思ってます。

足はコニーFSDを入れましたけどこれは失敗(ノーマルで充分。
コストパフォーマンスに合わない)として、今後は先に記しました
ブレーキ系、また、タイヤも近々替えようと思います。
永く付き合っていきたい車といえます。

Dsc_0851

2010年3月16日 (火)

次男のバカヂカラ

チョコを主食とする甘党次男の前歯が虫歯になっちゃったので
妻が歯科に連れてった。
歯医者だけはいやなんですおねがいですどうかゆるしてください
とかなりの嫌がりようだったが文字通り
ひきずって連れてって診察台に押しこむように
座らせるとやっと観念した。

行列のできる歯科医なので早く終わらせないといけない、
さっそうと現れた女院長が器具を持って面前に立つとやはりいやだいやだと
子鹿のように暴れ出した。いや子鹿という例えはあってるようであってない、
獰猛なイノシシと言ったほうがいいようだ、その暴れ方の凄さは
想像を絶するものだったようで、次男の両手両足を3人がかり
(助手の女性2人&妻)で抑えるという格好で施術がスタート。
命乞いの号泣と雄叫びが続く中、1時間!の施工で無事終了したそうだ。

しかしその1時間の内容がまたすごかったらしい。
暴れる次男の手足。2人の助手や妻、女院長では抑えきれなかったそうである。
足に至っては乗っかって抑え込む助手さんを持ちあげちゃうし、
また、妻も全身汗だくで抑え込むことで、なんとか終わったそうであります。

夕方5時に帰ってきたが余程疲れたようで帰りの車内からそのまま翌朝8時まで
爆睡した次男、笑えたのは妻にその車内で

 おんなってつええなあ

と涙を拭きながらつぶやいてから寝入ったそうだ。

Dsc_0458

長男のかき氷を奪う次男。私の大好きなショット。

2010年3月15日 (月)

黒 復活

ベン子、樹脂部のボケ黒や、ルーフレールの加齢に伴うくすみ
に対処した。

Dsc_0016

Dsc_0017

Dsc_0013

薬剤はタートルワックスのブラッククローム。だーいぶ前に買ってたんだけど
施工するタイミングが無かった。

Dsc_0018

リキッドで、早いハナシ墨汁のようなもの。
現物は施工後に撮ったもので、手前のスポンジ(ファンデーション用
スポンジパフ)で塗った。パフは黒いけど施工前はもちろんベージュ
だった。
手も真っ黒になるので、ゴム手袋が必要です。軍手じゃだめ。

Dsc_0014

きちんとテーピングしてからやったけど、、、こんなデザインの車、
アウディでありましたよね。TTクーペだと思ったけど。

黒、見事に復活!しました。

Dsc_0021

Dsc_0019

ベン子にはガラス系のコーティング剤を何度か塗布してるので、
ルーフレールが妙な白っちゃけかたになっちゃってたんですね。それが
きちんと黒に戻りました。
反して考えれば、ボディーにはきっちりしたガラスコーティングが
残っている、ということが証明したとも言えます。

黒がいいとボディーが締まって見えますね。ついでにトゥーラン
樹脂部にもチョイ塗りしときました。

Dsc_0023

2010年3月12日 (金)

コニーFSD

コニーFSDを入れて1千キロを走ってきたトゥーラン。
やっとしっくり来るようになってきました。
先日も書いたけど、アタリのヤワなのが無くなったんですね。
で、きちんとしたコシが出るようになってきました。
おいしいうどんのよう。
アタリは硬いんだけど、歯ごたえがきっちりあって、そう
硬いわけでもない、という。アルデンテってんですかね、良い意味の。

ところが、です。冷静になって考えると。。。
ノーマルのダンパーも良かったんですよ。
今書いてるような、アルデンテで、コシがあって・・・・
FSDは、ヒジョーに高いレベルでは良くなっていますが、
コストパフォーマンス(工賃込み込み13万)で言うと、替える必要
あったかなあ、と(笑)。
このまま、新車のトゥーランと乗り比べると、どう違うのか、、、
たぶんそう差は無いものと思います。

病気知らずの次男

長男(8歳)が熱を出した。38度くらいで昨日は学校を
休ませた。ふうふう言ってたし、お腹が痛いらしかった。1~2時間おきに
一度は体温を測ってる。
妙なウイルスでも入り込んだのかもしれない。
 
