« 子猫 | トップページ | 祟り(2) »

2009年11月16日 (月)

祟り

子猫喪失に一役買ってしまった私、
気分落ち込んでいたことを仕事一生懸命にすることでウサ晴らし
てたところ、右手首が腱鞘炎になってしまった。

んで右を気遣って左手ばかり使っていたらこんどは左手首が
おかしなことになった。筋がえらく痛むんですね。昔ゴルフの練習に
励んでた92年ごろもなったことあるんで、持病なのかも
しれない。

んで土曜の半休では近所の子供たちと公園でドッチボールしてたら
ボールが左手小指に縦に当たって、とんでもなく痛いことに
なった。まだ腫れている。
ふてくされて家に帰って掃除してたら、私の右手小指が入ったまま
妻に戸棚を閉められた。これはドッチボールの時より
痛かった。流血し、これもまたかなり腫れている。

ひょっとすると小指は左右とも骨折しているかもしれない。
なおかつ両手首も痛くてしょうがない、きっと
これらは子猫ちゃんたちの祟りなのだ。
そう、祟りである。きっと。
今度は両足に来るかもしれない。
誰か助けてください!

« 子猫 | トップページ | 祟り(2) »