« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月22日 (月)

次男と河原&公園へ

「あかいおふねのこうえんにいちたい」

どこのことだろなあ~。

長男「砧公園でしょ」。

そうかそうかあそこにあったね。じゃ、みんなで行こう!

「ぼくは行かないよ」

冷たい。。。で、
いきたいいきたいはやくはやくと叫ぶ次男と二人だけで行った。

公園に着くや否やキックスケーター
ほっぽり投げて赤いお船へダッシュしてく。

ったく、しょうがない、とスケーターを拾って木に立てかけ
赤いお船の方へ行くも、次男いない。
あれ、どこだろう、他の遊具のところを探すもいない。
どこ探してもいない。歩いてキョロキョロが小走りで
血マナコへ変わった。

 誘拐か!

と思ったらキックスケーターのところに戻ってた。

「どこいってるの!
 まいごになったじゃんか!」

と半べその次男。
楽しかったね。また行こうね。

P1010001

写真はその前に寄った多摩川の川べり。駐車場(無料)も広いし
穴場です。

P1010005

2010年2月20日 (土)

右禁で捕まったー!

ったく!
曲がる前に言えっつーの、初めての道で分かんないんだから!
なんだかとってもイライラする!

2010年2月19日 (金)

トゥーラン FSD装着^^

P1010009

街乗りコツコツ、ゴンゴン来てたのが払拭されました。
きれいにいなします。ハーシュネスも楽。
なのにロールしないのはさすがです。
まだ高速は未体験なのですが、たぶん相当いいでしょう。
コニーは以前ベン子で装着時(FSDではない)、高速が素晴らしかった
のでその味が出ることを期待します。
とはいえまだスタッドレスなんで、多くは語れないですね。

写真は撮るショップの方を私が撮ったとこ。お世話になりましたm(  )m

良いと言ってもベン子+アラゴスタには及びません。アラゴ、
やっぱサイコーです。

2010年2月18日 (木)

トゥーラン コニーFSDへ変更

朝、車を預けてきた。夕方引き取り。いつものサンビームさん。

ノーマルの現状の足の乗り味をいちおう記しておこう。
(読んでもつまんないですよ)
  
低速はコツコツちょい硬め。悪く言えば空荷のトラックのよう。
マンホールも酷くは揺れない。
ベン子の新車の時の方がもうちょい硬めだったと思う。
不快ではないにしろ、もう少しまったり系の味があると
素晴らしいのだが。

40~50になってくるとしなやかさが出てくる。
ハンドリングはしっとり感あり、車高が高い割にはキビキビしてて
コーナリングもロールしない。ハーシュネスもきれいに収める。

高速域。120くらいまではとても安定していて疲れ知らず。が、
140を超えるくらいからちょい緩めになってくる。
奥で硬さが欲しいところ。
直進性は素晴らしく良い。ベン子ほどではないが、それは
車高があるからかも。空力で抑えられてはいるだろうがそれでも高いから
これはしょうがない。

いずれにせよ、中速から高速域にかけてはとても良い乗り味だ。
問題はあるとすれば、同乗者特に後部席の乗り味。
硬いんですね、低中速域ではゴツゴツと、ちょいウザいと思う。
これはまだ新車6千キロ、カドがとれてないことからかも
しれないけど、ベン子は最後までカドとれなかったから、
同様、トゥの特性かもしれない。
スキーの時のように家族で荷物満載で乗るのならしなやかでいいのだが
私一人で乗る分には重複するが空荷のトラックのようでバタ付き感が
不快でもある。
リヤはせっかく4リンクを奢ってるのに、もったいない。

といったところか。
エレガントでプレミアムなFSDでどう変わるか、とても楽しみです。

Dsc_0798

と、時期を見てブレーキもいじろうと思う。
やっぱ効かない(滑るような)時があるんですね。
ディーラーさんもよく見てくれてはいるんだけど、問題が見いだせない
んで、いっそディスク、パッドを替えようと。
なによりベン子(Zメヴィウスローター&パッド)の味が秀逸なんで
同等とまでは言わないけど、近い、良いものに
したいと思います。

2010年2月16日 (火)