 
3~4日前、次男(4歳)がやはり熱で幼稚園から電話、38度の熱
ですので、お引き取りに来て頂いたほうが、、、とのことだった
ので義母がタクシーで園へ迎えにいった。
しかしケロッとしてるし食欲も旺盛で、園で弁当を食べてきた(完食)のにも
かかわらず腹が減った腹が減った何か作れと叫んで、
義母に作ってもらったおじや(鍋一杯分)をペロリ平らげてしまった。
がぶがぶと幼稚園から持って帰ってきた水筒の麦茶も同時進行で飲み干したようだ。
夜私が帰宅すると熱があったこと園から早退してきたことなど
だれもおくびにもださず、風呂に入る前にやっと(次男を誘ったから)
妻から聞かされた次第だった。
あまりに多く摂取した水分と塩分のおかげで翌朝の次男の顔は
ペコちゃん人形のように腫れあがっていた。

考えるに次男は風邪などで寝込んだことがほぼ無い。
年初めのインフルエンザでは我が家は全滅の危機に瀕したが、
次男だけが一人暴れ回っていた。熱を測らせることなどしなかった
かもしんない。肉体的にはもとより、対ウイルス性にも強くできている。

しかし体臭や口臭などはやくもオヤジ臭が出ているようだし
足なんかもすんごく臭い。夜中のいびきにいたっては、近隣にも迷惑を
及ぼしてるのではというくらいすごい。

今朝私は悪夢にうなされた。とても嫌な夢で夢の島を整理しているのだが
体中にしみついたゴミ臭が取れなくなってしまったのだ。
風呂に入っても消臭剤をやっても何してもとれず、頼む夢であってくれ、と
目が覚めたら私の鼻先に次男の口があった。

Dsc_0587

しかしそんな次男が私はとても好きであります。

2010年3月 9日 (火)

トゥーラン燃費と足と

トゥーラン満タンにして燃費9.8だった。
累計は9.7。
ちなみにオンボード上では11.5だから15%くらい
満タン法のが悪い状況。
こんなに差があるのって前も書いたけどどうしてでしょうかね。

以前カーグラフィック誌でレガシー、アテンザ、アコードの
3ワゴン対決の特集があって、満タン法燃費はいずれもオンボード上のと
乖離がほとんどなかった、と記してあったの覚えてる。
ドイツ車はしょうがないのかなあ。
 
 
足をコニーFSDに替えたこと。
ゴツゴツ感が払拭されていいと思ったけど、反してヤワで、
アタリのコシがぬるくて嫌だった。やわらかいんですね。
でさらに、こまかい揺れの収まりが悪い。
と思って先々週ショップに文句言いにいった(笑)けど、
装着500キロに及んだ今、なんだか良くなってきた。

こまかな収まりの悪さが無くなったんですね。不思議。
で、アタリのヤワなのが、しっかりしたコシに変わってきた。
タイヤがスタッドレスなんで多くインプレしてもしゃあないけど、
ヤワなタイヤとの相性が悪いアブソーバーなんだな、って思います。

ベン子も今スタッドレスなんだけど、こっちのアラゴスタは
スタッドレスでもそう悪くないんで、アラゴはやっぱ弘法筆を選ばずってとこ
なんでしょうかね。

そうそう、ベン子、トータル10万キロ突破!してました。
ガソリン入れてきてって妻の依頼で超久々に乗ると
オドメーターなななんと10万200キロ。
ジャストでメーター撮りたかったんですけどね、残念でした。

2010年3月 8日 (月)

いじめ

子供に虐待どころか食事や水も与えずに殺してしまう、
というのは、なんて悲しいことか。

「水をください」

と哀願してた声が外にも聞こえていたというから奈良の事件の報道に
涙した方も多いでしょう。
  
  
先週のことだけど水曜午後、次男(4歳)と二人で公園に行った。
車で5分ほどのとても広い公園。
夕方5時を過ぎて、そろそろ帰ろうとしたところ、横の方から
すいません、すいません、助けてください、と子供の声がする。
黒いジャージのその子は自転車にまたがって帰ろうとするも、
一人、ブルーのトレーナーの子に荷台を掴まれ、走ることができない
のでした。

 どうしたどうした。ケンカ?まず自転車放して、で
 どうしてケンカになったの。話してごらん。

と言うも、頑として自転車を放さずブルーの子は
こいつが言うことが気に入らない、
悪口を言われた、前から気に入らなかったんだ、
とまくしたてます。よくよく顔を覗き込むと目つきが怪しい。

