« エレガントなアラゴ10 | トップページ | トゥーランの加速 »

2009年11月28日 (土)

次男

子供たちと風呂に入るのが日課の一つ。
次男(4歳)は必ず風呂(浴槽ではない)でションベンを
する。
必ず、だ。それは彼の日課でもある。
浴室の、およそ2400万年前のマグマに依って自然生成された鉄平石
を敷き詰めた壁面の高いところに向けてするのがステータスのようで、
先端を両手でつまみ40度ないし50度上方へ向け

 ジョー ジョー ジョー

と口ずさみながら、する。
極力入浴前にトイレで、と促すが、してきても、風呂でまたする。

昨日のことだが、湯につかる前に、チンチン及びケツをざっと
石鹸で洗ってやっていたら、なんだか顔がにやけてる。
ふむふむ、パパに洗ってもらうの、気持ちいいんでしょう、
と聞くとなおにやけはじめた。
なにやら暖かいものが私の右手を伝う。
泡が黄に変色した。
まぎれもない、次男のションベンだった。

 ジョージョージョー

と事後報告をうける。
実の息子とはいえ、他人の生温かいションベンをジカに受けるのは
気持ちのいいもんではない。

私が嫌がったりするのを見て逆に次男は楽しみ、
そういった行為が助長される傾向にある。

私が先に湯船に浸かっていた先般は、あとから来るや否やいきなり
放尿&そのままの状態で踊り始めた。
手ばなしである。
飛び散る尿。
湯に入ったらたまったものではない、やめろ、やめろう!
と私は湯から飛び出てチンチンをふさぎ事なきをえた。
ちなみに公園をはじめとしてファミレス、スーパーデパート等で
叫ばれて一番いやな思いをするのが

 チンチン元気ー!

でありまして、これは妻は知らないかもしれない。私と
一緒の時はよくそう叫んで駆け回っております。

P1130002

写真はフライフィッシングの糸&針が私の瞼に当たった時の多摩川。

いやあ、ほんと、危なかった。

妻には「よかったじゃない、釣られなくて」と言われました。

« エレガントなアラゴ10 | トップページ | トゥーランの加速 »