ジョニーモーズリー選手

って知ってますか。アメリカのモーグルの選手、長野の時金獲った人です。

360mute98olym006

長野で決勝の時、第二エア(グラブヘリ)の「高さ」はすんごいもので、
私、見てて度肝を抜かれました。絶対転ぶ、と思ったんですね。
でも何事も無かったかのように着地しまた刻み始め、およそ早送りで見てるかの
ような速度でゴール。で、見事金だったんですね。

Dsc01241500x375

ルックスも最高にかっこいい(トムクルーズ以上)この方、
次のソルトレークの時、当時禁じ手だったエア(3D)を決めちゃったんですね、
で、結果4位。
残念でしたけどそん時も私楽しみで見たんですが、どうしてまた禁じ手を
あえてしちゃったのかな、と。でもたぶん彼には3D、楽勝だった
のでしょう、もともとエアが大得意、これが彼の本領と聞いたことが
あります、彼からすればエア3Dがモーグルの真骨頂だったのかもしれません。

 

ま、話はだいぶ違いますがニッポンの国母とかいうスノボーダー。
最高にかっこ悪いですね。「あれが彼の個性」って言ってるジャーナリストがいた
けど、それは違うでしょう、制服は国から与えられたもの、
個性は滑りで是非出して欲しいものです。
無事「転倒」することを祈っております。

2010年2月12日 (金)

沈まぬ太陽

山崎豊子さんの「沈まぬ太陽」を読みました。全5巻。
結構ボリューム(中身も)ありました。遅ればせながら、ですが
ドラマ化されて見てる「不毛地帯」に触発されて読んだんですね。

沈まぬ太陽はJALの御巣鷹山墜落の事故を中心とし、日航の内幕を暴く
「小説」ですがドキュメンタリータッチなんでどこまでが本当だか
分からないところも多々あります。
悪玉が多く出てきてほんと憎たらしい奴、いっぱいいるんですけど私、
こいつは策士だなあと思う人います。
鐘紡の代表から国見(伊藤元)さんを日航会長として
呼び寄せた人がそうです。龍崎一清(当時中曽根総理のブレーン)
ですね。
国見会長にお願いにお願いを重ね着てもらって来てもらったにも
かかわらず、日航の悪い体質が変わらないとマスコミに報道され続けるとなんと
「更迭」するんですね、国見さんを。

この血も涙もない龍崎一清って、誰なんでしょうか。
実は、瀬島龍三さんなんです。
そう、不毛地帯の主人公「壱岐正」です。
びっくりでしょう。
テレビの不毛地帯もいよいよ佳境に入って来ましたね。しばらくしたら
小説の方も読んでみたいと思ってます。

2010年2月 9日 (火)

ハンドル握ると変わる人柄

酷い運転するやつっていますね~
今日は世田谷通り上り車線で。多摩川の橋を渡ると
一車線に縮小される。下り坂だしスピードが乗るのでよく
ネズミをやってるとこ。
今日は道が空いてて、右車線から左に移ろうとした。と、
後ろにいたハリアーが先に左に移った。
私も左に入ろうとすると、すごい剣幕でホーンを鳴らされた。
無視して入ったら後、あおるあおる。右に左にずっと私をゆざぶり続けた。
私を抜いて加速しスピードを出したかったんでしょう、出鼻を
くじかれたのが悔しかったんですね。
ハリは若造運転、助手席にはペットボトルファンタグレープを飲む女。
あおりながら煙草に火をつけて窓開け何か叫んでる。
以降2キロくらに渡ってあおってきてた。

運転すると人が変わる人って結構いますよね。
MJの木村好宏さん。ポルシェが好きで好きでドイツに行って
移住してしまってる方ですけど、この方が書いてたのでも
同様のことがあった。

アウトバーンでのこと。工事による車線規制もあって、制限速度が
決められていた。車は詰まってはいなかったけど、前の車と
200mほどの車間をとって追い越し車線を
制限速度プラス20キロくらいで走ってたそうだ。しばらく
そんな状態だったんだけど、後ろの車が酷いあおり方を
していることに気づいた。しかし譲れない(右に移れない)しどうしようもないので
そのままでいると後ろの車、機を見て右から抜き、
木村さんの前に飛び出してきた。
ここまでならいいんだけど、そっから後が酷い。20分くらいに渡って
その車が前で酷いあおりかた&ポンピングブレーキの嵐をし続けた
そうなんであります。20分もですよ。