黒ジャージの子は目が潤んでる、泣きそう。
私は、悪口を言ったのならまずそれを謝ろうと黒に言い、
ブルーの子には、それくらいのことなら許してあげなくちゃだめだよ、と
話すも、納得しない。更に目つきが厳しくなるばかり。

 あのねえ、終わらないよ、きみはずっとそうやって怒り続けることに
 なるのか、だと、これから先大人になってもずっと大変なことになるよ。

とゆっくりブルーの子に話してあげた。でもだめ。目つりあがったまま

「ほっといて!あっちいって!」

と叫ぶ。

君たち、どこの小学校?何年生?
と聞くと、同じ学校の小4だという、で、回りにいた3~4人の友達らも
集まってきたのだが、皆口をそろえてブルーの子を非難する。
どうやら黒ジャージの子は難癖をつけられているにすぎず、
ブルーの子に悪口を言ったのでもなんでもないらしい。

 学校でもきらわれてるんだ、ふだんからいつもこうやって
 誰かに文句を言ってる。先生もそういうことを知ってるんだ。

皆一斉にそう言い始めたからブルーの子の自転車を掴む手はより強固なものに
なってしまった。黒ジャージの子は泣き始めてしまった。

私は先に言ったことをまたブルーの子にゆっくり話して聞かせ始めた。

こっちの勝手でしょ!
気がすまない!
ざけんな!

と言い続けていたが、少し気が緩んだか、やっと自転車を放した。
その隙に早く帰りなさい!と黒ジャージにいうと周りにいた3~4人の子たちと
一斉に自転車で去っていった。

 キミキミ、おじさんの言うこと分からないか?そうやってると
 友達が皆離れて行くよ。仲良くしていかないとだめだぜ。

とブルーの子に最後に告げると

しるか!!

と叫んで近くにあった自転車に飛び乗り、去っていった子たちを
追っていった。

ありゃ~、これは手に負えん。。。

走って行こうとも思ったが、私には次男がいる。

P1130014

悲しいもので、私の近くには主婦連中5~6人がいたが、皆聞いてきかぬふり、
耳だけこちらに向けるだけで誰も手伝ってはくれない。

ブルーの子も家で虐待受けてないといいが、と思いました。
諭しはしたけど、私が言ったどれくらいを彼は理解したか。
きっと1%も分からないでしょう、家でまともな会話を家族とすることなく育てば、
テレビの影響だけでろくな人間にはなれないだろう。

昔は「地震雷火事親父」って怖い物のたとえをいったし、学校の先生も
怖い物の一つだった。今回、ブルーの子を諭す時に、学校の先生の
名前を教えて、先生にもおじさんから相談するからね、
と言ったけれど、馬の耳に念仏でしたね。他の子が、先生に言っても
無駄だよ、と言ってましたし。
このご時世、学校は勉強を教えるところ、子供の人間形成は親の背中で教えて
あげないとだめですね。

私の話を指をつんつんしながらずっと聞き入っていた次男がとても
かわいかった。4歳の彼の方が私の話を理解していたかもしれませんね。
と思ったのは親ばかでしょうか。

2010年3月 5日 (金)

警報

こないだの日曜、津波警報がうるさいくらいに報道されてましたね。
やっぱオーバーだったようで気象庁は謝罪会見開きました。
注意喚起には良かったけど、これがいつもだと
狼と少年みたいで、「どーせオーバーに言ってるだけだろう」
って言われるようになっちゃうだろうから、
早めのお詫びは正解だったかもしれませんね。
ましてや健康体の人ならいいけど、車いすや身体の不自由な方
もいっぱいいるだろう、なのに、「高台に避難してください」
って繰り返してたのはちといただけないハナシであります。

童話の狼と少年といえば皆、「狼少年」というけど
そうすると漫画の狼少年ケンみたいでよくわかんない、正しくは
羊飼いと狼
というらしいから、そっちで通すのが正解だよね。

当日笑えたのが東京マラソンの日だったでしょう。石原知事にどっかの
マスコミが、こんな日に開催しちゃっていいんですか!って
詰め寄った。
んなバカな質問に応えられるかって知事は言ってましたね。
知事はねえ、「嵐を呼ぶ男」の実兄なんですよ、
あれくらいじゃ中止はありえませんよね。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »