« プチコーティング(アクアクリスタル) | トップページ | エレガントなアラゴ10 »

2009年11月26日 (木)

釣り糸

連休中のことだけど、釣り人の糸(針?)が顔に当たって
えらく驚いた。

私と次男(4歳)とだけで多摩川へ行った。穴場なんで連休というのに
人があまりいない。
遠くに釣りをしてる人がいるのでそっちへ行ってみようと
いうことになった。
次男はハートの石を探したい、ママにプレゼントしたいから
ということで、座り込んでじゃらじゃらと探すのに一生懸命だった。
釣り人の近く、6~7メートルくらいだろうか、に来た時、
ビシッと音がして、顔面の目の処に水平に何かが当たった。

 いてえっ!!

すぐに釣り人の投げている糸だと分かった。
すぐ横にたまたまいた、釣り人でない人が、

 当たりましたね!?

と声をかけてくれた。
私は、ええ、とだけ応え、離れたところにいる、釣り糸を投げている人に

 当たりましたよ!

と声をかけた。
驚いた釣り人、走ってきて、大丈夫ですか!あたっちゃいましたか!
と心配そうに私の顔を覗き込む。
左目の瞼が痛い。釣り人(60くらい)も気付いたようで、少し切れています!
と言う。

冷静に考えて、とても危険であります。恐ろしいほど。
だって、ですよ、当たったのは、私の両目の瞼、それと右耳。
つまり、ちょうど目の高さのところに水平に糸(と針?)が
当たった、ということになる。
しかも、です、左目の少し切れたところ、なんと、瞼の二重になっている
ところ、なんです。
あと1ミリずれていたら、ということと、瞼を閉じる速度が少しでも
遅かったら、間違いなく眼球直撃!ですわ。

私も近づいたのがいけなかったですけど、他にも人が
います、あなたは、もっと気をつける義務がある、
これはとても大きな事故になりうるじゃあないですか、
理解してますか、と努めて冷静に話した。
若い人ならいざしらず。。。気をつけないとマジ危ないですね。

私が薄目で話す間、次男が指をつんつんしながら
二人の間に入って眉を八の字に心配そうに聞いていたのが、
とんでもなくかわいかった。

その後、かわいいハートの石をみつけ、持ち帰った。
妻は次男からプレゼント、と受け取ったハートの石に気を取られて
私の話はあまり聞いていなかった。
なんだかちょっとさみしい連休でしたね。

« プチコーティング(アクアクリスタル) | トップページ | エレガントなアラゴ10 »