さすがアウトバーンの国、あちらは運転で人が変わる人、
結構いるそうなんであります。木村さんの知人でも、普段はおとなしくて
良い方なのにアウトバーンに行った(木村さん助手席)とたん、
とんでもないスピードで走り続けられまた、前の車にひどい罵詈雑言を
吐きっぱなしで辟易した、と記されてたこともありました。
ちなみにこういうことはよく聞く話だそうですね。
 
 
私もハンドル握ると人がちょい変わるのかなと思う時もあります。
先の世田谷通りで2~3週間前のこと。
その時は逆車線で。やはり多摩川を渡り終えたところ。車線が1本に縮小する。
後ろの車がBMで、私が左の被合流車線に移ろうとした直前、BMの
彼が先に左に移った。
で、そっからベタ踏みの加速をしてきやがった。私を抜いて前に出ようと
したんですね。
しかしそういう抜かれかたするの私嫌なんです。
たまたま前がバイクだったんで、その後輪右にくっつきそうなくらい
車間を詰め、ハンドルを思いっきり左に切ってやりました。
BMあわてましたね~ほぼ私に並んでたくらいでしたから。
反射神経悪かったらぶつかってたでしょう、それくらい際どい「間」でした。
ま、あれが避けられないならBM乗る資格なし、
ってことで大目玉食らわせてやった次第であります。
そのあとのBMですか?
ええ、私をあおるってことはしなかったですね。
あおる余裕ないくらいびっくりしたんじゃないかと思います。
私もね、トシ考えてもうこういうことよした方がいいとも
思うんですが、ハンドル握ると、やっぱダメなんですわ。
ああ~でももうやめとこ。。。

2010年2月 8日 (月)

池ポチャ

近所(といっても車で10分)にいい公園があるのを
聞いて早速長男次男と行ってきました。
日曜は風が冷たくて寒かったですね~ 池は凍ってて、その氷で遊ぶ
子供たちを見守るのがまた寒くて辛かった!

P1130006

しかーし。
案の定次男、落ちました。3回も!ちなみに長男1回(笑)。

P1130004

靴下をしぼっては落ち、しぼっては落ち、と。懲りないんですねえ。

P1130010

ナイキのスニーカーはお気に入り。

「バックトゥーユーチャーがはいてるから」。

ベストのダウンと一緒で、マイケルJフォックスが映画で着てる
(履いてる)から、と。こればっかです。

2010年2月 4日 (木)

トゥーラン FSD発注

久々にメルセデス乗った。
何度も書くがすう~っとなめるように走る味は特筆もん。
ご近所スーパーへの足へ占有状態の妻からもおほめの言葉
を頂いております。

「あの味は秀逸ね」。

ありがとうございます!

で久々に乗って、ブレーキ。トゥーランのつもりで踏んだら
効きすぎて驚いた。
で気付いた。トゥはポンピングが効かないんですね。
ベン子で効きすぎて驚いた、というのは、ポンピングで。
2踏目、3踏目がよく効くんです。ところが、トゥはそれが効かないから
慣れで自然に2、3踏目を強く踏むようになっちゃってた。

もうディーラーはウザがられるから、よくいくショップに
トゥに乗ってって相談に行った。

「まだ5千キロなんでしょ??」

で、ディスク見たとたん。

「まだアタリが出てないんじゃん」

Fローター全然減って無いって。。。はあ~。。。そうかなあ。。
でも明らかに効かない時あるんだけどぉ。ポンピングだとさ、
と言って、乗ってもらった。私助手席。飛ばすから怖い・・・

「ポンピングしてよ!」

「・・・・・・
 5千キロでしょ?
 アタリだよ。アタリ。ディスク見れば分かるよ」

おしまい。。。

ま、前置き長くなりましたが。。。

コニーFSD(アブソーバー)をお願いしてきました。
来月からキャンペーンするから、ちょうどいいじゃない!
と、火に入る夏の虫状態。思うつぼにはまってしまった。

コニーだと「スポーツ」もあって、どっちかというと調整できる
(外さないとだめ)スポーツがいいんだけど、プレミアムなFSDに
軍配をあげた。
吉田匠さん(MJ)はゴルフにFSD入れて絶賛してたの
読んだことある。
ふところの深い上質な乗り味は、FSDならではのよう。

どうせね、ベン子奪われっぱなしなんだから、トゥの方に手をかけて
好みのものにしていきましょう。
そう思った次第でございます。

楽しみになってきました。

2010年2月 2日 (火)

風呂に落ちそうだった次男

風呂はだいたい子供二人(長男8歳、次男4歳)と一緒に
入りますが、昨日は死ぬほどおかしいことがあった。
次男、ウチの風呂でおぼれたことが2~3度あるけど、昨日も
危なかったんですね。

長男が身体を洗ってて、私が一人湯に浸かってた。
あ、ウチの風呂は湯船が掘られてるタイプのヤツです。
で次男。長男の近くで遊んでて湯船に入ろうとした。が、やっぱ
遊びに戻ろうとしたようだ、で、彼の上半身。
背をこちら湯船の方に向けているんだけど、身体は洗い場しかし、
物理的に体重の多くはこっちに来ちゃってる。
アタマをはじめ肩から上がもう傾いてきちゃってるんですね。
倒れたら大変ですよ、後ろ向きで湯船に落ちることになる
んですから、彼も必死。
チンチンを全面的に長男に向け仰け反った格好で
肩から先上腕部をブルンブルンを回してなんとかバランスを戻そうとし。。。
こっちに倒れたらさしもの私でも支えきれないですわ、クソバカ重い
次男なんて。
結局は倒れずに済みましたけどね。あ~おかしかったなあ。

次男も必死だったんでしょう「おわー!!」
とか「ひえー!!」
とかいろいろ叫んでましたけど、私は風呂上がりに早速妻に
話しましたが、あまりの(その時の)次男のおかしい格好と雄たけびが脳裏を
よぎるとまともに話せず、ほとんど号泣状態での報告となって
しまいました。妻は

「見てないからわかんない」

という冷たい反応でしかありませんでした。
そうですね、これ読んでる人も見てないからおかしさなんて
微塵も分かんないでしょうね。
ま、私はいつかまた読み返し思い出して笑うでしょう、何年かは忘れることが
できないと思います。

2010年2月 1日 (月)

車庫に台

車庫に小物を置ける台が欲しいと思ってた。
昨日作りました。
板はマンション住まいの時、ダイニングテーブルで使ってたものの
中板。
素材はいいのに今はバルコニーの隅に置かれ無残な姿になってるんで
それを利用しない手はない、と。

Dsc_0003

無垢材でモノはいいんです。

Dsc_0004

2枚を合せるので裏に補強を入れ

Dsc_0005

足ももちろん解体したものを使います。
だいぶヤレてますね。1本表面は朽ちかけてます。

Dsc_0006

今回は廃利用を主眼としたので部材、釘、ネジの一つ一つも
新規購入はしない、古いものだけを用いました。
こういう釘のたぐい、倉庫にごまんとあるんです。

Dsc_0010

案の定、折れました。。。
古すぎるのはダメですね。この折れたのは私がどっかで拾った
ものですね(笑)。

Dsc_0009

足の接合部はボンドも。これやっとくと違うんです。

朝早くからやってたのに次男起きてきて

「ぼくもやう!」

Dsc_0017

迷惑(かなり)なんですけど。。。

Dsc_0002

次男の「作品」。なんなのでしょうかね、彼は
カンバンなのだ、と言ってました。

Dsc_0015

こんな感じになりました。
横の足でっぱりがキングジョーっぽい(笑)

Ty4543112457745

強かったですよねえ、彼。

木は硬いのでネジ、釘が入っていきづらく、私の右手は腱鞘炎がまた
悪化しました。

左右に揺すると弱そうなので、斜交いを。

Dsc_0019

見た目悪くなりましたがかなり頑丈になりました。
こだわりは「卓上からは釘を打たない」なのでちょっと構造(施工)上
苦労しました。

おかげでベン子は汚れたままです。

Dsc_0016

ま、今日の雨は分かってたことなのでいいかなと。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »